2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 首相官邸前で15万人の大規模デモ、でも・・・野田首相には祭り太鼓 | トップページ | 311の福島第1原発事故は天災でなった。国会事故調 »

幼児の尿からセシウムが検出 どうか何も起こりませんように!

幼児の尿からセシウムが検出された。

測定したのは同位体研究所(横浜市)である。2022人の内、141人の尿からセシウムが検出された。ほとんどが10ベクレル以下だったが、最高17.5ベクレルをある。

忌々しき事態である。

今度の追跡調査も継続してもらいたいと思う。

<放射能数値が上がるのは普通>

ベラルーシ共和国の放射能汚染地図では、汚染数値がいきなり上がったりすることは普通に起きている。

原因は不明であるが、推測はできる。

1つは、河川・地下水の汚染限度を超えて、流れ着くか噴き出した場合

1つは、風邪の加減で高レベル地区の放射能汚染物が空気中を流れてきた場合

1つは、人為的な移動に伴う突発性の上昇である。

もう少し具体的に言えば、河川が大雨で洗い流されて、放射能汚染された堆積土砂が流されるなどした場合、突然、高レベルの放射能汚染地帯が生まれる。

今回、田村市常葉行政局は飯館村の南方10kmほどの所に位置する。

もし、福島第1原発で放射能漏れがあり、田村市にホットスポットとして降り注いだとしても何ら不思議なことのない地形である。

要は、東電が嘘を言っていなければ、避難の必要はない。計器の故障も示唆するべきだろう。

空間測量計が1つしかないということもないだろう。

すぐに複数の計器と福島第一原発に状況の確認を行ったのだろうか?

ニュースを見る限り、ツイッターなどで大騒ぎが起こった後に、「故障」という発表があったとしか読めない。

つまり、現地の監視員は緊張感が足りない。

もし、福島第1原発の4号基が倒壊したら、

もし、原因不明の火災は発生したら、

もし、内部で再び爆発が起こり、放射能が飛散したら、

事故が起こってから、そこに住む住民に到達する時間が生死を別けるかもしれないという緊張感が足りない。

終息宣言を出してのほほんとしているからこんなことが起きる。

事故は必ず起こる。

天災は必ずやってくる。

何が起こっても冷静に、最前の対処が行える。そんな心構えだけは無くさないで貰いたい。

さて、今回の事象、『故障』と須らく決めつける前に様々な原因を検討して貰いたいものだ。

故障なら笑えるが、マイクロスポットなら笑えない。

--------------○--------------
141人の尿からセシウム 福島の乳幼児2千人測定
http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012063001000701.html
 福島県内に住む0~7歳の乳幼児2022人の尿を民間の分析機関「同位体研究所」(横浜市)が測定した結果、141人から放射性セシウムが検出されたことが30日、分かった。うち3人が尿1キログラム当たり10ベクレルを超え、最高は4歳男児の17・5ベクレル。残る138人は10ベクレル以下で最低は0・1ベクレルだった。専門家は、東京電力福島第1原発事故の影響で体内に取り込まれた可能性があると指摘した上で「人体に影響があるレベルではないが、どのような経路で取り込まれたのか調べる必要がある」と話している。10ベクレルを超えた3人はいずれも自家栽培の野菜を食べていたという。

無料内部被曝検査の検体
http://www.isotope-test.com/

--------------○--------------
「福島県で線量急上昇」で大騒ぎ 故障判明も政府対応に非難の声
http://www.j-cast.com/2012/06/30137682.html

「福島第一原発から約35キロ離れた福島県田村市内で、毎時67マイクロシーベルトの高い空間放射線量を計測」――文部科学省のサイトに2012年6月28日、そんな異常な数値が掲載され、ネットを中心にちょっとした騒動となった。

   原子力災害現地対策本部が29日、計測機器の故障が原因と発表したことで事態は収束に向かったが、その間には武田邦彦・中部大学教授などが避難を呼びかけ、また民主党議員が文科省に調査を要請する一幕もあった。

武田教授「福島4号機からの漏洩では…」

   問題となったのは、文部科学省が福島県各地に設置している可搬型モニタリングポストの測定結果だ。このうち田村市常葉行政局に設置された機器の測定値が28日夕方ごろから急に上昇、乱高下を繰り返しつつも、夜7時30分前後には毎時66.983マイクロシーベルト、年間被曝量に換算すれば600ミリシーベルト近い数字を記録した。ちなみに政府では年間50ミリシーベルトを超える地域を「帰還困難区域」としている。

   この数字は文部科学省のサイト上で随時公開されており、特に原発問題に対して積極的に発言している武田邦彦教授が29日朝、自身のサイトに「緊急情報」と称して掲載したことで広く拡散した。武田教授は、福島第1原発4号機から漏洩した放射性物質が原因では、と主張し、

「田村市は避難する必要があり、郡山市は避難準備に入らなければならない。また風向きが変わる可能性があるので、福島県を中心に警戒が必要である」

と呼びかけた。

民主党の参議院議員も反応

   こうした事態にツイッターでは、

「みなさん、ヤバいです。次の情報を待ちましょう」
「テレビ何にも報道してないですが、どうなってるんでしょうか?」
「関東の人、今日明日は窓開けない方が良さそうだね」

とおびえる声が相次いだ。民主党の谷岡郁子・参院議員も「文科省に電話して何が起きているのか調べるよう要請しました」とつぶやくなど、騒動は政界にも及んだ。一方で、付近に設置された他のモニタリングポストの数値がいずれも平常通りだったことから、測定機器のトラブルを疑う声も早くから見られた。

   そして上述のとおり、結論は「故障」。田村市職員による現地調査でも、平常並みの数値が確認されたという。武田教授も「警戒解除できます」「まずは安心してください」とサイト上で告知した。と同時に、高い測定値を確認していながら政府が警戒などを呼びかけなかったことを、

