2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 財政再建に消費税を叫ぶ愚か者達 | トップページ | 汚染コンクリ、風評被害の落とし物 »

壬辰(みずのえたつ、じんしん)

改めましてまして、あけましておめでとうございます。

もう小正月です。

今年の干支は、壬辰(みずのえたつ)です。

壬とは、中の一が長く、人のお腹が出て胎児を宿している姿を表します。ですから、妊娠、女の腹(壬)と書いて、『妊』(にん)と呼びます。

壬には、「ひっ提げる」という意味があるのです。

ですから、

事をひっ提げて、『仕事』

務めをひっ提げて、『任務』という文字になります。

つまり、多くの事、場合によっては悪い事も含めて、沢山の事が起ることを意味しております。

政権交代、大統領選挙や中東問題など、様々な問題が山積みのこの年を予言していたかのような符号であります。

辰(たつ)とは、説文学的に言いますと会意文字で、理想に向かって辛坊強く、抵抗しながら歩みを進めるとなります。

壬辰(みずのえたつ)は、事多し、辛坊強く、歩みを進める年ということにです。

いい年のなるかどうかは、努力次第ということでしょう。

震災の傷跡、ユーロショック、中東戦争と問題は山積みですが、辛坊強く生き残るようにがんばりましょう。

・壬辰の出来事
1952年(昭和27年):日本国との平和条約発効により主権回復した年であります。再び、日本国として出直した年であります。
1892年(明治25年):第2次伊藤内閣が発足、日清共同による朝鮮の内政改革という山縣の路線を踏襲したことにより、2年後に起る日清戦争が現実のものとなってゆく。
1832年(天保3年):江戸で、盗賊の鼠小僧が処刑(獄門)される。矢継ぎ早に品質を落とした文政小判などを発行。翌年よりインフレ、飢饉が起り、2年後に「天保の改革」へ繋がってゆく。
1772年(明和9年・安永元年):田沼意次が老中、明和の大火(行人坂火事)
1712年(正徳2年):徳川家重、江戸幕府第9代将軍
1652年(慶安5年、承応元年):将軍は徳川家綱。慶安の変(兵学者・由井正雪の幕府顛覆計画が発覚)、承応の変
1592年(天正20年):文禄・慶長の役が始まる。(秀吉の朝鮮出兵)
1532年(享禄5年、天文元年):織田信秀は主家の織田達勝と争ったが、のちに和解。織田信長が生まれる2年前のことである。

« 財政再建に消費税を叫ぶ愚か者達 | トップページ | 汚染コンクリ、風評被害の落とし物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/43740397

この記事へのトラックバック一覧です: 壬辰(みずのえたつ、じんしん):

« 財政再建に消費税を叫ぶ愚か者達 | トップページ | 汚染コンクリ、風評被害の落とし物 »