2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 経済から見る歴史学 日本編 01-7 神武の東征(前篇) | トップページ | 経済から見る歴史学 日本編 01-9 神武の東征(後篇) »

経済から見る歴史学 日本編 01-8 神武の東征(中篇)

経済から見る歴史学 日本編 古代の通貨って、何? 8章 神武の東征(中篇)
>7章へ戻る 神武の東征(前篇)
>9章へ進む 神武の東征(後篇)

8.神武の東征(中篇)
神々の時代、八百万の神が降臨します。
神々の中でも天照とか、月読とか、素戔嗚とか、大国主には多くの名前が存在します。ですから、天照大神というのは、名前ではなく総称と考えた方がいいのです。
身近な喩えでいうなら、苗字です。
日本 太郎、日本 次郎、日本 三郎、3人とも『日本』という苗字が同じです。同じ様に
同じように、アマテラス、アマテラスの子、アマテラスの孫もみんな天照大神なのです。素戔嗚の子供に大国主という子供がおり、大国主は素戔嗚であると同時に大国主でもあります。大国主の子供も素戔嗚であると同時に大国主でもあるのです。
言い方を変えますと、
天孫の子は、天孫(天照族)=天照であり、
素戔嗚の子は、素戔嗚族=素戔嗚
大国主の子は、素戔嗚族=大国主族=大国主

これから登場するニギハヤヒは大物主を名乗り、素戔嗚族がいた大和に入って、その土地を治めます。当然、嫁を貰ったでしょうから素戔嗚族に組みします。“素戔嗚さまのような王”として、
大物主=素戔嗚=大国主
と、同一神にされてゆきます。
神武天皇の系図を見れば、天孫(天照)の子孫であり、オオヤマツミ(月読)の血を引き継ぎ、大物主(素戔嗚)の娘を妃とした三世界の王として君臨することになります。
145_2

イザナギとイザナミの二神が大八島を作り、『日本』が生まれます。数多の神々を作った後にカグツチという火の神をイザナミが生んで、その火傷が元で死んでしまいます。カグツチというのは日本の火山の象徴であり、カグツチの体を十拳剣で切り裂いて八つの『ヤマツミ』の神になったというのは、噴火で国が焼かれて、八ツに分かれて一族が散り散りに逃げたという象徴であります。
その後にイザナギがアマテラス、ツクヨミ、スサノオを生んで、天界、夜界、海界を治めるように言いつけます。つまり、おおよそこの三つの世界に分かれていたことを意味します。これを神々の時代の三世界といいます。
スサノオは海の国を治めず、母(イザナミ)の国に行く途中で高天原に寄ります。そこで神武天皇子孫であるアメノオシホミミ達が生まれます。スサノオは高天原を追放された後にイザナミの国に立ち寄ってから出雲の国に赴いて王となります。さらに東に進み、根の国である『コシ』(福井から新潟当たり)に行き着きます。
出雲もオオクニヌシ(スサノオの昆孫:6代目)が治める時代になると、天孫から国譲りを言われます。

最初に命じられたのはアメノオシホミミですが、下界が物騒だと言って引き返します。次に命じられたのがアメノホヒです。アメノホヒはそのまま出雲に定住して、出雲国造らの祖となり、出雲神社の祭祀を受け継いだ千家家として受け継がれます。
国譲りに失敗した天照はアメワカヒコに命じて出雲に向かわせますが巧く行かず、3度目にタケミカズチが出雲に降って国譲りを成功させました。
タケミカズチが国譲りに成功すると、アマテラスが再びアメノオシホミミに降るように命じましたが、代わりに息子のニニギとニギハヤヒに天孫降臨を命じました。
記紀の中では、ニギハヤヒの降臨は書かれておりません。
この『ニギハヤヒの東行』と思われる『小千命御手植の楠』の樹齢が2600年前と推測されますから、大分県の九重・由布火山の大噴火と時期を同じくします。重・由布火山の大噴火で起こった火砕流は大分の村々を全滅させ、北九州は火山灰などで農作物は全滅です。
そうです。
天孫の国譲りは北九州全域を巻き込んだ大天災による民族大移動だったのです。タケミカズチ達は出雲から因幡へ移動し、遅れて瀬戸内海を渡って大和に入ったのがニギハヤヒです。そして、北九州から南九州に移動したのがニニギあります。このニギハヤヒは大和を統一した後、子のウマシマジが生まれる前に亡くなったと言われます。その後、大和は多くの部族がやって来て騒乱期になったようです。
天孫の民族大移動で煽りを喰らったスサノオの一族は東へ移動し、近江から美濃や伊勢に進み、最終的に尾張・三河当たりで落ち着きます。一部(タケミナカタ)などは諏訪に侵入して王となりました。そして、武蔵野へと進出してゆきます。
出雲族の名残りでしょうか? 

