2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 歌会始「万座毛(まんざもう)をしのびて」 | トップページ | 1月19日 平治の乱 平清盛とデフレ »

1月17日 阪神・淡路大震災の日

1995年1月17日午前5時46分 淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が起こった。
何が起こったのか判らない。
ただ、ただ、大きな揺れで目を覚ました。
続けざまに起こる横揺れに家が歪んで軋んでいた。木造2階建ての古い長屋は、大地震に耐えれるような構造をしているとは思えない。
もう、これで終わったと思うしかない。
時間にして20秒も満たない。
揺れが止まったとき、頭が真っ白になっていた。

10分、20分、もしかしたら5分くらいかもしれない。
地震に揺れが止まってから、頭を整理して、次の行動に移るまで何を考えていたのか?
まったく思い出せない。
正気に戻って、1階に降りると棚に載せてあった酒やウイスキーが全滅し、当たりは酒の匂いで充満している。
見に行きたくないが、シャッターを開けて迎えの店を開ける。
最上段の高級酒が全滅だ。
玄関のガラスにも大きなヒビが入っている。
実は側面のガラスは、今も上辺の小さなヒビが残ったままである。阪神・淡路大震災の記憶の1つだ。

全滅に近いお酒を瓶を片づけながらテレビを付ける。
神戸は最悪の状況だった。
村山富市総理は、朝6時に起床しテレビで震災を知る。
しかし、当日朝の山花貞夫ら24人の社会党離党届の方を重視しており、震災対応が総理の専権事項という認識がなく、11時過ぎになっても「総理が現地視察する予定は?」と記者の質問に、「状況見て、必要があればね。」「山花氏は話し合いを見て欲しい」と言っていたことから、総理の脳裏に阪神・淡路はなかった。
刻々と移されるテレビの映像に誰もが苛立ちを覚えていた。

後になって知った話では、
米海軍第7艦隊(横須賀)が救援体制を敷いて、「艦艇を神戸港に入港させてのヘリコプターによる負傷者の救援」を政府に申し入れたところ、即座に拒否する事態が発生していた。
地震発生の僅か4分後、陸自の偵察ヘリが発進態勢を整え、伊丹の連隊が救援部隊を設置していたが出動命令が降るのは午前10時10分、兵庫県参事(防災担当)が出動要請を行い、その4分後の午前10時14分には自衛隊が出動した。準備から4時間24分後のことである。
村山総理は、12時に新党さきがけ高見裕一から自衛隊増員要請するも「高見は大げさだ」と冷笑していたという。五十嵐官房長官から「死者203人」と報告を受けて初めて事の重大さに気づく、すでに地震発生から6時間は過ぎていた。

村山総理は国会の質問に「なにぶんにも初めてのことですので、幾多の混乱があったと思われまする」と述べているが、自衛隊の最高責任者の一存で出動を命じていれば、一体どれだけの命が救えたのだろうか?
「今のような危機管理体制があれば、もっと迅速にできていた。」などと嘯いていう議員もいるが、そんなことは幻想である。
大惨事を当初から予測などできる超人はいない。
『地震・雷・火事・おやじ(※)』というが、どこで何が起こるか判らないから天災なのだ。
一瞬の判断が生死を決める。
経験がある方が少なく、経験がなくとも正しい判断をしなければならない。

責任者が責任を取らなければ、誰が責任を取るというのだ。

責任者は正しい判断だったか、間違った判断だったかの有無に関わらず、その事項のすべての責任を取らなくてはいけない。
責任者は責任を取る為にそこにいるのだ。

日本の最高責任者が「なにぶんにも初めてのことですので」とは何たることだ。
ただ、村山富市氏自身がその不備を認めているので、これ以上責めるのも不憫というものだ。

しかし、東北地方太平洋沖地震で同じ過ちが繰り返されたことが残念でならない。
結局、日本の最高責任者が「俺が責任を取る」という自覚に欠けていた為だろう。

阪神淡路大震災1.17のつどいは、平成25年1月17日(木)東遊園地で、5時「1.17(竹灯ろう)」点灯から始まる。

私は参加できないが、静かに黙とうをあげたい。

※おやじ:親父は父親のことではありません。大山風(おおやまじ)のことで、一般に言う台風のことです。

■阪神淡路大震災政府対応時系列
http://www.aipiee.com/gomiwiki/?%E9%98%AA%E7%A5%9E%E6%B7%A1%E8%B7%AF%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E6%94%BF%E5%BA%9C%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E6%99%82%E7%B3%BB%E5%88%97
17日

