2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

映画・テレビ

大田総理の“1円でもミスをした議員は辞職法案”

大田総理を見ました。

1円で辞職は冗談としても、毎回、毎回、どうでもいい釈明に時間を掛けるのはお得な話ではありません。

テレビも視聴者も可決したのは、その点が同意を得られたのではないでしょうか!

車の点数方式みたいな法案を可決して、

記載ミスがあった場合は、1箇所ごとに公文書費1ヶ月の停止

記載ミスが2回目以降の場合、1箇所ごとに公文書費1ヶ月の停止および給与の減額

故意の可能性がある場合、給与の減額および退職金のⅹ%支給中止(疑わしきは罰する。)

故意である場合、辞職  等々

その他の事項を同様の罰則を決めておくといい考えます。

問題の解明は第3者を指名して、規定にそって罰則を適用し、国会は問題の本質部分の審議に時間を割いて頂きたいものです。

国防に為に、9条の解釈の統一と有事対策の検討!

日本経済の方向性と行政改革および経済政策!

(財政再建における増税はありえないと考えている。)

金銭汚職撤廃のための政治改革!

問題は山積みである。本当に審議時間を無駄にして頂きたくないと考えている。

そういう意味で私も大田総理の法案に一票を投じたい。