2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 経済素人、日銀・白川総裁 「歴史にしたがえば、膨大な通貨供給はインフレになる」 | トップページ | 尿6ベクレルの放射能で15年後に膀胱ガンになる »

アブラハム・ペトカウの実験と中川恵一や稲 恭宏の世界

中川恵一氏が反対派を「ノイジー・マイノリティー」と非難しております。

中川氏はブログ“team nakagawa”を書いていたホルミシス派の方ですが、自分の主張が通らないことをノイジー・マイノリティーというのは酷い話です。

反対派だって、政府の強引な進め方に主権無視をされて頭にきています。

残念ながら、『中川恵一や稲 恭宏の世界』は、私を安心させるまでの研究成果を発表しておりません。

内部被ばくが問題になっているのですから、内部被ばく実験データーを公表して貰えれば、典型定期な反原発主義者以外は旗を降ろします。

否、福島が安全と判れば、復興に力を全力投入できます。

必要なものは『ユーリ・バンダジェフスキーの実験』・『ペトカウの実験』・『肥田舜太郎医師の実体験』を否定する実証データーです。

中川恵一や稲 恭宏もそれらしいことを言っているのですが、本当に日本で、福島で被爆者ができないのでしょうか?

ぬまゆブログで語られていることなどは、すべて虚偽、精神的な障害だと言い切れるのでしょうか?

福島の子供達に甲状腺がんの報告はありませんが、肥大化の報告が上がっているようです。

ここから本当に甲状腺ガンにならないという確証を示さない限り、『中川恵一や稲 恭宏の世界』はファンタジーと同じなのです。

ファンタジーの世界であれば、私としては嬉しいのですが・・・

【ペトカウの実験】
・細胞膜を破壊するのに、照射が長ければ長いほど、細胞に障害を与えるのに必要な線量はより少量でよい。

【ホルミシス効果】
・日本人は甲状腺がんの心配皆無?

・チェルノブイリの方が比べようも無く酷い?

・放射線は体にいい。月100mSvまで大丈夫?

.<安全と言われて信じる馬鹿はいない>

稲 恭宏氏が言っているように、チェリノブイリより日本人の甲状腺ガンやその他のリスクが食事よる抑制の可能性は本当のことである。

聖フランシスコ病院の秋月辰一医師の体験にもあるように、“玄米と味噌汁”が放射能の影響を抑制した可能性がある。

海産物が豊富な日本では、ヨウ素が潤沢にある環境の為に、放射性ヨウ素131の吸収が最小限に抑制された可能性がある。

また、東北は自然食品が豊富な地域であり、その他のミネラルなども不足することが少ない。

その可能性から放射能被爆者の被爆率が抑制される可能性は高い・・・・・・が、それをどこで証明するつもりなのだろうか?

動物実験も十分でない分野において、人体実験を終えている訳がない。

私もそう言ったデーターを信じたい方なのだが、信じられない人々がその地域を逃げ出す権利を奪うのはどうだろうか?

ソビエトみたいに強制移住を強行するのはお国柄としてふさわしくないが、集団で疎開する権利を奪っているのは非人道的行為だ。

もし、ホルミシス派が主張する『放射能は安全だ』という理論に間違いがあった場合に誰が責任を取り、失われた命、奪われた健康をどう取り戻すつもりなのだろうか?

被害が出てからでは取り返しが付かないのだ。

説明を尽くした上で、それでも危険だと思う住民を集団で疎開させ、状況を観察する補償は、事故を起こした東電か、それを促進してきた政府が負うべき義務である。

予算とか、理論的に安全だとかは別の問題である。

原子力発電所で事故を起こした時点で、それは当然の義務である。

その義務を果たさないで、強制的に「放射能は安全だ」と国民に放射能摂取を義務付けるのは傲慢な行為である。

安全化どうか判明するまで約5年、残り4年。

見定めるのはそれからでいいのではないだろうか?