島根県の鹿島町や玉湯町などでは新井・荒木などの[アラ]グループ、足立・安達などの[アダ]グループ、有田・有馬などの[アリ]グループに分かれ、この3グループで全世帯の70~90%になります。この苗字と連動する地名が埼玉県秩父地方から東京北部を通り東京湾へ注ぐ荒川流域(支流域も含めて)に多いのです。
例.川口市新井宿・荒川町・新井町、川越市新宿(あらじゅく)、行田市荒木、深谷市新井、本庄市 新井、花園町荒川、栗橋町新井、大利根町新井新田、川里村新井
もちろん、静岡など関東では、オオヤマツカミ(瀬織津姫神)を信仰する部族が多くいましたから大いに揉めたことでしょう。
同じように近江・伊勢・尾張から追い出された部族が大和に進入した可能性も否定できません。ニギハヤヒは大和を統一した後に早く亡くなったので息子のウマシマジの後見人のナガスネヒコが治めていたようですが巧く定まりません。
一方、南九州に下ったニニギは霧島神宮当たりを拠点に日向に王国を築きました。火山の影響も多少残っている地域ですが、日向三代と言われるように根気よく開拓したようです。
さて、大分県の九重・由布火山の大噴火も10年もすれば鎮静化します。50年もすれば、住めるようになり、100年もあれば、再生できます。
南九州に下ったニニギの一族はいち早く北九州に戻ることができたでしょう。それがおそらく奴国だったのではないでしょうか。奴国が復興するに随って、多くの部族が戻ってきます。対馬海峡を挟んで逃げた部族も多くの新技術を持ち帰ってでしょう。そして、伊都国や邪馬台国も帰郷したでしょう。
さて、出雲や因幡に仮宮を移してした天孫はどうしていたのでしょうか。
日本の童謡には、『うさぎ』と『かめ』が多く登場します。
神武天皇の東征では、『かめ』がよく登場しますが、メインストーリーの日本海側で有名な話は『因幡の白兎』でしょう。
【因幡の白兎】
むかし、大国主命には、八十神と呼ばれる兄弟たちがいました。兄弟たちは美しいことで知られる、因幡の国の八上姫を妻にめとろうと、出雲の国をあとにしました。命は兄弟たちの大きな荷を背負わされ、とぼとぼと後に続いていきました。
はじめに、泣いている赤むけうさぎを見つけたのは八十神たちでした。兄弟たちは、からかい半分、こう言いました。
「やい、うさぎ。よいことを教えてやろう。まず海の水でからだを洗い、それから風の吹きさらす山のいただきにねころんでおれ。そうすれば、すぐにもとどおりのすがたになるであろう。」
さっそく言われた通りにしたうさぎは、よくなるどころか、塩が乾いて傷がしみ、いっそうひどく赤むけてしまいました。
うさぎが、あまりの痛みにしくしく泣いていると、そ こにおくれて来た大国主が通りかかりました。
「おや、うさぎ。どうしたのだ」
大国主がおだやかな声でたずねると、赤むけうさぎは答えていわく
「わたくしは、おきの島にすんでいたもの。いつか島を抜けだしたいと想いこがれて、あるとき、海の鮫たちをだまして、陸にあがる方法を思いついたのでございます。わたくしは浜から鮫たちに言いました。
『おうい。わたしたちうさぎの数と、おまえたち鮫の数のどちらが多いかくらべてみないか。まずはおまえたちがこの浜から気多のみさきにかけて、一列に並んでみるがよい。わたしがおまえたちの背中をとびながら数を数えてやろう。では、いくぞ』
ところが、さいごの一尾というところで、わたくしは、うれしさのあまりつい口をすべらせてしまったのでございます。
『やいやい、だまされたな。わたしは海をわたりたかっただけなのだよ』
はらを立てた鮫は、あっという間にわたくしをがぶり。そのうえ八十神さまたちのおっしゃることを信じたばかりに、痛みはひどくなる一方でございます」
こころやさしい大国主の命は、うさぎに教えました。
「いますぐ河口に行って、真水で塩を洗い落とし、蒲の花粉をしきちらした上に寝ころびなさい。そうすれば、すぐにもとどおりのすがたになるであろう」
命のことばにしたがうと、うさぎは見る間に元気になりました。
たいそうよろこんだうさぎは、命に予言を授けました。
「あなたはいまでこそ、おおきな袋をかついでみすぼらしいなりですが、八上姫さまを嫁にされるのは八十神たちではありません。大国主命、あなたさまなのです」