05:46 地震発生

05:50 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ発進準備。

05:50 第三十六普通科連隊(伊丹)営舎内にいた隊員約三百人による救援部隊編成開始

06:00 CNNワールドニュース、トップニュースで「マグニチュード7・2。神戸で大地震」と報道。

06:00 村山起床。テレビで震災を知る。

06:20 テレビで急報を知ったダイエー中内功社長出社

06:30 百里基地、偵察のためRF4発進検討するも断念。4ヶ月前北海道東方沖地震でRF4が墜落、社会党の追及で当時の指揮官が更迭されたため。

06:30 中部方面総監部非常勤務体制

06:30 村山、園田源三?秘書官に、電話で、状況把握を指示(園田本人は「そのような事実は無かった」と否定)。

06:30 警察庁が地震災害対策室を設置、大阪、京都、奈良などに機動部隊の出撃命令を出す

06:35 第三十六普通科連隊(伊丹)、倒壊した阪急伊丹駅へ伊丹署の要請で先遣隊出動

06:50 陸自第3特化連隊(姫路)非常呼集

07:00 スイス災害救助隊、在京スイス大使館へ、日本政府への援助申し入れを指示

07:00 金重凱之?秘書が国土庁防災局に電話で状況確認し、村山に「特にこれといった情報は入っていない」と報告。

07:14 陸自中部方面航空隊八尾基地、偵察ヘリ1番機発進。高架倒壊等の画像撮影。出動要請がないため訓練名目。

07:30 村山総理に一報

07:30 陸自第3特化連隊(姫路)、県庁へ連絡部隊発進

07:35 第三十六普通科連隊(伊丹)、阪急伊丹駅へ48人応援

07:50 石原信雄?官房副長官、川崎市の自宅を出発。

07:58 阪急伊丹駅救助活動48人

08:00 官邸、防衛庁に、派遣要請がきているか確認するも、要請無し。

08:00 ダイエーが地震対策会議。中内社長、販売統括本部長にヘリコプターで神戸へ飛ぶよう指示。おにぎり、弁当など1,000食分と簡易衛星通信装置を搭載。

08:11 徳島教育航空郡所属偵察機、淡路島を偵察。「被害甚大」と報告。

08:20 西宮市民家出動206人

08:20 貝原兵庫県知事、職員の自動車で県庁到着。対策会議開くも派遣要請出さず

08:26 総理、官邸執務室へ(予定より1時間早い)。テレビで情報収集。

08:30 セブンイレブン災害対策本部、被災地店舗へおにぎりをヘリ空輸開始。

08:45 村山「万全の対策を講ずる」とコメントを発表。

08:50 韓国政府、「日本関西地域非常対策本部」(本部長・金勝英=キム・スンヨン=在外国民領事局長)設置

08:50 石原信雄官房副長官到着。「現地は相当酷い」とコメント。

08:53 五十嵐広三官房長官「非常災害対策本部を設置し小沢潔国土庁長官を現地に派遣する」と発表。

09:00 呉地方総監部、補給艦「ゆら」が神戸に向けて出港。

09:05 国土庁が県に派遣要請促す

09:18 村山、廊下で記者に「やあ、大変だなあ」、視察はしないのかとの質問に「もう少し状況を見てから」とコメント。

09:20 総理国土庁長官、月例経済報告出席。地震対策話題無し

09:40 海自輸送艦、非常食45000食積み呉出港

09:40 神戸消防のヘリコプターが上空から市長に「火災発生は20件以上。市の西部は火災がひどく、東部は家屋倒壊が目立つ」と報告。市長は直ちに県知事に自衛隊派遣を検討するよう電話で要請。

10:00 村山、月例経済報告終了後廊下で、記者の「北海道や東北と違い今回は大都市での災害だが、対策は?」との質問に「そう?」とコメント。

10:04 定例閣議。閣僚外遊報告。非常対策本部設置決定。玉沢徳一防衛庁長官には「沖縄基地縮小問題で(上京してきている)大田昌秀知事としっかり協議するように」と指示。震災についての指示なし。

10:10 兵庫県知事の名で派遣要請(実際には防災係長が要請。知事は事後承諾)

10:15 中部方面総監部、自衛隊災害派遣出動命令(村山の指示で3000人限定。到着は2300人)

10:25 姫路の第3特科連隊の幹部2人がヘリコプターで県庁に到着、県災害対策本部の会議に参加

11:00 村山、廊下で会見。記者の「総理が現地視察する予定は?」との質問に、「状況見て、必要があればね」。「総理は行く用意はありますか?」、「そうそう、状況を見て、必要があればね」。

11:00 村山総理、「二十一世紀地球環境懇話会」出席。「環境問題は国政の最重要課題の一つとして全力で取り組んでいく」と発言。

11:00 京都機動部隊が兵庫入り。

11:15 村山、廊下で記者に、山花貞夫前社会党委員長の新党結成問題に関して、「山花氏は自制してもう少し話し合いをして欲しい」とコメント。

11:15 非常対策本部設置(本部長・国土庁長官の小沢潔)

