2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 集会の自由を保障しないのは国民主権を放棄したのと同義だ!?  | トップページ | カエルが妊娠の隠語とは知らなかった!? »

前代未聞の総理解散宣言!?

党首選で「16日解散」を野田首相が宣言をした。
考えてみれば、『TPP参加』を言い出した頃から野田首相は、民主党を諦めていたのかもしれない。
公約では『脱原発』と言っているが、中身は自民党と変わらない。
TPP反対者を党から追い出して、自民党・公明党に相乗りを考えていたとしか思えない。

野田首相の想いは、自公で過半数に至らず、50~120議席程度の野田民主党が合流する3党連合である。
政権に居座わろうとする悪臭がここまで匂ってきそうである。

最も対立軸の維新・太陽・みんなの方もパッとしない。

『詐欺師集団』VS『暴力ヤクザ集団』のような対立構造になってきた。

どこにも入れても、地獄一丁目だ。

-----------○-----------
解散先送りなら不信任案
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2012111401000952/1.htm
2012年11月14日(水)10時1分配信 共同通信

自民、公明両党は14日午前、野田佳彦首相が年内の衆院解散・総選挙に踏み切らない場合、内閣不信任決議案の提出を検討する方針で一致した。首相が年内衆院選の意向を関係者に伝えたことに民主党内から反対論が噴出しているのをけん制する狙い。一方、首相は午後に政府・民主三役会議を招集し、今後の対応を協議する。衆院解散をめぐる駆け引きは激しさを増した。
-----------○-----------
16日解散を野田首相が決断 定数削減に自民応じる方針
http://jp.reuters.com/article/JPpolitics/idJPTYE8AD03720121114
 野田佳彦首相が特例公債法案、一票の格差是正と定数削減を今国会で処理できるなら16日に解散すると明言した。自民党はこれに応じる姿勢を示しており、16日に衆議院は解散され、12月16日にも投開票となる見通しだ。

-----------○-----------
野田首相「16日解散」宣言 自民・石破氏「定数削減などに協力」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00235377.html
自民党は14日午後、幹部らが党本部で対応を協議したが、石破幹事長は夕方、記者団に対し、「野田首相の姿勢を重く受け止め、定数削減などについて協力することに決定した」と述べた。
党首討論のあと、自民党の幹部の1人は、「野田首相が、まさか解散時期を明示するとは夢にも思わなかった」と述べる一方、「野田首相が解散の日付を明言したことは、もう取り消すことはできない」と、解散が現実のものになったとみている。

-----------○-----------
「16日解散」宣言 野田首相に近い近藤経産副大臣に聞きました。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00235378.html
野田首相は14日午後、党首討論の中で、自民党の安倍総裁に対して「次の通常国会で定数削減を必ずやると決断してもらえるなら、16日に衆議院を解散する」と表明しました。
野田首相に近い近藤洋介経済産業副大臣が、「スーパーニュース」に生出演しました。

(野田さんに大変近い立場として、きょう、16日に解散ということを明言するとご存じだった?)
いえ、予想外でした。正直驚きました。

« 集会の自由を保障しないのは国民主権を放棄したのと同義だ!?  | トップページ | カエルが妊娠の隠語とは知らなかった!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/47843091

この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞の総理解散宣言!?:

« 集会の自由を保障しないのは国民主権を放棄したのと同義だ!?  | トップページ | カエルが妊娠の隠語とは知らなかった!? »