2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 竹島、従軍慰安婦、解決できるの? | トップページ | 愛国無罪と無知無責任 »

「福島の人とは結婚しない方がいい」、嫌々、かわいい子なら結婚するよ!

池谷奉文会長の「福島の人とは結婚しない方がいい」という意見は、科学者、研究者とするならもっともな意見である。

しかし、人間的にはどうだろうか?

遺伝子の奇形が発生する確率が上がった。

これは間違いのない事実であり、嘘でも捏造でもない。

福島やその周辺に住む女性の方と結婚し、生まれる子供は奇形児である可能性が非常に高くなっている。

これは日本政府が隠している公然秘密で、受け入れるしかない事実なのです。

しかし、問題はどれくらい危険か判らない。

沖縄のウリミバエに放射線くらい危険な状態になっているとでも言うなら、これは人類史上の問題になり、もう人権という個人レベルの話ではありません。

一般に動物の放射線防御能力が高いことから、そこまでの危険性はないと私は信じております。

数世代経ってからもう一度検証することとして、問題は奇形児です。

はっきり言いましょう。

奇形は悪ではない。

軽いダウン症や指が6本、しっぽが生えているなんてことは、養育の苦労であって生死の問題にしてはいけない。

もちろん、生死の境目をどこで判断するかは難しい問題で、その親族と両親の判断を尊重します。育てる覚悟が両親になくては育児はできません。

しかし、池谷会長様、命の重みを簡単に決めないでもらいたい。

「福島の人とは結婚しない方がいい」

トンでもない。

私ならかわいい女の子ならじゃんじゃん結婚するし、子供だってバンバン作る。

大昔は近親相姦が当たり前で奇形児が生まれ易かった。

馬の世界では、『奇跡の配合』といってインブリットを多用している。

奇形児の中に『天才児』が生まれ易いからだ。

身体能力が人様の倍で、記憶力はIQ300を超える子供が生まれるかもしれい。

奇形は悪ではない。未来への進化系である。

危険が伴うというだけで、「福島の人とは結婚しない方がいい」なんて言わないほしい。

責めて、「奇形児が生まれる可能性が高いので、覚悟して下さい。」という言葉にして貰いたい。

-------------○-------------
【WLP】ライフサイエンス・テクノロジー - 不妊虫放飼法
http://www.youtube.com/watch?v=OxaNPVy1o1g

-------------○-------------
日本生態系協池谷会長 発言認める  「差別と思ってない」
http://www.minpo.jp/news/detail/201208303361

