2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 川島の腕が4本の合成写真に噛みつく、日本大使館は馬鹿か!? | トップページ | 10.9 1551年(天文20年)丹羽氏勝と丹羽氏秀の水利権争い事、 横山麓合戦 »

感謝される為にやっている訳でない。日本の海上保安庁の隊員を誇りに思う

第11管区海上保安本部(那覇)によると、沖縄本島の南東約150キロの海域を航行していた中国の貨物船から乗員64人を無事救出したと報告があった。

20日夜、第11管区海上保安本部(那覇)は、台湾当局を通じて沖縄本島の南東約150キロの海域を航行中のセントビンセント・グレナディーン船籍の大型貨物船「MING YANG〔明洋〕」(長さ144メートル、幅13.6メートル、1万2703トン)で火災が発生したとの通報を受け、航空機や巡視船艇「あわぐも」、「もとぶ」等を出動させた。

大型貨物船「MING YANG」は、中国人の乗組員64人で冷凍された貨物などを南米から中国に運んでいた。

21日、中国交通運輸部も火災の通報を受け、同日未明2時35分に救助船「東海救111」を派遣した。

21日2時半頃、巡視艇「あわぐも」が救命いかだに乗っていた21人を救助する。巡視艇「あわぐも」は付近にいたパナマ船籍の運搬船に乗員を一時移送した。

21日午前3時45分頃、巡視艇「あわぐも」は船首部分の甲板上に避難していた残りの43人も救助し、約3時間後に64人全員を巡視船「もとぶ」に移送した。

22日午前9時頃、中国の巡視艇「東海救111」が現場に到着し、火災貨物船の救援に当たる?

現在、11管が乗組員から火災の原因について事情を聴いている。

中国のネット上では、「命の意義は国境を超える」、「中国人乗組員を助けてくれた日本に感謝」など、日本の対応を称える声が多く寄せられているらしい。

第11管区海上保安庁のみなさん、ご苦労様でした。

困っている方を分け隔てなく助ける。

当たり前のことですが、それを実践するのは大変なことです。隊員の活躍は日本の誇りです。ありがとう。

<素朴な疑問ですが>

21日も尖閣諸島周辺の接続水域で中国の海洋監視船『海監』4隻が航行しています。沖縄本島の南東約150キロの海域と言えば、石垣から尖閣諸島の周辺に当たります。

海洋監視船『海監』4隻は何をしていたのか?

巡視艇「東海救111」は、乗務員は午前7時頃には64人全員を巡視船「もとぶ」に移送されているのですが、午前9時頃に何の救援を行ったのでしょうか?

些細な疑問で、どうでもいい事なのですが・・・。

<「中国外務省、船員救助に謝意表さず」は、それこそ、どうでもいいことだ!>

J-CASTニュースで、
>中国外務省の洪磊・副報道局長は、翌10月22日の定例会見で、
>「外務省は事態を重視しており、中国の駐福岡総領事館がすぐに体制を整え、日本側と協調して船の火災を消火するための措置をとった」
>などと「中国主導」を主張。日本側に謝意を表すかどうかについて問われても、
>「駐福岡総領事館を通じて緊密に意思疎通している」
>と、質問に正面から答えることはなかった。
と書かれていますが、謝意を求めるような書き方は、“浅ましい”と考えます。

『情けは人の為ならず』と言いますが、感謝される為に善事を行うものでありません。
人として、当たり前のことをするのが大切なのです。

確かに、道を譲るなどの善事に、相手が無視して通り過ぎると『むかっ』とすることもあるでしょう。
しかし、だからと言って、善事を行わないのはどうでしょうか。
または、無視して通り過ぎた方を引き留めて、「感謝しろ」と怒鳴り付けるのもどうでしょうか。
どちらも人として、『情けない行為』と思いませんか。

人は『恥』を知って、初めて人になると言いまして、恥を知らない人間を『恥知らず』と言い、未熟な者と老子は言っております。

また、孔子は「人に施しては慎んで念ふこと勿れ、施しを受けては慎んで忘るること勿れ。」と言っております。
(施しを受けたことは、決して忘れずにいなさい。人に施したことは、すぐに忘れなさい)

