2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 足りないものは政府のやる気と覚悟だけ | トップページ | 竹島、従軍慰安婦、解決できるの? »

コラム 『廃墟の夢、日本の将来』

廃墟の夢をみました。

歴史好きの為でしょうか?

それとも猜疑心が強すぎるのでしょうか?

歴史には、表の顔と裏の顔があります。

裏の顔とは、その国にとって都合のよい歴史教育を施すことです。中国や韓国などが反日教育と反日歴史を学んでおり、大半の人はそれを信じているので『日本って、悪い奴らだ!』という認識を持っております。

しかし、ビジネスなどで日本人と接する彼は、昔のことは昔の事として、現在の利益を優先します。

ホンの少し前まで、日本の方が経済的に優位な立場でしたので遭えてその歴史観を表に出すこともなく、日本との関係は友好的に思っていた方が多いでしょう。

日本と友好、それは本当に表の顔なのです。

一度、火を噴けば、その憎悪は忽ち良心を焼き尽くして荒れ狂います。

一方、日本に都合の良い教育は自虐感を植え付けることであり、自尊心と勤勉さを損なわせることです。

アメリカのダグラス・マッカーサー元帥の日本支配は未だに続いております。

支配し続けていることを気づかせない当たりが実に巧妙であります。

本人も信じられないほど長期間に渡って効力をはっきしているのです。

しかし、そこで幸いなことが1つありました。

自国の歴史を学ぶに当たり、客観的な事象を解き集めるという習慣が生まれたことです。

自虐思想を植え付けられた学校教育ではありますが、歴史を客観的に見るという教育がなされました。客観的に見るという資質は、嘘や思い込みを刷り込んだ思想誘導(マインドコントロール)の支配を受けていません。自分で歴史を学ぼうとすれば、簡単に自虐思想を解くことができます。

地学的配置と建前だけですが自由な環境が戦後に日本の幸いしました。

軍事的な支配は事実上続いておりますが、精神的には自立できる環境でありました。

そんな心地よい長い夢も終わりに近づいているのでしょう。

廃墟の夢というのは、夢診断でいうと「ピークを過ぎること。虚しさ。 壊滅状態。大切なものが死に絶えていること」だそうです。

感傷的な気分ということです。

民主党の岡田副総理が「民主主義のツケ」と政権交代に伴い国民の借金を言っておりますが、こういうのを『泥棒に追い銭』、『盗人、猛々しい』というのでしょう。

・国内政治の失敗

・原発事故

・外交の失敗

法律に書かれているルールを完全に無視して、治外法権国家を作っております。

「決めれない政治」から「決める政治」と言っておりますが、「決める政治」ではなく、国民の声を聞かない政治、「無知の独裁」ではないでしょうか。

候補者A,B,C,Dのいずれに投票しても、政治に影響しない。

あるいは思惑と異なる政治をする。

民主党は反原発になるとか言っていますが、当選すると変わるのでしょうね。

自・公は原発推進ですか?

公明党は脱原発だったのに、原発0(ゼロ)はわずか4人しかいません。

橋下は口だけの男ですから、いつ趣旨返しが起こる変わりません。

橋下を支持する候補者は意志が薄弱な方が多く、橋下の主張をオウム返しにいう方が多いのです。大阪市議会議員の橋下党は、ザルです。

共産党は怖くて入れれません。

という訳で、候補者A,B,C,Dの誰も選択しても、自分の望みとは違う方向に進むようです。

廃墟の夢は、近い将来の日本の象徴です。

そうそう、もう1つ。

一番最近の心配ごとの1つは、福島の子供たちです。

甲状腺の肥大化した子供たちの追加調査はどうなったのでしょうか?

少なくとも組織的な追加調査はなされていません。

甲状腺の肥大化=癌の発症

ではありませんが、要注意事項であることに変わりはありません。

必要な器官ですから、安易に削除する訳にもいきません。

子供のいない世界に未来などないと思うのですが・・・。

また、対韓、対中の感情が異常に悪くなっているのも外交の失敗であり、このまま突き進むのではないかと危惧してしまいそうで怖い気がします。

歴史的に、内政に失敗した政権は、外部に敵を作りたがるのですよ。

例外なく。

※甲状腺ホルモン:主に代謝や自律神経をコントロールしています。

◆血中の甲状腺ホルモンが過剰
 ●脈が速くなる、動悸、息切、これに伴う心臓疾患や脳の疾患

 ●神経質になる、いらいらする、感情的になる、集中力低下

 ●精神的高揚、落ち込み

 ●手のふるえ

 ●暑い、汗を異常にかく

 ●下痢やトイレの回数増

 ●食べても食べても痩せる、食欲が異常にある(細胞がエネルギーを大量に必要とするため)

 ●筋力の低下

 ●疲れやすい

 ●肝臓の異常

 ●薄毛(毛髪成長サイクルが短くなるため)

◆血中の甲状腺ホルモンが不足
 ●脈が遅くなる

 ●精神的な落ち込み、抑鬱

 ●汗をかきにくい、寒い

 ●肝臓の異常

 ●便秘

 ●体重増加、むくみ

 ●皮膚のカサつき
 
 ●脱毛

甲状腺ホルモンは生きてゆく上では欠かせません。このホルモンがなくなると1~2カ月ぐらいしか生きられないといわれています。
ここを失うと、一生外部から甲状腺ホルモンを摂取しなければなりません。

« 足りないものは政府のやる気と覚悟だけ | トップページ | 竹島、従軍慰安婦、解決できるの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/46831089

この記事へのトラックバック一覧です: コラム 『廃墟の夢、日本の将来』:

« 足りないものは政府のやる気と覚悟だけ | トップページ | 竹島、従軍慰安婦、解決できるの? »