水俣しかり、尼崎公害しかり、薬害エイズしかり、アスベストしかり、

国は安全だと言って、国民が被害を受けなかったなどという歴史は存在しない。

放射能が安全かどうか?

それを見定めるまで、国民がYESと言える訳もない。

それが何故、ホルミシス派には理解できないのだろうか?

※ノイジー・マイノリティー:「うるさい」・「騒々しい」といった旨が語源であり、主張に理論的ないし道義的裏付けが乏しく「声の大きさ」に任せて騒ぐだけの少数者を指し、批判的な意味合いが強い。

その過激かつ積極的な姿勢のため、実際には少数派であるにもかかわらず、穏健かつ消極的な多数派よりも目立つ傾向がある。実質的にクレーマーと同等の意味合いを持つ。

----------------○----------------
政治のド素人・中川恵一が、がれき広域処理反対派を「ノイジーマイノリティ」と否定するバカバカしさ
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65802050.html
=====
『この8000ベクレルという放射能レベルが高すぎると主張する「ノイジー・マイノリティ」の声を受けてがれき受け入れを拒否する自治体が少なくありませ ん。例えば札幌市は「安全の確証がえられる状況にない」として受け入れを拒否しています。徳島県も県内で前向きな自治体はないと国に伝え、「国からの説明 が届いていない」と批判しています。
=====

----------------○----------------
アブラハム・ペトカウの実験 1971~1972年
http://ameblo.jp/annojoker/entry-10971071467.html
http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20110621/1308653465

細胞膜における放射線の作用の研究をしていたカナダのペトカウ博士は、少量の放射性Na22を、新鮮な牛の脳から抽出した脂質膜モデルを含む水に加えた。細胞膜はきっかり1ラド(吸収線量単位)の長時間照射で破裂してしまった。対照的なことであるがペトカウ博士はそれ以前、Ⅹ線を数分間照射し、細胞膜を破壊するのに3500ラドを要することを発見していた。彼は、照射が長ければ長いほど、細胞に障害を与えるのに必要な線量はより少量でよいのだと結論した。更に数回の実験をして、彼は低線量放射線のこの驚くべき効果の理由を発見した。放射線照射というのは電子の開放であり、開放された電子は水中に分解している酸素に捕らえられ、フリーラジカル(遊離基)と呼ばれる有害な陰イオンになる。陰性に荷電したフリーラジカル分子は、電気的に分極している細胞膜に引きつけられる。…膜が障害を受け内容が漏れでた細胞は、その障害を修復できなければ間もなく死ぬ。もしフリーラジカルが細胞核の遺伝物質の近くで形成されると、障害を受けた細胞は突然変異を起こし、生きのびるかもしれない。…ペトカウは、フリーラジカル生成によって起こる細胞障害は、吸収エネルギー単位でみると、高線量放射線の方が、低線量の場合より少ないことを発見した。

「死にいたる虚構」
方法論の補遺/ペトカウ現象 P152

ペトカウの実験

 放射線の人体に対する影響の医学的な解明を阻んでいた壁の一つは、放射線に対する細胞膜の強大な障壁だった。アブラハム•ペトカウは一九七二年、マニトバにあるカナダ原子力委員会のホワイトシェル研究所で全くの偶然から、ノーベル賞に匹敵する次のような大発見をした。すなわち、「液体の中に置かれた細胞は、高線量放射線による頻回の反復放射よりも、低戦量放射線を長時間、放射することによって容易に細胞膜を破壊することができる」ことを実験で確かめたのである。

 ペトカウは牛の脳から抽出した燐脂質でつくった細胞膜モデルに放射線を照射して、どのくらいの線量で膜を破壊できるかの実験をしていた。エックス線の大装置から一五•六シーベルト/分(許容線量は一ミリシーベルト/年)の放射線を五十八時間、全量三五シーベルトを照射してようやく細胞膜を破壊することができた。