『孔子の国』を自称する国が、いつか赤面して「なんて恥ずかしいことをしてしまったのだろうか」と後悔する日が来ることを願いつつ。

何も自分から「感謝しろ!」なんて、恥ずかしいことを言って、自らを辱めることはないのです。

私達は日々、いつも通りにしていることが肝要です。

言っておきますが、悪事があれば、もちろん毅然とした態度が肝要です。況して、脅迫や恫喝に屈するなど以ての外です。

※(1)、セントビンセント・グレナディーン船籍:カリブ海の小アンティル諸島に位置する火山島のセントビンセント島と珊瑚礁のグレナディーン諸島から成る、イギリス連邦に加盟する英連邦王国の一国たる立憲君主制国家の船
----------------○----------------
中国人64人乗る貨物船が火災 中国、救助船を派遣
http://japanese.cri.cn/881/2012/10/22/144s199790.htm

中国交通運輸部は21日、沖縄本島南東の海上を航行していた中国の貨物船で同日未明に火災が発生したとの通報を受け、同日未明2時35分に救助船「東海救111」を派遣したと明らかにした。中国国営の「新華社通信」のウェブサイトが報じた。

 中国人の乗組員64人はすでに日本の第11管区海上保安本部(那覇市)に救助された。「東海救111」は22日午前9時ごろにも現場に到着し、火災貨物船の救援に当たる。

 火災があったのは貨物船「明洋(MINGYANG)」で、長さ144メートル、幅13.6メートル、1万2703トン。冷凍された貨物などを南米から中国に運んでいた。(編集KN)「人民網日本語版」より

----------------○----------------
中国人64人乗る貨物船が火災 中国、救助船を派遣
http://j.people.com.cn/94475/7985849.html
中国交通運輸部は21日、沖縄本島南東の海上を航行していた中国の貨物船で同日未明に火災が発生したとの通報を受け、同日未明2時35分に救助船「東海救111」を派遣したと明らかにした。中国国営の「新華社通信」のウェブサイトが報じた。

 中国人の乗組員64人はすでに日本の第11管区海上保安本部(那覇市)に救助された。「東海救111」は22日午前9時ごろにも現場に到着し、火災貨物船の救援に当たる。

 火災があったのは貨物船「明洋(MINGYANG)」で、長さ144メートル、幅13.6メートル、1万2703トン。冷凍された貨物などを南米から中国に運んでいた。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年10月22日
----------------○---------------
海保の中国人64人救出、中国のネット上に賞賛の声
http://j.people.com.cn/94473/7985861.html
共同通信は21日、「沖縄本島の南東約150キロの海域を航行していたセントビンセント・グレナディーン船籍の大型貨物船「明洋(MINGYANG)」(1万2703トン)で火災が発生し、海上保安庁の巡視船艇が同日、中国人乗組員64人全員を救助。うち3人がやけどなど軽症だった」と報道。日本の釣魚島(日本名・尖閣諸島)国有化をめぐり、中日関係が急速に冷え込む中の感動の救出劇となった。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が報じた。

 同救出劇に、中国のネット上では、「命の意義は国境を超える」、「中国人乗組員を助けてくれた日本に感謝」など、日本の対応を称える声が多く寄せられている。ただ、中日両国の関係がいつ修復に向かうかに関しては、両国の国民から楽観視する声は聞こえてこない。

 日本のネット上では同救出劇に対する賛否両論が寄せられている。中でも、朝日新聞(デジタル)は、ニュースの最後に「尖閣諸島周辺の接続水域では21日も、中国の海洋監視船『海監』4隻が航行している」と付け加えている。

 一方、毎日新聞は同日、「中国人観光客や乗組員計約2200人を乗せた上海からのクルーズ船『コスタ・ビクトリア』(イタリア船籍)が20日、熊本県八代市の八代港に寄港。観光客は花火大会などに参加した」ことを報道。「岸壁では歓迎セレモニーがあり、福島和敏市長や村田信一副知事が船長らに花束を贈った」ことや「地元の高校生が中国語で書いた『歓迎光臨』(ようこその意)の書が掲げられた」ことを伝えた。時事通信は同ニュースを伝える際、八代商工会議所の松木喜一会頭の「日中の雪解けの機会となればよい」との声を載せている。しかし、中国のネット上では同ニュースが論争の火種に。「中日の民間活動は継続して行われるべきだ」と考える人もいれば、「民間の活動は国家利益と共に進退すべきで、今は日本旅行をボイコットするべき時」との声もある。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年10月22日
----------------○----------------
大型貨物船火災、中国人64人を救助 沖縄沖
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK21006_R21C12A0000000/
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121021/dst12102110490002-n1.htm

