2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 松下幸之助さんが泣いているな! | トップページ | 新米の季節です。憂鬱ですが、放射能のチェックは見逃せません »

「2030年代に原発稼働ゼロ」に自民が批判、でも? 岡田克也副総理が言うと怒りが込み上げてくる

経団連や日商の突き上げもあって、自民党は原発推進が原則である。

では、民主党は反原発かというとそうでない。

「2030年に原発稼働ゼロ」が「2030年≪代≫に原発稼働ゼロ」と≪代≫を付けて、無碍に2039年に原発稼働ゼロを目指すと延長している。

2039年といえば、まだ27年後であり、所謂(いわゆる)問題の棚上げ状態にされる。

現実的に言えば、48基の原発の内、動かせる物はすべて動かすという姿勢である。

つまり、民主党は原発現状維持派ということだ。

自民党は原発推進が原則としているが、安全の確保を第1とすると言っているので、当面の間は原発現状維持派ということになる。

自民と民主はコインの裏表で同じなのだ。

同じことを言っている民主党の副代表が自民を非難するのはどう考えてもおかしい。

非難したいなら、「今すぐ、原発稼働ゼロ」に変えるべきだ。

---------------○---------------
原発政策、自民は対案を=岡田副総理
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012091600201

 岡田克也副総理は16日、自民党総裁選の5候補が、「2030年代に原発稼働ゼロ」を目指すとした政府の新エネルギー政策は非現実的だと批判していることについて、「非現実(的)とするならば、どうするのかというところを個々の候補者も党としても出してもらいたい」と述べ、対案を示すよう求めた。三重県松阪市で記者団の質問に答えた。
 岡田氏は「そういうの(対案)がないまま批判されるのはいかがなものか。今日の事態、福島のことを含めて自民党にも大きな責任がある」と、同党の対応を批判した。(2012/09/16-19:17)
---------------○---------------

« 松下幸之助さんが泣いているな! | トップページ | 新米の季節です。憂鬱ですが、放射能のチェックは見逃せません »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

自民党の代表戦、すべて2世代議員でよく聞いてみると似たようなことを言っています。自民はもともとは消費税増税賛成派でさきの衆議院総選挙ではNOといった民主党が政権を奪取しました。ところが鳩山元首相が引責辞任し管氏、野田総理となって自民と全く変わらないどころか連立組んで増税を決めてしまいました。2大政党制は背後ではコントロールしやすいものの日本の民主はより自民党らしいとさえ言われるようになりました。
 今の民主も自民もやっていることはほとんど同じでどちらが何言ってもそれを言う資格があるのと思ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/47117327

この記事へのトラックバック一覧です: 「2030年代に原発稼働ゼロ」に自民が批判、でも? 岡田克也副総理が言うと怒りが込み上げてくる:

« 松下幸之助さんが泣いているな! | トップページ | 新米の季節です。憂鬱ですが、放射能のチェックは見逃せません »