11:30 非常対策本部第1回会議

11:34 五十嵐官房長官、記者に社会党分裂問題を聞かれ、「それどころじゃない」と発言し首相執務室入り。現地で被災した新党さきがけ高見裕一からの電話情報を元に、村山に事態の重大さを力説。

12:00 新党さきがけ高見裕一、現地から官邸に電話。自衛隊増員要請するも、村山「高見は大げさだ」と冷笑

12:00 政府与党連絡会議中、五十嵐官房長官が村山に「死者203人」と報告。村山「え!?」と驚愕。

12:48 淡路島・一宮町役場の中庭に自衛隊ヘリ三機が到着。隊員がオートバイで被害調査を実施。

13:10 渋滞に阻まれていた自衛隊第三特科連隊215人が到着。救助活動を開始。

13:30 防衛出動訓令発令検討するも断念

13:30 大阪消防局隊応援部隊到着

13:50 社会党臨時中央執行委員会が「党内事情より災害復旧を優先すべき」として、山花氏の離党届を保留。

14:07 村山総理、定例勉強会出席

14:30 小沢国土庁長官、現地空中視察へ

15:36 河野洋平外相「総理は人命救助と消火に力を入れるようにといっていた。総理が現地に行くのは国土庁長官からの報告があってからのようだ」とコメント。

15:58 村山、廊下で記者の「改めて聞くが、総理が現地に行く可能性は?」との質問に「明日、国土庁長官から現地の状態を聞いてな」とコメント。

16:00 村山総理、地震後初の記者会見。「関東大震災以来、最大の都市型災害だ。人命救助、救援の万全を期したい」、「近く現地入りする」(初めて現地入りを明言)。5分で終了。

18:00 補給艦「ゆら」が姫路港に入港。緊急物資を積載し、神戸に向かう。

19:50 兵庫県知事、海上自衛隊に災害派遣要請

21:00 兵庫県知事、航空自衛隊に災害派遣要請

筑紫「温泉」発言。火災の猛烈な業火で立ち上る煙を見て。

18日

辻元清美ピースボート現地入り。印刷機を持ち込み宣伝ビラを配布し始める。

「生活に密着した情報をとどける」と銘打つが、内容は、ピースボートの宣伝や、被災した喫茶店主の「国は17日付で公庫の返済分をきっちり引き落としよった」や、韓国基督大学による韓国風スープ炊き出しの話しなど。

08:00 海上自衛隊補給艦七隻が非常用食料10万食と飲料水1620tを積載し呉を出港。

09:46 初の緊急閣議

11:40 海上自衛隊徳島航空隊が海上自衛隊阪神基地に救護用の食料を空輸。

13:00 自衛隊5200人と陸上自衛隊ヘリ65機が王子公園を拠点に救助活動、物資輸送を開始。

19日

村山、記者会見で「高架に木切れ等が紛れ込んでいたが、欠陥工事ではないか?」との女性記者の質問に、「そんなことは後で調べる。今はそれどころではない」と激昂(結局その後の調査なし)。

11:32 村山首相と土井たか子衆議院議長が伊丹空港に到着。

村山土井、ヘリで現地視察。灘区の王子公園陸上競技場に着陸。当時救助に当たっていた自衛隊ヘリには、王子グラウンドヘリポート以外への着陸を禁止していた。

クリントン在日米軍支援申し入れ。救助犬、発電機、航空機、横須賀母港の空母インディペンデンスを救護拠点とした救援活動を申し入れるも、村山拒否。毛布37000枚のみ輸送機で到着。

山口組幹部宅で物資分配

20:00 神戸市に入る国道2号線などを災害対策基本法に基づき一般車両通行を禁止にする。

20日

筑紫現地で、焼け跡で遺留品を探す住民に近づき、撮影するなとの叫びにもかかわらず放映。「住民は感情的になっています」と発言。

21日

筑紫「なぜ行政は、お年よりなどのために車を出せないのか。道路が危ないというが、車はたくさん走ってる。自衛隊の頑丈な車もある。」

18日より市職員10人で救援物資仕分け。交代、休憩無く、過労で次々倒れる。その夜、筑紫「市の対策手ぬるい。個人ががんばってる。3日目までおにぎり一個しか配られなかった」

村山国会で「なにぶん初めてのことでございますし、早朝のことでもございますから、政府の対応は最善だった」(後に全面撤回)

自衛隊艦艇4隻給水活動

新進党海部党首、村山に政治休戦申し入れるも、「政府は国会運営携わる立場ではない」と拒否

24日

村山、(交通制限や物価統制の可能な)緊急災害対策本部設置必要なしと答弁

« 歌会始「万座毛(まんざもう)をしのびて」 | トップページ | 1月19日 平治の乱 平清盛とデフレ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/48785969

この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日 阪神・淡路大震災の日:

« 歌会始「万座毛(まんざもう)をしのびて」 | トップページ | 1月19日 平治の乱 平清盛とデフレ »