このうさぎ、じつは”因幡の白兎”と呼ばれる、 八上姫の使いのものだった、ということです。
さて、二人が結ばれた後、嫉妬した八十神たちは何度も大国主命を殺し、その度に母神に助けら復活した大国主命は、最後には八十神(やそがみ)を退治して国づくりを始めます。
このオオクニヌシの時代から栄えていた因幡の国には、アマテラスオオミカミが行幸されたと残っております。その折に行宮に相応しい地として八頭町と鳥取市河原町の境にある伊勢ヶ平(いせがなる)にまで案内したのが『白兎』でした。
八頭町の青龍寺の城光寺縁起と土師百井(はじももい)の慈住寺記録には、天照大神が国見の際、伊勢ヶ平付近にある御冠石(みこいわ)に冠を置かれたという伝承が残っているとされ、この八頭町に3つの白兎神社が存在し、八頭町米岡にある神社は元は伊勢ヶ平にあった社を遷座したものと伝えられるが、天照大神の具体的な伝承に基づく全国的に見ても極めて珍しい神社であります。このように鳥取にはアマテラスを祀る神社が110社もあるのです。
因みに、この鳥取の神社の御祭神で区分すると、
1位 素盞鳴命 362社
2位 大山祇命 212社
3位 倉稲魂命 147社
4位 大国主命 139社
5位 誉田別命 136社
6位 天照大御神110社

と、決してスサノオやオオヤマツミほどが多い訳ではありませんが、アマテラスの支配地であったことは伺うことができます。
もし、神日本磐余彦天皇(カムヤマトイワレビコ)の東征が天孫の意思で行われていたなら、同じ天孫の一族である因幡に救援を求めたり、あるいは交流した記録が残っていた不思議はありません。しかし、イワレビコが日本海側に立ち寄った形跡はありません。
逆に、同じ天孫同士である邪馬台国と句奴国が戦争をして対立している関係ならば、イワレビコが邪馬台国の勢力下に無闇に侵入するのは可笑しな行為です。
今後の発掘で因幡からイワレビコが立ち寄った形跡が出てくるようならば、根幹から考え直す必要をあるでしょう。しかし、今の所、イワレビコが日本海側に立ち寄った形跡はないのです。否、敵対国に救援や助力を求めることなどできなかったのです。