 ところが実験を繰り返すうち、誤って試験材料を少量の放射性ナトリウム22が混じった水の中に落としてしまった。燐脂質の膜は〇•〇〇〇〇一シーベルト/分の放射線をうけ、全量〇•〇〇七シーベルトを十二分被ばくして破壊されてしまった。彼は何度も同じ実験を繰り返してその都度、同じ結果を得た。そして、放射時間を長く延ばせば延ばすほど、細胞膜破壊に必要な放射線量が少なくて済むことを確かめた。こうして、「長時間、低線量放射線を照射する方が、高線量を瞬間放射するよりたやすく細胞膜を破壊する」ことが、確かな根拠を持って証明されたのである。これが、これまでの考えを一八〇度転換させた「ペトカウ効果」と呼ばれる学説である。

----------------○----------------
福島原発事故の医学的科学的真実と題した、 稲 恭宏博士 緊急特別講演 (いすけ屋の戯言)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/123.html

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演
1/6
http://www.youtube.com/watch?v=UlXKd7n7XRs
2/6
http://www.youtube.com/watch?v=Jk7wng4N8JA
3/6
http://www.youtube.com/watch?v=SwOCIhTIG44
4/6
http://www.youtube.com/watch?v=jhOe9N9zACk
5/6
http://www.youtube.com/watch?v=YAZ5xsuw9X0
6/6
http://www.youtube.com/watch?v=YZw5bAodqvs

 稲 恭宏博士 ( 東京大学 医学博士 で 「 低線量率放射線療法 」 発見・確立者 )は、世界で初めて、人種、性別、年齢に関係なく、これまで治療不可能と言われてきた多くの難病を含む様々な疾患を副作用なく顕著に改善し、全身の諸機能と外見を若返らせ、健康寿命を著しく延長させる 『 低線量率放射線療法 』 の発見・確立者である。 国連科学委員会 や IAEA ( 国際原子力機関 ) などの世界最高権威の学術委員会の博士らが賞賛する世界トップの革命医学者。サムライ医学者。 『 低線量率放射線療法 』 は、医療、エネルギー、地球再生、核兵器廃絶のラスト・ホープ ( 最後の切り札 ) とされている。

 詳しくはYouTubeをご覧いただきたいが、一言で結論を言えば、「福島原発からの放射能は全く問題がない」ということだ。医学的にはかえって健康になるという。野菜の出荷を制限したり、原乳を止めたり、赤ん坊に水道水を飲ませてはいけないとか、全て間違いである。更に、日本は海洋国家であり、わかめ、昆布、ひじきや魚類は普段から食しているので、ヨウ素は十分にあり、甲状腺に蓄積されると言う事はない。大陸人はヨウ素が不足しており、ガンの要因になる事があるが。

 チェルノブイリは福島原発の1億倍であり、広島は1京2千億倍で桁がちがう。世界はチェルノブイリを規準に見ている。世界も日本の政府も原子力学者も、「線量」と「線量率」について理解していない。線量とは、例えば毎日8グラムの塩を100日摂取すれば800グラムの塩を摂取した事になり、これが「線量率」、一度に800グラム摂取したのが「線量」である。この毎日8グラムの摂取はむしろ体に必要で、害にもならないが、一度に取れば大変である。放射線も同様で、低線量率ならば逆に医療に非常に効果がある事がわかっている。

 誤った考え方の一つは、「放射線はゼロで無ければならない」ということだ。人間自らでも常に数千ベクレル/秒のβ線を骨から出している。自然界からも年間1200マイクロシーベルトの放射線をあびている。これは関東より関西の方が2倍高い。