2012.10.21 10:49
 沖縄本島の南東約150キロの海域を航行中のセントビンセント・グレナディーン船籍の大型貨物船「MING YANG」(1万2703トン)で火災が発生し、海上保安庁の巡視船艇が21日、中国人乗組員64人全員を救助した。うち3人がやけどなど軽症。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、船尾部分で煙を確認。午前2時半ごろに巡視艇「あわぐも」が救命いかだに乗っていた21人を救助、付近にいたパナマ船籍の運搬船に一時移送した。

 船首部分の甲板上に避難していた残りの43人も午前3時45分ごろに救助、約3時間後に64人全員を巡視船「もとぶ」に移送した。11管が乗組員から火災の原因について事情を聴いている。

 11管は20日夜、台湾当局を通じて外国船で火災が発生したとの通報を受け、航空機や巡視船艇を出動させていた。

----------------○----------------
中国外務省、船員救助に謝意表さず 環球時報は「雪解けムード」指摘
http://www.j-cast.com/2012/10/23151141.html
2012年10月23日(火)19時52分配信 J-CASTニュース

尖閣諸島をめぐって日中の外交関係の緊張状態が続くなか、沖縄県沖で火災を起こした中国の大型貨物船の乗組員を、日本の海上保安庁が救助した。だが、中国外務省は「中国の駐福岡総領事館が直ちに体制をとった」などと自画自賛。日本側への謝意はなかった。一方、中国のネット上では日本に対して好意的な反応もあるようで、「雪解け」の兆しを指摘する中国メディアもある。

中国外務省は「駐福岡総領事館がすぐに体制を整えた」と自画自賛

   沖縄本島の南東約150キロを航行していた大型貨物船「ミンヤン」が2012年10月20日夜に火災を起こし、連絡を受けた海上保安庁が巡視船2隻を派遣。10月21日朝までに乗組員64人全員を救助した。3人が軽傷を負った。

   だが、中国外務省の洪磊・副報道局長は、翌10月22日の定例会見で、

「外務省は事態を重視しており、中国の駐福岡総領事館がすぐに体制を整え、日本側と協調して船の火災を消火するための措置をとった」

などと「中国主導」を主張。日本側に謝意を表すかどうかについて問われても、

「駐福岡総領事館を通じて緊密に意思疎通している」

と、質問に正面から答えることはなかった。

   一連の事実関係については、「官営メディア」として知られる人民日報や新華社通信が、論評抜きで淡々と伝えている。

あの「環球時報」がネット上の感謝の声を紹介

   だが、普段は日本に対して非常に厳しい論調で知られる人民日報系の「環球時報」は、かなり違った伝え方をしている。同紙は東京発で、今回の救助劇を

「日中関係は『厳冬』だが、心温まるニュースが日本からやってきた」

と報じている。中国のネット上では、

「命の大切さは国境を越える」
「日本が中国の船員を助けたことに感謝する」

といった声があがっていると紹介した。

   ただし、記事では、

「日中関係は緊迫した状況が続いており、両国で楽観的な意見が出てくるには至っていない」

と、日中の厳しい現状についても伝えている。

   08年の四川大地震直後に日本が救援隊を派遣した際は、中国ではメディアも世論も日本への謝意を表したが、その時とは反応が異なっている。

« 川島の腕が4本の合成写真に噛みつく、日本大使館は馬鹿か!? | トップページ | 10.9 1551年(天文20年)丹羽氏勝と丹羽氏秀の水利権争い事、 横山麓合戦 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/47570747

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝される為にやっている訳でない。日本の海上保安庁の隊員を誇りに思う:

« 川島の腕が4本の合成写真に噛みつく、日本大使館は馬鹿か!? | トップページ | 10.9 1551年(天文20年)丹羽氏勝と丹羽氏秀の水利権争い事、 横山麓合戦 »