2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« あけましておめでとうございます | トップページ | 「八重の桜」より保科正之大河ドラマ化を! »

中国の外交は間違っていないが、そのあとの事を本当に考えているのだろうか?

外交は自国の利益の追求であって、他国の事を考慮する必要はない。
よって、中国が自国の利益に「外交の勝利」を宣伝利用することは間違った行為ではない。
日本とは国際法などを順守しなくても、国際問題にならないと考えているからだ。

日本人も、中国人も、韓国人も、『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』という格言が外れていない愚かしい行為を続けている。
「日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。」
この言葉は、英国のチャーチルの言葉である。

「日本人は無理な要求をしても怒らず、反論もしない。笑みを浮かべて要求を呑んでくれる。しかし、これでは困る。反論する相手を捩じ伏せてこそ政治家としての点数があがるのに、それができない。それでもう一度無理難題を要求すると、またこれも呑んでくれる。すると議会は、いままで以上の要求をしろという。無理を承知で要求してみると、今度は、笑みを浮かべていた日本人はまったく別の顔になって、「これほどこちらが譲歩しているのに、そんなことをいうとは、あなたは話の分からない人だ。ことここにいたっては、刺し違えるしかない」といって突っかかってくる。」

昭和十六(一九四一)年十二月十日、マレー半島クァンタンの沖合いで、イギリスが誇る戦艦プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの二隻が日本軍によって撃沈されたときの日記には、
「日本にこれほどの力があったのならもっと早くいってほしかった。日本人は外交を知らない」と書いている。
外交は駆け引きであって、誠心誠意のまごころは通じない。

要求を呑むから、更なる要求を突き付ければならなくなる英国の議会の事情まで考慮していないのだ。
中国や韓国がどんな横暴なことをしても、にこにこと笑って許してしまう日本人のイメージが、中国や韓国の国民の中に根付いてしまっている。
日本人はどんな酷いことをしても許してくれる。
そんな間違ったメッセージを送っていたのだ。

日本の政治家は外交を間違っていた。
中国と韓国の政治家は、チャーチルと同じ間違いをしている。

ある一線を越えたとき、日本人は変貌する。
「これだけ誠心誠意尽くしたのに、もはや話は通じない」
そう悟った瞬間から好戦的に変貌するのだ。

さて、安部総理が中国や韓国と多少のイザコザを大きくしても、「日本の譲歩はここまでです。」と正しくメッセージを送れるかどうかが、今後の日本の将来を大きく決める。

もちろん、そのメッセージに気が付かず、更なる要求をしてくれば、我々も覚悟を決めなければならなくなるのだ。
----------------〇----------------
中国は靖国放火犯を英雄視 「外交の勝利」宣伝利用か
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130105/chn13010500310000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130105/chn13010500310000-n2.htm
【北京=川越一】靖国神社の門に放火したことを認めたものの、韓国ソウル高裁が日本の引き渡し請求を拒否し、
釈放された中国籍の劉強容疑者(38)が4日、韓国から空路、上海入りした。中国のインターネット上には
劉容疑者を英雄視する意見が数多く寄せられており、韓国側の今回の決定は中国国民の反日感情と愛国心をあおる
結果になった。

 中国外務省の華春瑩報道官は同日の定例記者会見で、ソウル高裁の採決について歓迎の意を表明。反日感情が
再燃している国内世論をいさめることはなかった。劉容疑者の今後の処遇には言及しなかったが、2010年に
沖縄県・尖閣諸島沖で漁船衝突事件を起こした中国人船長のケースと同様、中国政府は「中国外交の勝利」を
国民に宣伝する材料として利用する心づもりとみられる。

 中国の大手ポータルサイトの掲示板にはこの日、「英雄の凱旋(がいせん)を歓迎する」「このような英雄は
五輪の金メダリストより尊敬される」「暗闘は中国の完勝だ」といった書き込みが数多く寄せられるなど、
中国人船長が帰国した際と同じような現象が起きている。

「放火は刑事犯罪だ。法によって裁かれるべきだ」「事件の経緯を見て、中国人として恥ずかしくないのか?」と
いった意見に対しては、「投稿者は日本人だ」「ゴミ」「ブタ」といった侮蔑が浴びせられた。

 さらに今回は、「屈辱的な歴史を韓国も忘れられないことを証明した。われわれは一致して敵愾(てきがい)心を持ち、
日本人に歴史上の過ちを認めさせ、軍国主義の台頭を抑えよう」と韓国に共闘を促す意見も少なくない。
中国の朝鮮半島専門家も国際情報紙、環球時報で「中韓は歴史問題で共通認識を堅持し、協力を強めるべきだ」と主張した。
----------------〇----------------
【韓国政府「独島は韓国の領土」…日本に口述書伝える】

31日の韓国国内の報道によると、韓国政府当局者は「日本政府が韓国外交部に口述書形式で抗議する書簡を送ってきた」とし「韓国政府もこれに反論する口述書を伝えた」と明らかにした。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 「八重の桜」より保科正之大河ドラマ化を! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/48605969

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の外交は間違っていないが、そのあとの事を本当に考えているのだろうか?:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 「八重の桜」より保科正之大河ドラマ化を! »