 日本生態系協会の池谷奉文会長(70)が東京で開かれた講演会で、東京電力福島第一原発事故を受け「福島の人とは結婚しない方がいい」などと不適切な発言をしたとされる問題で、池谷会長は29日、報道機関に対して講演記録の一部を公表した。記録には不適切とされた発言内容が含まれていた。ただ、池谷会長は「福島の人を差別するようなことは思っていない」と反論した。一方、講演会に参加した福島市議は同日、記者会見を開き、講演時の発言の撤回を求めることを明らかにした。
 池谷奉文会長が公表したのは東京で7月9日に開いた日本生態系協会主催の「日本をリードする議員のための政策塾」で、池谷会長が講話した冒頭と中盤の一部。
 文書には「福島ばかりじゃございませんで栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろう」「結婚をして子どもを産むとですね、奇形発生率がどーんと上がることになる」とある。
 協会によると、録音を書き起こした内容で、県内の各報道機関に送った。
 福島民報社の取材に対し、池谷会長は発言内容を認めた上で「福島の人を差別するようなことは思っていない」と反論。これまでの取材に一貫して「発言していない」としていたことについては「差別発言ではないという意味だ」と答えた。
 池谷会長は現職の獣医師。「政策塾」は平成15年から年一回ほどのペースで開き、今回が12回目。毎回80人から100人程度の地方議員や議員を目指す市民らが参加しているという。昨年は東日本大震災の影響で中止となり、今回が震災後初の講演だった。
 池谷会長は、ヨーロッパなどに毎年足を運び、チェルノブイリ原発事故が及ぼした影響なども調べているという。池谷会長は「原発事故が及ぼす影響がいかに危険かを伝えたかった」とし、「言葉の揚げ足取りではなく、今後もたらす重大な事態にどう対処すべきか、政治課題として為政者も措置を講じる必要がある」と説明した。
 一方、福島市役所で開かれた記者会見には研修会に出席した佐藤一好福島市議ら4人と粕谷悦功市議会議長、渡辺敏彦副議長らが出席。これまでの経緯を話した上で、池谷会長に対し、不適切な発言について撤回し、出席者全員に訂正文を送るよう求めることを明らかにした。30日に池谷会長宛で内容証明で文書を送付する。
 佐藤市議は「復興に向けて活動する県民に対して容認できない発言。公的な立場で話す方なら、誠意ある対応をしてもらえるはず」と述べた。
 池谷会長は発言の撤回要求に「文書を見て対応したい」と話している。
<池谷会長が公表した講演発言内容>(冒頭部分)
 それでは引き続きお疲れとは思いますが、しばらくご容赦ください。
 さきほどのチェルノブイリの話でございますけれども、放射能ってのは、怖いのは、人間は放射線には強いのでございまして、レントゲン写真を撮るじゃないですか、そんなことでそれほど放射線には、限度超えたのは具合が悪いのですが、かなり強いんです。本当の問題は後でございまして、日本は福島がそうですが、これからですね内部被ばく、これがどうしようもないんでございまして、これからの放射能雲が通った、だから福島ばかりじゃございませんで栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、だいたい2、3回通りましたよね、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろうと。結婚をして子どもを産むとですね、奇形発生率がどーんと上がることになっておりましてですね、たいへんなことになる訳でございまして。(以下略)
※日本生態系協会 平成4年に設立された公益財団法人。生態系を守り、持続可能なまちづくりを目指す専門家集団で、国内外の先進的な事例の研究成果を基に、提案活動、調査・研究、普及啓発などを主な活動としている。本部は東京都にあり、さいたま市やドイツ、アメリカに研究施設を持つ。職員は約100人、会員は一般市民や地方議員ら3万人がいるという。

■県内女性怒りの声
 池谷会長の発言に県内の主婦らは驚きと怒りの声を上げている。
 本宮市の妊娠中の主婦(33)は「信じられない。県民を侮辱している。福島で出産し、子育てをしようと思っているのに無用に不安をあおるような言葉は慎んでほしい」と憤る。
 福島市の女性(24)は「ショックだ。県外の人から間違った印象を持たれるのが一番怖い。差別する気がなかったとしても、福島の女性に対する悪いイメージを植え付けてしまうことにつながる」と不安そうに話した。
 結婚して子どもを産むと奇形発生率が上がるとした発言について、県放射線健康リスク管理アドバイザーを務める長崎大大学院の高村昇教授(放射線医療科学)は「科学的根拠がない。県民が心配する必要は全くない」と断言した。
 チェルノブイリ原発事故後の健康影響について国連科学委員会が昨年出した報告書でも、胎児への遺伝的な影響は科学的に認められないとしているという。
 原爆被爆者のデータも同様で、「事故当時に県内にいたという理由で出産や結婚を避けることはあり得ない」と述べた。
 今回の会長発言について、前後関係が分からず意図ははっきりしないとした上で「一般論では専門家が一般の人を対象に説明する場合、国際的、科学的にコンセンサスを得られた事項を基に話をするべきだ」とした。また、「長崎、広島の被爆者も根拠のないことで差別された。21世紀の現代に繰り返してはならない」と主張した。
 首都大学東京大学院の放射線科学域長を務める福士政広教授(放射線安全管理学)は「現在の放射線量は遺伝的な影響を及ぼすようなものではない。社会的な混乱を招くような発言で、非常に違和感を覚える」と話している。

( 2012/08/30 )

