2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 福島原発2号機と3号機の中間 2012年9月4日の黒煙白煙 | トップページ | 日本政府さん、「風評被害だ!?」と何故、叫ばないのですか? »

川崎市長 阿部孝夫 セシウム検出食材使用「危険知ることが大事」 ←子供で試す馬鹿は誰だ!

危険を知ることが大事!!!

これはまったく同意見だが、危険を知る為に『毒を飲んで臨死体験』を勧めるのはどうかと思う。

果物ナイフで人が切れるかどうか試すのに、わざわざ隣の子供を刺す必要がどこにあるのだろう。

子供達には安全な食材を提供して、大人が危険かどうかを試すなら筋の通った話だが、子供に勧める馬鹿はいない。

否、ここにいた。

川崎市民のみなさん、早くリコールしなくていいんですか?

【セシウム検出食材 給食使用】

市長「危険知ることが大事」

川崎市の小学校給食で、放射性セシウムを含むとわかった県産冷凍ミカンや山形県産リンゴ缶詰を使うことについて、阿部孝夫市長は四日の会見で「危険の中で生活していることを子どもたちが知ることが大事だ」と語り、教育的側面からの使用を強調した。

市の検査で、冷凍ミカンは一キログラムあたり9.1ベクレル、リンゴ缶詰は同1.6ベクレルの放射性セシウムを検出。市では、国の基準値(一キログラムあたり100ベクレル)を下回っていることから、冷凍ミカンは四月から給食で出しており、リンゴ缶詰は九月から使用。

横浜市や鎌倉市が冷凍ミカンの使用を見合わせていることへの質問に、阿部市長は「このレベルでビクビクする教育をすることが間違い」とし、「道路では車にぶつかる危険性があり、すれ違った赤の他人に指される可能性もある。だから人とすれ違うな、と教育しますか?」とも。

納得していない保護者もいるが「ビクビクしなさんな」と話した。

Photo

<馬鹿は尽きない>

大阪でも、大阪府茨城市の子供達に『福島の桃を食べさせる会』(大阪府茨木の小学5年6年生を福島へ連れて行ってその地域の大人たちを元気づけよう!)があって、中止に追い込まれましたが、私も中止にする為に騒いだ一人ですが・・・。

馬鹿は尽きません。

福島を助けるのは大いに賛成ですが、子供は巻き込まない。

むしろ、疎開させて上げたいですね。

---------------○---------------
セシウムが検出されても給食に使います」川崎市 阿部市長 (放射能メモ)
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-851.html

川崎市の小学校給食で、放射性セシウムを含むと分かった県産冷凍ミカンや山形県産リンゴ缶詰を使うことについて、阿部孝夫市長は4日の会見で「危険の中で生活していることを子どもたちが知ることが大事だ」と語り、教育的側面からの使用を強調した。

横浜市や鎌倉市が冷凍ミカンの使用を見合わせていることへの質問に、阿部市長は
「このレベルでビクビクする教育をすることが間違い」
「道路では車にぶつかる危険性があり、すれ違ったあかの他人に刺される可能性もある。だから人とすれ違うな、と教育しますか?」

道路で刃物を持ってうろついている人を見かけて、わざわざその横を通れ、と教育しますか?
あなたは、刃渡りが法律で規定している以下だから、銃刀法違反にならないので安心だ、と言っているのですよ。
危険を察知して、それを避けるように教育するのは、当たり前ではないですか?
市長は、市民の生命と財産を守るのが仕事のはずです。
それができないのなら、すぐにやめてください。

---------------○---------------
阿部孝夫川崎市長と渡辺直美川崎市教育長は人殺し! セシウム入りミカンみかんの給食提供をやめず!
http://blogs.yahoo.co.jp/warabidani3/15926071.html

学校給食に供されるミカンから9.1Bq/kgものセシウムが検出されていることが分かっているにも関わらず、川崎市は学校給食への提供を止めないとのことです。

給食のみかんの残飯が少ないことを以って、渡辺直美教育長が市民の「理解は得られている」としていますが、とんでもない話です。子供の生命と健康を守る考えなど、この人物にはありません。

また、こうした酷いことが起こっていながら、問題を放置している阿部孝夫川崎市長の責任も問われなくていけないはずはありません。がれき受け入れにも積極的であり、自治省(現・総務省)官僚出身の阿部市長は、もはや市民の敵であり、川崎市民はリコールも視野に入れるべきでしょう!

セシウムが含まれていることを知りながら、それでもあえて給食に出し続ける阿部・渡辺らは、まさに人殺しです!

---------------○---------------
放射能ゴミ誤解騒動、川崎市長「心外だ」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110420-OYT1T00065.htm
 東日本大震災で発生した災害廃棄物を受け入れる方針を示した川崎市に対し、「放射能に汚染されたゴミを持ってくるな」との誤解に基づく抗議が相次いでいる問題で、同市の阿部孝夫市長は19日の定例記者会見で、「非常に意外で、心外だ」と述べた。

 阿部市長は「説明不足もあったかも知れないが、汚染されたゴミを持ち込むことはあり得ない」と否定。また、福島県の廃棄物の運び込みを決めたのは市長の出身地のためだとの指摘があったとし、「偏見に満ちた意見で、ばかげた話。(受け入れ方針は)宮城県でもちゃんと言っている」と反論した。

 市に対するメールや電話は18日までに4770件。当初は抗議や反対の声が大半だったが、最近は賛同する意見も増えているという。市は国の調整を待って受け入れを

---------------○---------------
川崎市
http://www.city.kawasaki.jp/index.html
---------------○---------------
大阪茨木市の子供を、福島連れて行くプロジェクトを中止するも、懲りずにすぐさま福島現地視察の大学生を募集始め…ブログ炎上
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/156.html

« 福島原発2号機と3号機の中間 2012年9月4日の黒煙白煙 | トップページ | 日本政府さん、「風評被害だ!?」と何故、叫ばないのですか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

福島で子供にガンが見つかって大騒ぎしているのにこれらの自治体の首長は。あきれてものが言えません。するべきことは放射能対策であって食べて応援ではないでしょうに、しかも子供使ってまで。

子ども甲状腺検査で初めてがんの診断
9月11日 19時23分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120911/k10014948531000.html

福島及び東日本の未来は暗い。危機感持っている人は避難したいが本音でしょう。危機感のない従姉妹及び兄夫婦、子供のために、放射線測定器やマスク送ったり給食気をつけるようにとか言い続けて不安に思う自分がある意味馬鹿のようにも思えます。

ショウさん、こんにちは

>子ども甲状腺検査で初めてがんの診断

この結果に対して、福島医大は、「チェリノブイリの甲状腺がんの発症は4年後以降なので、今回の放射能との関連性はない」と言っていますね。

情報も使いようというのか?

空いた口が塞がらないというのか?

ドリフ風に言えば、「ダメだこりゃ!」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/47035635

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎市長 阿部孝夫 セシウム検出食材使用「危険知ることが大事」 ←子供で試す馬鹿は誰だ!:

« 福島原発2号機と3号機の中間 2012年9月4日の黒煙白煙 | トップページ | 日本政府さん、「風評被害だ!?」と何故、叫ばないのですか? »