「もし、危険レベルの測定値がでても警報を出さないなら、測定をしないのと同じです。被曝してから通報では何のために国民は税金を払い、国家や自治体に人を雇い、防災体制をしいているのかわかりません」
「谷岡先生のご調査がなければ国民は判断すらできなかった。恐怖政治!!」

と改めて非難していた。

--------------○--------------

« 首相官邸前で15万人の大規模デモ、でも・・・野田首相には祭り太鼓 | トップページ | 311の福島第1原発事故は天災でなった。国会事故調 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って
http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI
個人的には一見の価値ありと思います。子供を大事にしない国は滅びます。

ショウさん、こんにちは

>真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って

見せて頂きました。以前見たその他の映像などが多く含まれています。
私も多くの計算をしましたが、放射能拡散を無視した場合、日本人が放射能被害を受ける総数などもやっております。
約3000万人
4人に1人が放射能被害を受けるという結果になりました。
しかし、均等に拡散する訳ではありませんから、その計算に意味はありません。
また、心臓疾患などの病気や鬱病のような病気が放射能被害が原因であっても、放射能被害と認定されることはありません。
あくまで最悪の場合の数字ですし・・・。

この中でもチェリノブイリに被害が900万人と言っていますが、公式には100人以下です。
潜在的被害者という認識が生まれる必要があります。

ベラルーシだったか、ウクライナにいった調査団が、避難地域を拡大したことが経済的負担を大きくして失敗したと学んだと聞きます。
おそらく、これを参考にして、官僚が避難地域を拡大することに否定的だと思われます。

その考え方を理解できても、それならば、住民の健康チェックを怠らないことが重要になりますが、それを無視しております。
チェリノブイリを学んだことが、被害を拡大している。
ご都合主義で、政府にとって都合のいい部分だけを繋ぎ合わせているだけで、被害者は出ない。出ない予定だから調査もしない。酷い状況であります。

さて、さて、どうすれば少しはマシになるのでしょうか?
被害が出てからでは、遅すぎると思うのですが・・・。

私はまず福島県、東京都をはじめとする知事をリコールするべきだと思います。あとガレキ受け入れを行う埼玉、群馬、大阪、静岡などの首長も。福島県では検査をしても治療はしないと公言しているも同様です。東京では高濃度の黒い物質、対処の必要なしを決めています。福島からも他の地域からも風で飛んでいく可能性も考慮しないのです。
 あと野田政権と官僚どうにかしないといけません。先日の福一4号機プール冷却停止。現時点では応急処置で冷却していますがまったくTVでは報道されていません。第一予備を含めた2つの冷却システムを起動させるための電源は、同じUPS(無停電電源装置)から取っていたとか。予備の意味がありません。
 既に幾つかのサイトでは福島はおろか東日本からの避難を勧めているところが増え始めています。
致命的な結果が出たときTVやラジオでは昨年の事故直後同様大丈夫ですといい続け特権階級は逃げ出すでしょう。私もできれば逃げたいのですが家族は楽観派。TVだけの情報源だとこうなるのでしょうけど。さすがに一人だけ逃げるわけにもいかずヨウ素剤や自宅待機用の備蓄、マスク、緊急避難用の準備をしていますが多分駄目だと思っています。ストレスだけが溜まっています。(愚痴をすみません。)

ショウさん、おはようございます。

逃げ出すと言えば、急に沸いた首都移転議論ですね。
遷都、皇居移転の話が去年の6月ににわかに沸きました。
火のないところに煙は立たない。

霞が関の連中は危険と判れば、やるでしょうね。

しかし、近畿も危険度はあまり変わりません。
運がいまのところいいだけです。
福井で直下型地震が起これば、福島以上に危険です。

もう十数年以上も立てば、感覚的には慣れていますが、高々人生80年。80年間、地震がなかったから起こらないという方々と話すのは疲れます。
地球規模の運動を、自分の人生と比較しないで下さい。

喉元過ぎれば熱さ忘れる。

阪神大震災クラスを経験しても、もう1度経験するかもと思えないのでしょうか?
大震災は一生に一度と決まっているのなら助かります。

その理論なら、近畿も東北もしばらく来ないことになりますから・・・
楽観論の方は多いですね。

まぁ、何度も言っていますが、放射能は太刀の悪い宝くじです。
1枚でも当たる人は当たりますし、
300万円分を購入しても当たらない人は当たらない。

当たると心配するより、俺の家族だけは当たらないと信じる方がいいと思います。
信じることに根拠はいりませんから。

人を説得するときは、根拠がいるのでちゃんと論理立てします。
はっきりとした危険を訴えられないのは、放射能の研究が始まったばかりの分野の為です。
放射能の影響は5~30年くらいのスパンで研究しなければなりません。遺伝子への影響では、100年以上も掛るのは間違いありません。
キュリーの時代からまだ100年です。

放射能を語るには、人類は若すぎるのです。
問題は、判らないことを安全だという不貞の輩が幅を利かせていることなのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/46041664

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児の尿からセシウムが検出 どうか何も起こりませんように!:

» 土砂災害に係る記載(提案:洪水と渇水対策に中規模水力発電ダム増設を) [水徒然2]
?12-07-03投稿   わが国では季節はずれの大型台風、昨近の九州北部の大量梅雨によって土砂災害が頻発しています。   翻ってみれば、 年初から異常気象、中規模地震など天変地異現象が続いています。 花見も中途半端に終わった短い春。 5月初旬にしては珍しい異...... [続きを読む]

« 首相官邸前で15万人の大規模デモ、でも・・・野田首相には祭り太鼓 | トップページ | 311の福島第1原発事故は天災でなった。国会事故調 »