2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 経済から見る歴史学 日本編 01-12 古代の通貨って、何? | トップページ | 歴史の中に常に答えはある。 »

経済から見る歴史学 日本編

経済から見る歴史学 日本編

経済から世界を見ると、世界の動きが色々と見えてきます。

聖徳太子の登場も、平清盛の躍進も、織田信長の登場も、すべて歴史の必然であります。

お金の動きは時代の動き!

歴史の教科書に載っている記憶の符号ではなく、歴史の流れを探して下さい。

01_2
<この歴史館へGO! 歴史のブログ>

第1幕 <縄文・弥生時代>古代の通貨って、何?
1章 日本人がどこから来たのか?
2章 倭人は海を渡る。
3章 稲作の伝来?
4章 古代先進国の倭国
5章 邪馬台国って、どこにあるの?
6章 大型の帆船
7章 神武の東征(前篇)
8章 神武の東征(中篇)
9章 神武の東征(後篇)
10章 朝鮮三国情勢と倭国
10章―1 高句麗(こうくり)
10章―2 百済(くだら)
10章―3 新羅(しらぎ)
10章―4 古代朝鮮三国の年表
11章 邪馬台国の滅亡とヤマト王朝の繁栄
12章 古代の通貨って、何?

« 経済から見る歴史学 日本編 01-12 古代の通貨って、何? | トップページ | 歴史の中に常に答えはある。 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/68104101

この記事へのトラックバック一覧です: 経済から見る歴史学 日本編:

« 経済から見る歴史学 日本編 01-12 古代の通貨って、何? | トップページ | 歴史の中に常に答えはある。 »