2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 野田首相、大飯原発再稼働に安全は担保できていると豪語、頭の中はお花畑だ! | トップページ | 見えぬ世界、思わぬ3党合意、その陰に進む様々な法案 »

放射能汚染の拡大中! 汚染マップはいつになったらできるのか?

放射能汚染は怖くない。

恐ろしいことは、自分が放射能汚染されていることに気が付ないことです。

正しく怖がれば、被害は最小限に抑えられる。

正しく把握すれば、排除することも可能です。

経済的かと言われる微妙なところなのですが・・・!?

私は大地の汚染を排除することは有意義だと考えています。

後々無駄な努力だったと笑われることは耐えられますが、手遅れになって失われて逝く命を見送るのは耐えられない。

だから、私は今できる最大のことをやっておくべきだと考えています。

<拡大する放射能汚染、阿武隈川(あぶくまがわ)と阿賀野川(あがのがわ)>

トーマス・D・ラッキー教授らの放射線ホルミシス(Radiation hormesis)効果により、放射線に対して人間の体は耐久性があることが判ってきた。

同時、ユーリ・バンダジェフスキー博士らの研究で、低線量放射能の内部被爆の実態が明らかになっている。つまり、少しの放射能であっても体内に取り入れると危険だということである。

つまり、内部被爆に気を付ければ、かなりの放射能汚染を防げる可能性があるということです。

福島第一原発事故により、大気中にはおよそ90京ベクレルという放射能物質がどこにいってしまったのでしょうか?

◆ETV特集 2012年06月10日 『ネットワークでつくる放射能汚染地図6』

 阿武隈川(あぶくまがわ)と阿賀野川(あがのがわ)の水質はほとんどがN.D.(検出限界以下)ですが、その川底の土壌は高い放射能で汚染されています。

 鮎の産卵場がある阿武隈川(あぶくまがわ)上流で、2000Bq/kgの放射能物質が、福島市内を流れる中流では38万Bq/kgを超える箇所もあります。

 また、阿賀野川(あがのがわ)の場合は、上流部で13000Bq/kgの箇所もあります。

 河川底において、放射能の濃縮が進んでいることが明らかです。

 つまり、川底の生物やそこに生える藻などを食する魚介類が同時に汚染されている可能性があるというです。

 そして、この数値は今後も高くなってゆくということが問題なのです。

<放射能マップを作る必要がある>

放射能は基本的に、勝手に消えたり無くなったりしません。逆に増殖しないということが救いです。

隔離した放射能の分だけ、確実の放射能が減ってゆきます。

また、福島第1原子力発電所の問題も解決しなければいけませんが、いずれにしろ、今自分がいるところがどれほどの放射能があり、自分達が食べているものの放射能がどれくらいかということを知らなければ、そこから逃れる術はありません。

元々線量が低かった会津坂下町の河川が汚染され、高いホットスポットが確認されたように、皇居周辺も決して低いとは言えません。いや、かなり危険です。

千代田区千代田(皇居)        77,547 Bq/kg
千代田区千代田(皇居桃華楽堂前)   84,611 Bq/kg
千代田区千代田(皇居乾門)      34,667 Bq/kg
千代田区千代田(皇居天守台石垣下)  49,393 Bq/kg

今のところ、部分的なマイクロスポットという感じではありますが、いずれ濃縮が進んでゆくことは間違いありません。

放射能物質は自然の作用と人為的な移動によって拡散を続け、1年前とはまったく異なるマップが生まれているのです。

去年の今頃が安全な場所が、今日も安全とは限らないのです。

汚染マップを常に更新してゆくことが重要であり、組織的にする為には政府の協力が欠かせないのですが、残念ながら真面な汚染マップを1枚も見たことがないのです。

ヘリコプターから撮影した空間線量は大きな目安にはなりますが、汚染マップの代わりにはなりません。

汚染マップとは、各町村単位、可能ならば畑一枚当たりの汚染状況を誰もが確認できるようにしたものです。

欧州放射能汚染の真実(上杉隆)を見ても判るように、今なお南ドイツの汚染により今なお当地の野生イノシシは食用できないのです。

今もなおです。
.Photo
26年経った今も、これだけの広範囲の地域が今も汚染されているのです。

あなたは、今年の汚染マップ(福島~関東)を見たことがありますか?