 とまあ、このような安全宣言が各所にでてくる。とにかく見てもらいたい。そして不勉強マスコミの風評に騙されてはならない。反原発の材料にされているから。

【まとめ】
世界平均の数十倍〜百倍の高自然放射線地域の住人は癌が少なく健康で長寿。
塩を一度に大量摂取すると危ない様に、放射線を一度に大量に浴びると危ないが、福島レベルなら健康に良い。
福島の魚、野菜、穀物、乳製品、水道水、何の問題もない。
日本人は普段から海産物を食べてヨウ素が足りてるので、放射性ヨウ素を摂取してもほとんど吸収されない。
基準値は参考になるデータがチェルノブイリ、広島、長崎くらいしかないため、いい加減。科学的根拠は皆無。
妊婦が低線量率放射線療法を受けると、とっても頭のいい、体格のいい赤ちゃんが産まれる。
樹齢1200年の芽が出ない桜を宇宙ステーションに持っていってたら放射線のおかげで芽が出た。
福島原発の敷地内にそのままの服装で入っても問題ない。逆に体の疲れが取れて元気になる。
震災で体調不良で死ぬ二次災害が少ないのは、放射線のおかげで元気になってるため。

----------------○----------------
稲 恭宏博士
http://yasuhiro-ina-dmsc.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E6%81%AD%E5%AE%8F

<<  放射線医学研究者より御忠告により

【早稲田二部人文学部卒は存在いたしません。以下に引用は2012年に書かれていたものであり、事故直後の荒らし投稿者によるものらしいのです。現在のものと見比べて見て下さい。放射線医学研究者様、ご忠告ありがとうございますます】

1967年、栃木県生まれ。
 早稲田二部人文学部卒 ←<<主にここ!)
東京大学大学院医学系研究科病因・病理学/免疫学専攻博士課程を修了し、東京大学から博士(医学)の学位授与[5][6]。
 
1998年 - 2001年、東京大学医科学研究所客員研究員。
2000年、一般財団法人稲恭宏博士記念低線量率放射線医科学研究開発機構理事長就任。
2002年 - 2004年、財団法人電力中央研究所低線量放射線研究センター(現・放射線安全研究センター)において放射線・放射能の強度と経過時間・年数における生体影響の安全域と危険域について医科学研究指導[要出典]。
2009年、健康長寿のための日本全国健康長寿応援団を立ち上げ

稲によると『これらの報告は、高線量率放射線または高線量率放射線を放出する放射性物質を用いた場合の報告であり、低線量率放射線域においてはこのような現象は認められていないか、認められるとの報告があっても組織・臓器・全身における医学的諸機能については認められていない上、低線量率域においては Whole Body(全身レベル)で野生型及び変異型(各種疾患モデル)の各系統マウスなどの実験動物のみでなく、人間においても同様に全身の医科学的諸機能が活性化・正常化して各種病態が改善され、健康寿命が延長される』と主張している。

低線量率放射線療法の知見を得るための医学研究は、他の医学研究と同様、まず、野生型及び変異型(各種疾患モデル)の各系統マウスに、数秒間、数分間、数時間、数日間、数週間、数か月間、一生涯に亘る、遺伝子、生体分子、細胞、生化学反応、組織、脳・中枢神経系、深部・末梢神経系、代謝系、筋・骨格系、臓器、全身レベルでの免疫学的及び生理学的実験医学研究まで、放射線を外部照射(外部被曝)、内部(体内)照射(内部被曝)することから始められている。

なお、稲の低線量率放射線療法や低線量率放射線効果に関する研究や発言に対しては、「放射線の生物影響に関する“閾値なし直線(線形非閾値モデル:LNTモデル)仮説”」が自然放射線レベルの極低線量率域においてまでも成立するとする考え方(放射線はほんの僅かでも存在すれば遺伝子を傷付け発がん作用があるなどの害以外の何物でもないとする1920年代からの旧来の仮説)によって、種々の根強い否定は続いている。
----------------○----------------
放射線ホルミシス効果
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%82%B9
老化抑制効果
がん抑制効果
生体防御機構の活性化
遺伝子損傷修復機構の活性化
原爆被災者の疾学調査
----------------○----------------
放射線医が語る被ばくと発がんの真実
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51883789.html

