2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 新訳〔風評被害〕  馬鹿げた東電の情報、冷温停止!?<科学的根拠に基づかない発表に意味があるのか? | トップページ | 再び海洋投棄を考えている東電、君達は何を考えているのか? »

明治の粉ミルクから微量セシウム 信じられない!?

いい加減にしてもらいたい。

すべての責任は東京電力の福島第一原子力発電所から始まっている。

しかし、2次汚染、3次汚染はすべて我々の手で加速度的に広めている。

稲わら事件の教訓は生きなかったらしい。

<赤ちゃんに30ベクレル!?>

ドイツ放射線防護協会では、「乳児、子ども、青少年に対しては、1kgあたり4ベクレル(Bq)以上のセシウム137を含む飲食物を与えないよう推奨されるべきである。」と言っている。

クリス・バズビー博士の研究発表では、1kg当たり20ベクレルで心臓組織の25%が破壊され、心臓に重い障害が起る可能性を示している。

今回、明治の缶入り粉ミルク「明治ステップ(850グラム入り)」から1キロ・グラムあたり最大で30・8ベクレルの放射能物質セシウムが検出された。

使用したミルクは、汚染前のミルクだったと言っているが、どこで汚染牛乳が混入したのだろうか?

政府も大手の企業も危険性に鈍すぎる。

確かに日本中、否、日本のアジア近隣はすべて汚染されており、放射能に汚染されていない食品などありはしない。

それゆえにすべての食品の安全性により一層の注意が必要なのだ。

子供に、今回は赤ちゃんが主に食する食品に混入したということは、食品を扱う業者として真摯に反省し、二度とないように検査を厳重に行なってもらいたい。

<危険!? 安全!? 粉ミルクは大丈夫>

「明治ステップ(850グラム入り)」を食べてしまった赤ちゃんは大丈夫だろうか?

正確には答えられない。

しかし、食したタイミングと量と蓄積した場所によって症状は異なってくる。

体重が5kgに満たない赤ちゃんにとって危険な放射能量は、ごくわずかでも危険である。

赤ちゃんの1日当たりのミルク哺乳量は1kg当たり約20mlらしい。5kgの赤ちゃんなら100mlくらいになるらしい。1さじ28gを4杯で200mlが作れるので、「明治ステップ」を5kgの赤ん坊が離乳しても48g程度なので、1日当たり1.44ベクレル程度となる。

たった1.44ベクレルか?

ちょっと安心しました。

「安全です」なんてとても言えませんが、神経質になる必要はありません。

ただ、クリス・バズビー博士の研究を元に考えると1kg当たり20ベクレルでも危険ということですから、決して継続しての離乳は避けて下さい。

気が付かない内に被爆している可能性が今後もありますから、赤ちゃん、乳幼児、児童への摂取は少ない方がいいとしか言えません。

放射能は沢山被爆したから障害がでる訳ではなければ、少なくとも放射能障害が起ることもあるようです。

まるで、宝くじを大量に買っても当たらない人と一枚だけ買って1億の当てる人がいるような不平等な性格を持っております。

被爆が少ないから安心と思わず、沢山被爆したからもうダメだとも思わないで下さい。

いずれにしろ、子供さんの体調には気を付けて、おかしいかなと思ったらお医者さんに相談して下さい。

<国の基準は基準じゃない>

国が定めた暫定規制値は放射能が安全だ。

IAEA(国際原子力機関)の基準に準じている。

政府の方々はそう豪語されています。

因みに、IAEA(国際原子力機関)は原子力の平和利用を広める機関なので、原子力に肯定的な組織である。

原子力はすばらしい。放射能は安全だと言っている科学者を抱えている。

しかし、それでもチェリノブイリの被害を訴える団体に遠慮して、その数値は緊急時においてと前置きをしています。

政府は、緊急時という言葉を外して、IAEAの基準だから大丈夫だと言っているのです。

今回の粉ミルクも基準値以内とか色々言われておりますが、

元の基準がそのそも間違っておりますから、規制値以内とか論議されても困ったものです。

<どこから侵入?>

明治の粉ミルクは北海道産と外国産を混入した原発前の牛乳を使用していたと発表されております。

工場は宮城にあります。

乾燥時に外気に触れて乾燥されるそうですが、その時放射能が混じったとするとどんな管理をしているのでしょうか?

