2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 韓国政府もいい事いうね! 被害者の言葉にならない苦痛は竹島を返すことで癒される。 | トップページ | 中国の外交は間違っていないが、そのあとの事を本当に考えているのだろうか? »

あけましておめでとうございます

「かくて明けゆく空の景色、昨日にかはりたりとはみえねども、ひきかへめづらしきここちぞする」

「正月一日は、まいて、空の景色うらうらと珍しく、かすみこめたるに、世にありとある人は、姿容心ことにつくろひ、君をもわが身をも祝ひなどしたるさま、殊(こと)にをかし。」

「なほ残れ明けゆく空の雪の色この世の外の後のながめに」

徒然草と枕草子と九条良経の一節です。

明けまして、おめでとうございます。

橿原神宮(かしはらじんぐう)に参ってきました。

朝5時に起き、地下鉄と近鉄電車で2時間です。

天井に降った所に明けの明星が輝やいており、心健やかになります。

土星、金星、水星と並んで見えるハズなのですが、巧く見つけられません。

電車に揺られ橿原神宮駅に付くと丁度、朝日が差す時間でした。

朝日を背にして鳥居をくぐり、新年のあいさつをした後、神武天皇陵を参拝してから帰ってきました。

昨日と今日で何が変わるものではありませんが、今日は昨日と違う明けゆく空を楽しめでよかったと思います。

出雲大社を参拝した日は凍るような寒い日で、ちらちらと降る雪の中で参拝した幻想的な景色もよいものですが、清々しい朝の空気と温かくなってゆく日差しを浴びるのも陽気な気分にさせて頂けます。

いずれにしろ、社は聖域であって人の住む場所でないという心はそう思わすのでしょうが、心を切り替えるにはよい日でありました。
.Photo
では、今年も九億四千万キロメートルの旅をご一緒に!

« 韓国政府もいい事いうね! 被害者の言葉にならない苦痛は竹島を返すことで癒される。 | トップページ | 中国の外交は間違っていないが、そのあとの事を本当に考えているのだろうか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« 韓国政府もいい事いうね! 被害者の言葉にならない苦痛は竹島を返すことで癒される。 | トップページ | 中国の外交は間違っていないが、そのあとの事を本当に考えているのだろうか? »