イワレビコは吉備を出向すると家島に立ち寄ります。家島(いえしま、あるいは、えじま)は湾が広く、水深もあって船を係留しやすい天然の良港でした。明石海峡を前に船団を整えるのに最適でした。
「家島は 名にこそありけれ 海原を 吾が恋い来つる 妹もあらねくに」
家島神社の敷地内に妻を思う遣新羅使の歌碑に書かれているものです。この家島は万葉の時代から多くの歌に使われています。
家島を出たイワレビコは速吸門(明石海峡)を渡る時に釣り人に出会います。河内潟は満ち潮なら時計回り、引き潮なら反時計回りに潮流が発生して、上町台地に突き出た所が細くなります。
「方(まさ)に難波の崎に到るときに、奔潮(はやなみ)有りて太だ急きに会う」
と、波の荒さに驚いたように書かれております。この釣り人(国ツ神)のおかげて無事にイワレビコは河内潟に入ることができました。その功に報いて篙根津日子(サオネツヒコ)の名を与えています。
河内潟と言いましたが、縄文時代では海面が高く大阪湾と河内湖と一緒になって河内湾となっておりました。それより大昔は京の巨椋湖や奈良の奈良湖も海の一部でした。その水位も下がって河内潟、河内湖と変化して現代の大阪平野となっております。
146
〔河内湾から河内湖へ〕(古代の大阪平野~河内湾から河内湖へ皇紀の謎 古代史漫談より )
イワレビコは東征を行った頃は河内潟から河内湖に移る頃でした。上は淀川から流れるくる堆積物で埋まり、遠浅というか沼地に近い状態です。同じように南も大和川によって沼地が広がっていました。必然的に東の日下に上陸することになったのです。
147
〔神武天皇孔舎衛坂の戦い〕(神武天皇孔舎衛坂顕彰碑 日下の聖蹟を元に改変)
日下から生駒山地に沿って南下し、大和川を遡って奈良に入ろうとしますが、その道が険しくて、日下に戻って生駒越えを試みたと日本書記には書かれております。
「皇師(みいくさ)兵(つわもの)を勤(ととの)へて、歩(かち)より竜田に趣(おもぶ)く。而(し

かう)して其の路、狭(さ)く険しくして、人並み行くことを得ず。すなはち還りてさらに東胆駒山(いこまのやま)を越えて、中洲(うちつくに)に入らむと欲(おもほ)す」(日本書紀 神武紀)
大和川の難所と言えば、亀の瀬であり、距離にして数キロですが大和川を下ってきた船が荷を下ろして、徒歩か馬で竜田越えをしたと言われます。
ちはやぶる 神代もきかず 龍田川
   からくれなゐに 水くくるとは

この句で有名な龍田大社を通る龍田越えはかなりキツいルートですが、人馬が通れないほどの道ではありません。しかし、日本書記には人が通れないような道であったと書かれています。

不思議な話です。
普通に考えるなら、何者かに襲われて進めなくなったか、船を止めた停泊させていた日下が何者かに襲われたので引き返したのいずれかでしょう。天孫御子饒速日命(ニギハヤヒ)に仕えていた土着の長髄彦(ナガスネヒコ)の拠点は、日下より北東の白庭台ですから、わざわざ南下してイワレビコを襲うのも面倒でしょう。
そう考えると、何者かに日下が襲われて、イワレビコ一向が引き返したと思われます。
148
神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑:孔舎衛坂(くさえさか)、神武天皇戊午年四月皇軍ヲ率ヰ膽駒山ヲ踰エテ中洲ニ入ラントシ給ヒ孔舎衛坂ニ長髄彦ノ軍ト御會戦遊バサレタリ聖蹟ハ此ノ坂路ノ邉ナリト傳ヘラル。
五瀬命負傷碑:「厄山」「彦五瀬尊御負傷の地と言い傳へらる」と刻まれたこの碑は、神武天皇の兄である「五瀬命」が矢傷を負われた地との伝承により建てられた。
龍の口霊泉:五瀬命が流れ矢による肘の傷を洗った場所とされる。
神武天皇聖蹟盾津顕彰碑:神武天皇戌午年三月皇軍ヲ率イテ青雲白肩津二至リ給ヒ翌四月孔舎衛坂二戦ハセラレ其ノ津二還リテ盾ヲ植テテ雄誥遊バサレシ二因リ地名ヲ盾津ト改メタリ聖蹟ハ此ノ地附近ナリト推セラル。