放射能汚染はまだ始まったばかりなのです。過去のことではなく、現在進行形なのです。

-----------○-----------
ネットワークでつくる放射能汚染地図6
<川で何がおきているのか
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0610.html

20120610 ネットワークでつくる放射能汚染地図6
http://www.dailymotion.com/video/xrg2gf_20120610-yyyyyyyyyyyyyyyyyy_news
-----------○-----------
南相馬市 大山こういちのブログ
http://mak55.exblog.jp/16023038/

東京都              Bq/kg
北区王子(飛鳥山公園)        10,704
北区西ケ原(北区防災センター)    36,523
北区西ケ原(印刷局前)        48,595
北区西ケ原(印刷局病院)       88,885
文京区向丘              47,808
文京区千石(千石駅前)        14,060
文京区本郷(東京大学)        60,581
文京区本郷(東大附属病院)      52,007
文京区本郷(安田講堂前)        4,306
千代田区九段北(北の丸公園靖国口)  25,159
千代田区北の丸公園
     東京国立近代美術館工芸館前) 91,790
千代田区千代田(皇居)        77,547
千代田区千代田(皇居桃華楽堂前)   84,611
千代田区千代田(皇居乾門)      34,667
千代田区千代田(皇居天守台石垣下)  49,393
港区新橋(新橋生涯学習センター前)  71,133
奥多摩町川野(山のふるさと村)    16,825

※週刊アエラ明日11日発売!

-----------○-----------
欧州放射能汚染の真実(上杉隆)
http://news-log.jp/?p=1128

« 野田首相、大飯原発再稼働に安全は担保できていると豪語、頭の中はお花畑だ! | トップページ | 見えぬ世界、思わぬ3党合意、その陰に進む様々な法案 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

放射能汚染のマップどころか東京でも見つかった黒い物質の存在自体知名度の低い媒体でしかとりあげていません。オリンピック招致(どう考えても不可能)、尖閣諸島購入で話題の石原都知事引きいる都政、汚染物質を焼却して汚染を拡大しているのにも関わらず東京での健康等の実態調査をしないことを決めているとか噂で耳にします。首都圏在住の身で人事みたいに言っているかもしれませんがあと一押しで口実をつけて政府、官僚等は首都移転をすると考えています。皇族の還御及び首都機能バックアップ、大企業の移転などの動きなど水面下では既に動いていますから。よほど画期的な除染技術ができてまた福一が世界中の叡智を集めて収束しないかぎり。少なくとも野田政権には100%無理でしょう。

連続投稿すみません。黒い物質に関してはTVでも一部取り上げてたようです。いい加減なことを投稿してすみません。

連続投稿ですがお許しください。管理人様がバンダジェフスキー博士のご講演に興味がおありとのコメントを以前いただきました。木下氏のブログで発売されるようです。

バンダジェフスキー博士日本最終講演のDVDが遅れています。
もう少しかかりますが、価格2000円程度でどの程度の方がほしいのか、事前に確認をしたいと思います。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927
メールをくださいとのことです、既にご存知かもしれませんが一応・

ショウさん、こんにちは

木下氏のブログはあとで確認させて頂き、買えそうなら買ってみるつもりです。

しかし、結局、日本のマスコミはユーリー・バンダジェフスキー氏の存在を無視しましたね。

ダライラマと一緒です。

中国は秘密主義と言ってきましたが、日本の方が今や秘密主義国家となってしまいました。
特高が復活すると、戦前に戻ります。
この60年が何だったのかと問いただしたくなります。

帝国オランダの商人は、英国と戦争時に英国に武器を売って、自国を敗戦に追い込みました。
金欲主義の成れの果てと思っております。
日本もよく似ており、自国民を売っても金儲けしたいようです。
中世ヨーロッパの商人は、悪魔と契約を結ぶと言われて嫌われておりましたが、日本の経済人は悪魔と契約して自国民を売って金儲けしているように思えます。

福島に、原発再稼働に、消費税とありえない政策ばかりが続いて嫌になっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/45613967

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能汚染の拡大中! 汚染マップはいつになったらできるのか?:

» 地震および津波に係る記載(その1:[注目]地震は環境放射能と砂鉄が多い地域で発生し易いのか?) [水徒然2]
 既報(その1、その2、その3-1、その3ー2)にて、今までの「地震および津波に係る投稿」を諸悪発生要因の考察とメカニズム仮説を提案することを目的として、大地震・大津波に係る要因、付随する現象を整理しました。  基本的には、既報の環境放射性物質が影響する諸悪...... [続きを読む]

» 環境水中の放射性元素の深さ方向の濃度分布に係る考察 [水徒然2]
2012-06-21投稿  既報の「海水中の元素の深さ方向の分布」の引用は海水など環境水中に流出した「放射性物質」の挙動を概ね推察する上で参考になると思われます。元素によってさまざまな分布を示していることがわかります。 (参考資料)・「海水中に存在する微量元素」...... [続きを読む]

« 野田首相、大飯原発再稼働に安全は担保できていると豪語、頭の中はお花畑だ! | トップページ | 見えぬ世界、思わぬ3党合意、その陰に進む様々な法案 »