2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 月畢(ひつ)を探して | トップページ | 韓国政府もいい事いうね! 被害者の言葉にならない苦痛は竹島を返すことで癒される。 »

増える県外避難者を止める為に、県外避難支援を打ち切る福島県

県外の避難者57,954人
おそらく、これからも増えていくことでしょう。妊婦や子供いる家庭は半分以上が県外への避難を考えています。
原発村や環境省の職員の方は、「安全です」と繰り返すばかりです。

説明会などで、「こちらに引っ越して来て、一緒に家族と暮らして下さい」と言っている住民も多いと聞きますが、それを実行した職員は皆無です。
知事もこれ以上の県民を失いたくないという意味で、支援を打ち切りを決めたと思われます。
県民の安全より大切なモノがあるのでしょうか?

自公では、このような支援に積極的とは思えません。
しかし、福島県民の方は自民党議員を当選させました。
それでいいと思っている訳がありませんよね!?

-------------〇-------------
福島県外への避難に壁〜年末で住宅支援打ち切り
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1505
福島県は12月28日、県外へ避難する時の住宅支援である「借り上げ住宅」の新規受付を打ち切る。原発事故以降、高い線量が続いている福島県。今年5月に福島市が実施したアンケート調査では、回答者全体の33%の人が、また乳幼児や小学生のいる世帯の半分以上が「できれば避難したい」と考えていることが分かっている。
福島県が県外へ避難している人の呼び戻しに力を入れる中、「借り上げ住宅」の新規受付打ち切りの理由については、県は「国(厚生労働省)から再三要請された」と説明。しかし、厚生労働省は「打ち切りを決めたのは県であり、県の意向を尊重している」とし、意見は食い違う。
福島県郡山市で小学生の息子さんと中学生の娘さんと家族で生活する野口時子さんは、子どもの被ばくについて気をつかいながら避難するタイミングを待っている。今回の打ち切りで「県外避難の選択が奪われる」と訴える野口さんと、福島県の避難者支援課の藤田英明主幹に話しを聞いた。
 

« 月畢(ひつ)を探して | トップページ | 韓国政府もいい事いうね! 被害者の言葉にならない苦痛は竹島を返すことで癒される。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/48477690

この記事へのトラックバック一覧です: 増える県外避難者を止める為に、県外避難支援を打ち切る福島県:

« 月畢(ひつ)を探して | トップページ | 韓国政府もいい事いうね! 被害者の言葉にならない苦痛は竹島を返すことで癒される。 »