枚岡神社神津嶽本宮:枚岡神社創祀の地、ここ神津嶽に一大磐境を築き、天児屋根命・比売御神を祀って国の平定が祈られた。大阪平野を始め、瀬戸内海、淡路島をも一望できるところでもあり、枚岡大神の広大無辺なる御稜威御神徳を感じることができます。
金鵄発祥之處碑:十有二月癸巳朔丙申皇師遂撃長髄彦連戦不能取勝時忽然天陰而雨氷乃有金色霊鵄飛来止于皇弓之弭、其鵄光曄〓状如流電、由是長髄彦軍卒、皆迷眩不復力戦。長髄是邑之本号焉。因亦以為人名及皇軍之得鵄瑞也、時人仍号鵄邑、今云鳥見是訛也。

長髄彦の本拠地:天鈴55年、紀元前663年(即位前3年)12月4日、磐余彦尊(イワレビコ)の軍はついに長髄彦(ながすねひこ)を討つ。
鳥見白庭山碑:饒速日尊禀天神祖詔乗天磐船而天降坐於河内國河上峰則遷坐於大倭國鳥見白庭山
饒速日命墳墓:日(ひ)の窪山(くぼやま)(桧の窪山)といわれる伝承の地日下に戻って来たイワレビコ一向は孔舎衛坂(くさえさか)を上って、長髄彦の兵と対峙します。

生駒山地は東の奈良盆地に対して緩やかな傾斜が続き、西の河内潟に対して壁のように急勾配です。しかも鬱蒼な林が壁のように立って人馬を阻みます。狭い道を通って山を登ると上から矢の雨を降らすのに最適な立地なのです。そういった賢固な地形を利用して飯森山城や信貴山城が作られているのです。本当に大阪側から落とすのは苦心すると思います。
生駒山を越える日下直越道(くさかただごえみち)、地元の人は『じきこえ』と呼ぶそうですが、私は聞いたことが御座いません。この道に続く要所々々に兵を配置して矢を討てば、無理なく敵の兵を減らすことができたのです。
一方、イワレビコ一向の矢は敵に届きません。『矢切の但馬』では御座いませんが、「上がる矢をばつい潜り、下がる矢をば跳り越え、向こうて来るをば長刀で切つて落とす、敵も御方も見物す」といった具合に五ツ瀬が突撃していった訳であります。
しかし、敵の矢は無情に五ツ瀬の肱脛(ひじ)の中当たりを貫き、イワレビコ一向は五ツ瀬を抱えて“龍の口霊泉”まで引いて、そこで矢を抜いて治療したのです。
イワレビコ一向はおそらく鉄の鏃を使って敵を討ち倒して来たと思われます。石の矢や骨の矢は殺傷能力に乏しく、殺傷能力の高い鉄の矢を持ったイワレビコ一向が常に優位な戦いができたと思われます。もちろん、長髄彦の兵は貴重の鉄を大量に持っていたとは考えられません。しかし、畿内では石鏃に二上山から取れるサヌカイトと呼ばれる鉱石を使っていたと思われます。
サヌカイトは讃岐岩(さぬきがん)と呼ばれ、叩くと金属のように澄んだ高い音を出すカンカン石として有名です。非常に重く、尖った先は鉄に近い殺傷能力を持っていました。
イワレビコ一向は五ツ瀬を抱えて、潟沿いの盾津まで下がると刻の声を上げて、まだ戦う意思があることを鼓舞しました。長髄彦は地形の有利を捨ててまでその誘いに乗らず、傍観したようです。イワレビコ一向は現在の八尾市にある竹渕(たちこ)神社付近に移動して兵を休めたようです。そこで五ツ瀬はこう言ったと古事記は書き示します。
「吾は日の神の御子と為て、日に向かひて戦ふこと良くあらず。故賤しき奴が痛出を負ひぬ」
五ツ瀬は太陽に向かって攻めたのがいけなかった。迂回して太陽を背にして戦うべきだったと言い、塩土老翁(シオツツノオジ)は南下して熊野を迂回して進む道を指示しました。こうして、河内潟を後にしたイワレビコ一向でありましたが、五ツ瀬は泉南市の男(おの)神社当たりで力尽きます。
「南の方より廻り幸でます時に、血沼(ちぬ)の海に到り、其の御手を洗ひたまふ。故血沼の海と謂う」
五ツ瀬の御遺体がどこに葬られたのかは定かではない。男水門の近くの男神社の他に、和歌山市小野朝にある水門吹上(みなとふきあげ)神社に碑が立っている。古事記では、竈山(かまやま)神社の近くにあると書かれている。いずれにしろ、この当たりまで長髄彦の勢力地だったと思われ、地上に上がって中々戦えないと苦戦ぶりが書き示されている。かの地を何とか平定したイワレビコ一向は紀伊水道を渡り、熊野を通って吉野方面から奈良に入り、イワレビコは橿原宮で践祚(即位)し、始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)と称する。
即位の3年前、イワレビコ一向は五ツ瀬の遺言通りに奈良湖を反時計回りに回って、東から長髄彦の本拠地を攻めた。長髄彦は最後まで抵抗するつもりだったが、妹の三炊屋媛がウマシマジ(可美真手命)と共にイワレビコが先に降ってしまったので大きな戦いもなく平定された。しかし、長髄彦はイワレビコに恭順するつもりもなく、討たれて殺されました。
日本書記では、イワレビコはニギハヤヒが同じ天から降りてきたことを知り、ニギハヤヒが忠誠を示した

