2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》 瀬織津姫 目次 アマテラスの妻であった龍女神  | トップページ | 古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》 1.古事記・日本書紀のはじまり »

古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》0. 神話は畿内からはじまり、邪馬台国は九州から

古事記・日本書紀に書かれた神話はどこからきたのでしょう?

畿内、九州、それとも他のいずれかでしょうか?

 少し視線を広げて、古事記と日本書記を読み直してみましょう。

古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》

. 神話は畿内からはじまり、邪馬台国は九州から 

.古事記・日本書紀のはじまり 

.邪馬台国の都がどこにあったのか?

3-1. 古事記・日本書紀の成り立ち 前半(出雲風土記に国譲りなどなく、阿波風土記に国譲りがある) 

 

01_2

〔歴史館はこちらへ〕

. 神話は畿内からはじまり、邪馬台国は九州から

古事記・日本書記が書く日本神話はどこから来たのでしょうか?

どちらも一通り見ていた私ですが、むかしむかしのおとぎ話のようなことですから、こまかいことは気にせずにいました。

邪馬台国のミステリ、物部氏や蘇我氏は現われる飛鳥時代(6~7世紀)の謎には興味が尽きないので、関 裕二著「蘇我氏の正体」など様々な本を読んできましたが、答えは中々でないものです。

近年、長野正孝著「古代史の謎は「鉄」で解ける」あたりから、邪馬台国の畿内説と九州説の論争に一様の決着が付きました。

何故、決着が付いたかと言います。経済は嘘を尽きません。

鉄にしろ、舟にしろ、経済活動というのは時代と共に進化し、形を変えてゆきます。経済の流れが歴史の流れであり、邪馬台国が魏志倭人伝に出る実際の国名である限り、天空の駆けまわる『天駆ける舟』とはならず、経済活動のない土地に舟は漂着しないのです。

・3世紀まで畿内には鉄が不足しておりました。

・5~6世紀まで、日本国内で鉄の精製はなされておりません。

・鉄はすべて輸入に頼っておりました。

・3世紀まで舟は帆が付いた手漕ぎ舟が主流であり、1日の航海は50kmが限界です。

以上のことから、3世紀初頭の畿内に邪馬台国はあり得ないのです。では、九州が邪馬台国かと言えば、それはまた別の話なのです。

いずれにしろ、女王卑弥呼が治めた邪馬台国は3世紀まで北九州を中心に栄え、4~5世紀に畿内にあったナラ(奴国・那羅、あるいは狗奴国)の王朝が邪馬台国を攻め滅ぼして従わせ、自らをナラからヤマト(邪馬台国)へと国号を改めたのです。

さて、鉄を調べると倭人の活動範囲が格段に広いことが判り、「燕の鉄は倭人が運ぶ」という古代の文献は、古代の倭人の生活圏が日本国内に留まっていないことが判ります。

海の民とは、非常にやっかいな種族であり、陸の民からすると奇妙な生き物なのでしょう。海は陸と違い不安定な場所です。舟が沈めば死ぬ、波が荒ければ死ぬ、天候が悪くても死ぬ。死と隣り合わせの海を生業とするのが海の民です。

陸の民が海の民を攻めても、海の民は海に逃げてしまいます。

陸の民が恐ろしい海に出ることなどできません。

海の民と争えば、海の民はいつどこの海から攻めてくるか判りません。海の民と争うのは、砂漠に水を満たすようなものなのです。

ですから、陸と民と海の民は不文律な境界線を持ち、お互いに干渉せず、物資の取引のみが行われたのです。

紀元前2世紀、「燕の鉄は倭人が運ぶ」と言われたように、

倭人は渤海に面する中国の斉や燕、朝鮮半島まで生活圏としていたのです。もちろん、北には北の倭人がおり、南には南の倭人がいたのであります。

1-12 倭国の支配地>

112

まぁ、そんなことをまとめたのが、

“経済から見る歴史学 日本編 01 古代の通貨って、何?”

http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-8f38.html

であり、興味のある方は一度ご覧下さい。

その続編である

“経済から見る歴史学 日本編 02 民の竈って、何?”

(仁徳天皇から聖徳太子までの日本最古の自国通貨について)を書いている途中なのですが、仁徳天皇の血筋を辿ると、ヤマトタケルに当たり、忌部氏(いんべうじ)、大伴氏(おおともし)などの消えた氏族の謎が横たわるのです。

そういう訳で、古事記・日本書紀を調べますと、

“出雲風土記に国譲りがなく、阿波国譲りにある”

という文献や伝承に出会いました。

しかし、阿波の伝承は余りにも不誠実であり、とても史料の域に達しません。そこで古事記・日本書記の発祥地である淡路島から調べ出すと、“出るわ、出るわ”の大慌てであります。

淡路から日の出る東に進むから“日向”。

古代の大阪湾は上本町台地までえぐれた地形であり、『升』のような形をしているので“筑紫”。

河内湖には三ツ島があり、三ツ島と言えば“隠岐”であります。

さらに『と『橿』が同じ中国表記であると判ると、

檍原(アハキハラ)=橿原(アハキハラ)=阿波岐原(アワギハラ)

となり、アマテラス・ツクヨミ・スサノオが生まれた聖地が、奈良県の橿原神宮付近と判ってきました。

「うさぎ追いし かの山」と詠われる万葉の故郷である『明日香』は、

明日香=飛鳥=阿須賀

と、スサノオとクシナダヒメのふるさとである須賀(すが)に早変わり。

三輪山には大物主神(大国主神)が鎮座し、その地を出雲と呼びます。

s-00-1 畿内の地図>

S001

s-00-2 畿内の土地名>

S002

不思議ですね!

日本神話の世界が、畿内に登場しています。

神話は畿内に発し、邪馬台国は九州に上り、大和王朝で畿内に還る。

古事記・日本書記は、私達にそっと語りかけていました。

ホンの少し、歴史の扉を開くと、“祖先たちの歩み”が見えてきます。

では、古事記・日本書記の旅を歩いてみましょうか。

.古事記・日本書紀のはじまりへ

« 古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》 瀬織津姫 目次 アマテラスの妻であった龍女神  | トップページ | 古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》 1.古事記・日本書紀のはじまり »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/71949891

この記事へのトラックバック一覧です: 古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》0. 神話は畿内からはじまり、邪馬台国は九州から:

« 古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》 瀬織津姫 目次 アマテラスの妻であった龍女神  | トップページ | 古事記・日本書記の謎《神話の真実を探す》 1.古事記・日本書紀のはじまり »