強制移住によってコミュニティーが崩壊し、新たな生活に適応できない人々の間で、精神的なストレスによる疾患が急増したのだ。そして、主にヨーロッパのメディアから流される科学的根拠の乏しい、放射能による恐怖を煽る報道により、住民の多くが不安に苛まわれ、うつ病などを発症していった。皮肉なことに、放射線の知識が全くなく、放射能汚染された地域に住み続けた広島市民は世界一の長寿になり、そのような広島の知識に基づき、メディアが過剰な反応をした旧ソビエトの人々は精神疾患で大きく平均寿命を縮めたのだ。

無知、あるいは危険を煽ることで生計を立てているジャーナリストや一部の研究者らの無責任な言葉の数々が、チェルノブイリの住民を殺したのである。我々は福島で同じ過ちを繰り返してはいけない。
----------------○----------------
ペトカウ効果
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%A6%E5%8A%B9%E6%9E%9C

----------------○----------------
被曝医師・肥田舜太郎さんが語る『真実の原子力』
http://www.youtube.com/watch?v=3p73GY19ZrY

低線量被曝とぶらぶら病1【ヒロシマ原爆体験】
http://www.youtube.com/watch?v=SAM6U5C_viA
低線量被曝とぶらぶら病 2【原爆で天井まで飛んだ】
http://www.youtube.com/watch?v=Ck4h9AwyNxM&feature=related
低線量被曝とぶらぶら病 3【医療活動とぶらぶら病】
http://www.youtube.com/watch?v=vX11MKzs7Ug
低線量被曝とぶらぶら病4【1ミリシーベルトでも危険】
http://www.youtube.com/watch?v=G5qq4CJxBRc

肥田舜太郎: "内部ヒバク"から問い直す核/原子力体制
http://www.youtube.com/watch?v=gfzG1nfZUqA

----------------○----------------
team nakagawa
http://tnakagawa.exblog.jp/

----------------○----------------
ぬまゆのブログ ( その3 )
http://numayu.blogspot.jp/

.----------------○----------------
原爆に勝った玄米と味噌汁
http://caregohan.jp/power/
長崎の原爆投下直後から、献身的に被災者の救護・治療された、聖フランシスコ病院の秋月辰一医師は、「昭和20年8月9日の原爆は長崎市内の大半廃墟にし、数万の人々を殺した。爆心地より1.8キロメートルの私の病院は、死の灰の中に廃墟として残った。私と私の病院の仲間は、ヤキダサレタ患者を治療しながら働き続けた。私達の病院は、長崎市内の味噌・醤油の倉庫にもなっていた。玄米と味噌は豊富であった。さらに、わかめもたくさん保存していたのである。そのとき私といっしょに、患者の救助、付近の人々の治療に当たった従業員に、いわゆる原爆症が出なかった原因の1つは、「わかめの味噌汁」であったと私は信じている」と著書「体質と食物」に書かれている。
(以下略)

----------------○----------------
広島大名誉教授(放射線生物学)「味噌には放射線を防御する効果がある」
http://johsen.sakura.ne.jp/pdf/H23_8_25.pdf

« 経済素人、日銀・白川総裁 「歴史にしたがえば、膨大な通貨供給はインフレになる」 | トップページ | 尿6ベクレルの放射能で15年後に膀胱ガンになる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

このブログの筆者(管理人)の方へ

あなたのブログ記事を拝見しました。私は大学で放射線医学の研究に携わっておりますので、率直なコメントを書かせていただきます。

2011年の福島原発事故による政治的混乱、マスコミによる誤報、非科学的な復興遅延と風評被害の諸悪の根源は以下の通りです。

まず、あなたがここで書いていることは、『低線量(主に 高線量率低線量)放射線』と、『低線量率放射線』が区別できていないために生じている混乱です。

東大病院(東京・本郷)放射線科の中川恵一 准教授は、あなたのおっしゃるように、確かに、NHKや民放のテレビなどのコメントでも、一貫して、1920年代のショウジョウバエの細胞分裂すら行わない状態になった(絶対に「がん化」しない、すなわち、発がんの根拠データには成り得ない)成熟精子細胞に、人工的に発生させた高線量率のエックス線(福島より 約 1 億倍 強い、毎時 約 100 シーベルト ( = 1 億 マイクロ シーベルト)の高線量率放射線)を照射した結果から、現代の腫瘍学、放射線医学では極めて非科学的に作り出された『放射線の人体・動植物影響に関する LNT 仮説 ( = Linear No-Threshold Hypothesis)』の頭から脱却できていないようです。