(長髄彦を殺して帰順した)ので、これを褒めて臣下に加えて寵愛したとあります。
一方、古事記では、イワレビコを追ってニギハヤヒも降臨し、天の神宝を献上してお仕えたとなっておりまう。
さらに、『先代旧辞本紀』天孫本紀では、ニギハヤヒは降臨した後、長髄彦の娘の御炊屋姫を娶り懐妊させた。だが、生まれる前に饒速日尊はお亡くなりになっていた。中州(ナカツクニ)の豪雄の長髄彦は、饒速日尊の御子の宇摩志麻治 (ウマシマチ) 命を推戴して、君として仕えていたと書かれています。
いずれにしろ、ニギハヤヒの子であるウマシマジ(物部の祖)はイワレビコの臣下となって仕えました。

この時、長髄彦を慕っていた物部の祖達は、大和地方の土蜘蛛や蝦夷とともに東国に奔ったようです。長野県に守屋山があったり、善光寺に守屋柱があるのもその為なのです。
ニギハヤヒはそもそも天孫の子でありますが、オオモノヌシとして国津神の一人として三輪山に葬られます。イワレビコの臣下となった物部氏(内物部)と、大和朝廷に逆らう物部氏(外物部)は、倭国統一において戦うことになるのです。

第1幕 <縄文・弥生時代>古代の通貨って、何?
1章 日本人がどこから来たのか?
2章 倭人は海を渡る。
3章 稲作の伝来?
4章 古代先進国の倭国
5章 邪馬台国って、どこにあるの?
6章 大型の帆船
7章 神武の東征(前篇)
8章 神武の東征(中篇)
9章 神武の東征(後篇)
10章 朝鮮三国情勢と倭国
10章―1 高句麗(こうくり)
10章―2 百済(くだら)
10章―3 新羅(しらぎ)
10章―4 古代朝鮮三国の年表
11章 邪馬台国の滅亡とヤマト王朝の繁栄
12章 古代の通貨って、何?

« 経済から見る歴史学 日本編 01-7 神武の東征(前篇) | トップページ | 経済から見る歴史学 日本編 01-9 神武の東征(後篇) »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/67916346

この記事へのトラックバック一覧です: 経済から見る歴史学 日本編 01-8 神武の東征(中篇):

« 経済から見る歴史学 日本編 01-7 神武の東征(前篇) | トップページ | 経済から見る歴史学 日本編 01-9 神武の東征(後篇) »