2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 年間1mSvで死ぬ人はいないが、毎時1mSvで大丈夫なのだろうか? 今更、発表というのも奇妙な感じだ。 | トップページ | 4人に1人「不可能」、放射能の除染はできるが、今やっていることは移染であって、除染ではない。 »

広域がれき処理反対! 広域がれきを焼却すると放射能値が上昇

福岡県北九州市で、ゴミ焼却から2日で空間線量上昇していると報じられている。

可能性は試験焼却のときから懸念されていた。

実際に報告されているのは、下の記事のみであるから断定はできないが、おそらく次の報告も掲載されてゆくのではないだろうか。

東京から北海道まで、もうすでに汚染されているので『低線量被爆』とどう付き合うかを考えなくてはならない。

名古屋から西は、汚染されていない地域として保全する必要がある。

しかし、北九州や大阪で“広域がれき焼却”が始まれば、『安全地帯』は消滅する。

日本全国を低線量放射能汚染にしたいのが環境省の望みなら、環境被害で国民を苦しめるのが『環境省のお仕事』と認識を改めねばならない。

環境省、それは国民を苦しめる為に存在する。

---------------○---------------
速報 がれき焼却の北九州市で0.58μSVを計測!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6627441.html

ゴミ焼却から2日で空間線量上昇?

福岡県北九州市で、0.58マイクロシーベルトという空間線量が検出された、とTwitter上で報告された。北九州市では西日本初となる震災がれきの焼却処分を17日から開始している。

>@yoshiega 反響が大き過ぎたので、削除しました。主観的コメントを外して写真だけ再ツイートします。見解の違いはご了承下さいRT“@akarikirakiraリンク先の写真が見られないようになっているのですが、これは妨害が起こってるんでしょうか?” pic.twitter.com/krCSOpDd

「驚異的な放射線量だ!」

問題のTweetはアカウント名「仁」さんが19日に書き込んだもの。同氏は直前から、空間線量の上昇を懸念しており、19日午前8時すぎ、下記の内容をTweetしている。

北九州市戸畑区の放射線量測定。2012.9.19.23時54分 コメント! かなりヤバイです。0.58マイクロシーベルトだエッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?驚異的な放射線量だ!今、放射能が宙を舞ってます。 証拠写真

証拠写真として添付された画像は、測定器が0.58マイクロシーベルトを示すもの。同数値をそのまま年間被ばく量に換算すると、約5ミリシーベルトにあたる。政府が除染の基準とする年間1ミリシーベルトの5倍だ。

測定された地域はゴミ処理工場近隣

北九州市では岩手県石巻市から運び込まれた震災がれきを今月17日から焼却処分している。同作業をおこなっているのは、小倉北区にある日明工場など、市内3か所にある焼却工場。

「仁」氏が空間線量を測定したとする戸畑区は小倉北区に隣接している。
---------------○---------------
北九州市でがれき焼却始まる=西日本初、最大6万2500トン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120917-00000043-jij-soci
時事通信 9月17日(月)13時4分配信
 西日本で初めてとなる東日本大震災のがれき焼却が17日、北九州市で始まった。宮城県石巻市のがれきを海上輸送し、北九州市内3カ所の焼却場で焼却する。同市は、2014年3月末までに、最大で6万2500トンのがれきを処理する方針。
 対象は、木くずを中心とした可燃物で、放射性セシウム濃度については、国より厳しい1キロ当たり100ベクレル以下に絞った。宮城県から週1回800トン程度をコンテナ船で輸送し、一般ごみとがれきを9対1の割合で混合して焼却。焼却灰は市内の最終処分場に埋め立てる。北九州市は周辺の放射線量や焼却灰の放射能濃度測定を定期的に行い、ホームページなどで公開する方針。 

---------------○---------------

« 年間1mSvで死ぬ人はいないが、毎時1mSvで大丈夫なのだろうか? 今更、発表というのも奇妙な感じだ。 | トップページ | 4人に1人「不可能」、放射能の除染はできるが、今やっていることは移染であって、除染ではない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

被災地ではほとんど瓦礫を引き受けてほしいとは思っていないようです。(ネットの情報だけによりますが)皆食の安全、安全な疎開地を守ってほしいと思うのに環境省や自治体は拡散しています。民意無視です。
 余談ですが埼玉でも熊谷で瓦礫等をコンクリートにしています。抗議の電話やメールでは決まって大多数の県民(市民)の賛同を得ていますとのこと。でも私の周囲では誰も知りませんでした。不思議なものです。ただ低線量被爆』とどう付き合うかを考えなくてはならないというご意見ごもっともだとお思いますがネットやらないあるいは情報収集をしないひとは楽観論です。1年後、数年後が恐ろしいです。

こんばんは、ショウさん

宮城県では、県議会で「広域がれき撤回」を議決していますが、環境省は無視しております。

また、南相馬市では、護岸の防波林の土砂に、がれきの使用を1年前から申請していますが、未だに検討されていません。

「広域がれき処理」は、環境省指導にのっとって、全国放射能拡散を目的として進行中という訳です。

一部では、福島のみ癌の発生率が上昇すると、将来の福島原発訴訟の証拠となる為に、全国の癌発症率を上げる為に放射能の拡散に躍起になっていると言われるくらい、国民の健康を害する機関が環境省なのです。

将来の福島原発訴訟の証拠となる為に、全国の癌発症率を上げる為に放射能の拡散に躍起になっていると

全くそのとおりです。挙句の果てに利権まで目論んでいます。
 大きく考えて瓦礫拡散及び焼却には2つ理由があると思います。一つ目は仰っていること。もう一つはやはりTPPへの布石だと思っています。受け売りですが事故直後食品の基準値を厳しくせず1年以上たって突然厳しくしたのは国民のためではないでしょう。放射能を全国にばら撒いて基準値以上、食の安全を脅かし民意を食品の輸入に頼ろうと誘導しようと官僚たちは考えているかと想像します。遺伝子組み換え食物は危険ですが原発同様、外資に乗っ取られた経団連が推進していますから。

日本は地獄になった


みーんな日本をでて政治家をつぶそうか。(笑)

日本に住んでいる人は頭がおかしいと思う。
はやく外国に引っ越しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/47192464

この記事へのトラックバック一覧です: 広域がれき処理反対! 広域がれきを焼却すると放射能値が上昇:

« 年間1mSvで死ぬ人はいないが、毎時1mSvで大丈夫なのだろうか? 今更、発表というのも奇妙な感じだ。 | トップページ | 4人に1人「不可能」、放射能の除染はできるが、今やっていることは移染であって、除染ではない。 »