一方、稲 恭宏博士が事故直後から解説してくださっているように、放射線の人体・生体影響は、内部被曝・外部被曝とも、積算(累積)の(積分値である)『線量(Dose)』で考えても何も解決しません。(いわば微分値である)線量率(Dose-Rate)で考えなくてはなりません。

あなたがテーマにしている『ペトカウ効果』についても、低線量(高線量率低線量)の放射線(毎時に直すと 約 100 シーベルト ( = 1 億 マイクロ シーベルト)、すなわち、福島の 約 1 千万倍 から 1 億倍の 高線量率 放射線)を『人工的に作成した人工細胞膜』に照射した人工環境における実験結果の話です。今回の福島には全く関係のない話なのです。

特に、あなたが故意に引用している、稲 恭宏博士に関する事故直後の荒らし投稿者による事実でないWikipedia(ウィキペディア)の誹謗中傷記述「早稲田二部人文学部卒」というのも明らかに問題です。ここで言う「早稲田」とは「早稲田大学」のことを指したかったのでしょうが、早稲田大学には、開学以来一度も、一部(昼間部)にも二部(夜間部)にも、人文学部という学部は存在すらしたことがありません。

証拠資料:

http://www.waseda.jp/jp/global/guide/history.html

http://www.waseda.jp/jp/global/faculty/index.html

Wikipediaの他の記述も、現在ではかなり変わっています。

以上のことなどをご参考に、一度、放射線・放射能・放射性物質の基礎から勉強してみてください。
文部科学省 高等学校生徒用 知っておきたい放射線のこと http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/attach/1314239.htm も大変分かり易いと思います。

稲 恭宏博士がテレビ番組等で繰り返し解説してくださっていますが、内部被曝・外部被曝ともに、毎時 100マイクロシーベルトの放射線では、遺伝子の傷は1箇所も生じないことが分かっています。つまり、最新の放射線医学の研究成果から、この程度の放射線では、まったく人体や生体への害はないことが証明されており、体内に呼吸や飲食等で取り入れても、この程度の放射性物質が害になる心配はまったくないのです。

人間は、ふつうに呼吸をして食事をして生きているだけで、核実験や放射能事故など関係なく、体内では毎日、1 細胞当り数十万箇所(数十万回)、全身の約 60 兆個の細胞で 約 600 京 箇所(約 600 京 回)の遺伝子の傷が生じ、すぐに修復されているのです。もし、この遺伝子の修復を掻い潜って異常な細胞が現れても、アポトーシス(細胞の自爆死)によって死滅させています。このアポトーシスも突破した異常細胞があっても、これを多重免疫生体防御機構による免疫細胞、抗体、サイトカインなどの強力な免疫システムが徹底的に退治しています。ですから、逆に、政府やマスコミが「現実には存在しない福島の放射能恐怖」を報道、発表する方が、よほど国民の体調を悪化させる危険性があるのです。

稲博士が事故直後から解説をしてくださっている通り、医学的に、『過度の負荷運転中に炉心本体が爆発して吹き飛んだチェルノブイリ原発事故』と『大地震により炉心が停止した後に水素水蒸気圧の上昇によって建屋が吹き飛んだに過ぎない(部分的な損傷はあったとしても、圧力容器と格納容器が原形を留めたまま残っていた)福島第一原発事故(4基)』はまったく事故形態からして異なっており、人体や動植物への放射線医学的影響はまったく異なっていたのです。