« 竹島、従軍慰安婦、解決できるの? | トップページ | 愛国無罪と無知無責任 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この人は、放射線医学の専門家ではありません。奇形発生率の上昇など、まともな専門家の報告(チエリノブイリの報告)でも、そのような事実はありません。広島、長崎も同様です。池谷奉文は科学者(獣医師を科学者とするなら)としては最低。多分、この人、まともな調査もしていないハズ。したがって、論文にも発表しないでしょう。(できない。)この人には、高田純著"世界の放射線被曝地調査”を是非読んでほしい。

電気石さん、こんにちは

池谷奉文氏が最低なのは同意見ですね。

直接的放射能の影響の研究成果と、疫学的放射能の影響の研究成果の論文がもっと発表されてほしいです。福島やその周辺の方々を私も心配していますが、根拠となるデーターが少なすぎで境界を決めれないでいます。

私がよく使うリスク管理というのは、現場でよく使った現場作業用語みたいなものです。
内在する危険性をどこまで容認するか?
また、事前にどこまで把握しておくかが重要です。
危険かどうか判らないものは、危険なものとして取り扱うことが味噌です。


私が総理なら30万~300万人規模で関西に移住させて、安全と思う方から帰宅を進めたいですね。
放射能がどこまで危険かまったくわかりませんから・・・

ただ、科学的に放射能物質は勝手に増えませんから、人工の山、『ピラピッド』のようなものに閉じ込めて隔離保管すれば、悪さを致しません。
事故当初より、福島第1周辺を買い上げて、鎮守の森『ピラミッド・セシウムの古墳』を作ることを提唱してきました。
100年後、人類が初の放射能を克服した象徴として観光資源になるかもしれません。

いい加減、『トイレのない』除染に終止符を打ってもらいたいです。
放射能を取り除けば、確実に安全な土地になるのは判っているのですから。
責めて、放射能のトイレを先に作りましょう。

福島が危険とか安全とか言っている前に。

「奇形発生率の上昇など、まともな専門家の報告(チエリノブイリの報告)でも、そのような事実はありません。広島、長崎も同様です。」

うーむ。以下を読んでほしいなぁ。
--
広島・長崎両都市において、排卵後第1三ヶ月期に子宮内被ばくした子ども達の小頭. の出現数・割合については、子宮吸収線量が 10mGy 未満の場合 310 人中 7 人(2.3%)、10~99mGy の場合 66 人中 3 人(4.6%)、▼

▲100~499mGyの場合67人中13人(19.4%)、500~999mGYの場合10人中6人、1000mGy以上の場合6人中5人であった。【UNSCER1993 P824・838・852(B033)】
--
妊産婦(胎児)・小児に対する放射線影響に関する主な知見の整理(案)
http://t.co/5BrZF94N (リンク先PDF)

行政上では、「原子爆弾小頭症手当」というもので救済が制度化されているようです。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1143681382334/index.html


以上、以下のやりとりより。

大阪大学サイバーメディアセンター教授 菊池誠センセイが被曝と奇形について自分でデータを調べたら何かが変わったぞ! - Togetter
http://togetter.com/li/214979

やりとり、というか、一人の方の情報提供ですが。相手方のキクチセンセイという方は、「科学的」という枕詞が大好きで、その筋では有名なお方らしいですよ。タカダセンセイはどうなのか知りません。まぁ、そんな方でも、

「奇形発生率の上昇など、まともな専門家の報告(チエリノブイリの報告)でも、そのような事実はありません。広島、長崎も同様です。」

というのは間違いであった、と認めざるを得なかった。先人の知見があるのですから、将来のリスクの為に参考にしたいところです。

科学に対する深い信仰さん、こんにちは

http://togetter.com/li/214979

で、._pon_がばんばっておられました。

私のブログを読んでもらっていれば、“リスクが上がる”と言っていることは判ると思います。

しかし、覚悟を決めれば、生きてゆくことに支障はありません。

ただ、私は覚悟も決めないウチに強制的に覚悟された方々がお気の毒でなりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/46876396

この記事へのトラックバック一覧です: 「福島の人とは結婚しない方がいい」、嫌々、かわいい子なら結婚するよ!:

« 竹島、従軍慰安婦、解決できるの? | トップページ | 愛国無罪と無知無責任 »