あなたも、放射能事故に関係なく人類は、世界平均で呼吸や飲食等による内部被曝と外部被曝を合せて年間で 約 3 ミリシーベルト( 3,000 マイクロシーベルト)程度あることはご存じだと思いますが、以上のような最新の科学事実から、今回の福島くらいの(放射線医学で言うところの)極低線量率放射線、極低レベル放射能の環境は、何年、何十年、何世代の時間を待っても、放射線医学的に、そして分子病理学的に、まったく人体や動植物に害を生じさせようがないのです。

さらに、医学の知識が少しある方ならご存知ですが、人体は、毎日、約 数百億個から 1 千億個の細胞が死滅しては新しい細胞に置き換わっています。すなわち、約 1 年半で、骨、軟骨、神経等を含む全身のすべての臓器、組織などの細胞が入れ替わっています。そして、今回の福島原発事故では、放射性物質が体内に蓄積する心配も、何らかの害が及ぼされる心配もまったくなかったのです。政治的にはともかく、科学的には、最初から、福島県民の皆さんを強制避難、強制移住させる根拠証拠はまったく存在しなかったのです。この非科学政治対応によって、お年寄りなどが移動中やその直後に亡くなり、前途を悲観した福島県民の皆さんが次々に自殺し、また、慣れない仮設住宅でのストレスなどで多くの方々が亡くなっているのです。この数は、すでに 1,400 人を超えているのは、あなたもご存じだと思います。

稲博士が事故直後から解説されているように、また、稲博士の講演やテレビ解説から1年後に国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR)や国際放射線防護委員会(ICRP)などの世界最高権威の放射線医学、分子病理学、免疫学等の専門家の博士らが全員一致で科学結論を出されているように、「福島では、今後も、2011年の原発事故の放射線・放射性物質の影響による子供の甲状腺がんを含む、すべての妊婦、胎児、乳幼児、小児、成人、高齢者における、がん、リンパ腫、白血病、その他の疾患などは一切生じない」のです。

危険なのは、稲博士が事故直後から併せて解説してくださっているように、むき出しになった使用済み高レベル放射性核燃料などの高レベル放射性廃棄物なのです。

こちらの映像もご覧になると、より理解が進むと思います。

国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR)と国際放射線防護委員会(ICRP)の「福島とチェルノブイリ ~虚構と真実~」
(オリジナル版は “ Fukushima and Chernobyl: Myth versus Reality ” 

http://www.youtube.com/watch?v=HczJtRkfX1I


放射線医学研究者様

御忠告ありがとうございます。

>内部被曝・外部被曝ともに、毎時 100マイクロシーベルトの放射線では、遺伝子の傷は1箇所も生じないことが分かっています。

外部被ばくに関する実験や事例は多くあり、私もここ以外で問題がないことを何度も書かさせて頂いていますが、内部被曝における文献や論文が集まっておりません。
もし、ご紹介、あるいは、閲覧されているものをご存じであればご紹介頂けるとありがたいと思います。


なお、、『低線量(主に 高線量率低線量)放射線』と、『低線量率放射線』を混乱している訳ではご在ません。この記事以外でも毎時 100マイクロシーベルトの放射線の外部被ばくが問題のないことを何度も書かせて頂いております。
ただ、細胞の置換はその細胞の役割によって大きく異なってきます。
よって、内部被ばくの実害を実証するデーターが少なく、また、実験結果の論文を見る機会が少ないことより、その危険性を除外できるものではありません。

現在のテーマの1つが、内部被ばくの実証実験と実験結果の把握であります。
もし、よろしければご協力頂けることを願います。

ご忠告、ありがとうございました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アブラハム・ペトカウの実験と中川恵一や稲 恭宏の世界:

« 経済素人、日銀・白川総裁 「歴史にしたがえば、膨大な通貨供給はインフレになる」 | トップページ | 尿6ベクレルの放射能で15年後に膀胱ガンになる »