やはり、どこかで違う牛乳が混入したのではないでしょうか?

具体的な事故の発表を待たねばなりません。

被災地の付近だから危険という訳ではありませんが放射能に甘い管理を続ける限り、福島周辺の食品にはリスクがあると言われるのは避けがたいようです。

政府も企業も、もっと真剣に正面から放射能に向き合ってもらいたいものです。

「もし検出されたら、どうするんだ!」

と幼稚園の土壌検査を断った役所の職員の話を思い出します。

目を逸らそうとするから起った事故と私は考えております。

---------------○---------------
明治の粉ミルクから微量セシウム…無償交換へ
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20111206-567-OYT1T00861.html

2011年12月7日(水)03:09
 食品大手の「明治」(東京都江東区)は6日、缶入り粉ミルク「明治ステップ(850グラム入り)」から1キロ・グラムあたり最大で30・8ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。

 国の暫定規制値の200ベクレルを下回るが、同社は約40万個を対象に無償交換する。厚生労働省によると、原発事故後、粉ミルクからのセシウム検出が分かったのは初めて。

 発表によると、同社埼玉工場(埼玉県春日部市)で製造した商品のうち、賞味期限が2012年10月の四つから、1キロあたり30・8~21・5ベクレルの放射性セシウムが検出された。いずれも今年3月14~20日に製造した粉ミルクが入っており、同社は同期間に製造した商品全ての交換に応じるとして、賞味期限が12年10月3~6日と同月21~24日の商品を対象とした。乳原料は東日本大震災前の製品を使っているといい、同社は「原発事故直後に飛来した大気中の放射性物質が、噴霧乾燥の過程で混ざった可能性が高い」としている。

---------------○---------------
明治の粉ミルクからセシウム 最大30ベクレル
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120601001595.html

食品大手の明治(東京)が製造、販売する粉ミルク「明治ステップ」から、最大で1キログラム当たり30・8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが6日、同社の調査で分かった。詳しい混入経緯は不明だが、同社は東京電力福島第1原発事故に伴うものとみている。

 厚生労働省によると、原発事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。明治は約40万缶を対象に、無償交換する方針。

 国が定める粉ミルクの暫定基準値(1キログラム当たり200ベクレル)は下回っている。厚労省は近く新たに「乳児用食品」の基準値を設定する方針を決めている。

2011/12/06 14:44   【共同通信】
---------------○---------------
20111206 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://www.youtube.com/watch?v=5gi9saNlxJc
---------------○---------------
ドイツ放射線防護協会、1kgあたり8ベクレル(Bq)以上のセシウム137を含む飲食物を摂取しないことを推奨
http://infosecurity.jp/archives/10141
Posted 5月 12th 2011
未成年者は1kgあたり4ベクレル(Bq)以上、成人は1kgあたり8Bq 以上のセシウム137を含む飲食物を摂取しないことを推奨
ドイツ放射線防護協会が、福島原発事故の発生後の日本において、放射線核種(放射性物質)を含む食物の摂取による被ばくの危険性を最小限に抑えるため、チェルノブイリ原発事故の経験をもとに考察・算定を行い、以下の提言を行っている。
1‐放射性ヨウ素が現在多く検出されているため、日本国内に居住する者は当面、汚染の可能性のあるサラダ菜、葉物野菜、薬草・山菜類の摂取は断念することが推奨される。
2‐評価の根拠に不確実性があるため、乳児、子ども、青少年に対しては、1kgあたり4ベクレル(Bq)以上のセシウム137を含む飲食物を与えないよう推奨されるべきである。成人は、1kgあたり8Bq 以上のセシウム137を含む飲食物を摂取しないことが推奨されるべきである。
3‐日本での飲食物の管理および測定結果の公開のためには、市民団体および基金は、独立した放射線測定所を設けることが有益である。ヨーロッパでは、日本におけるそのようなイニシアチブをどのように支援できるか、検討すべきであろう。

飲食物を通じた放射性物質の摂取は、長期間にわたり、身体にもっとも深刻な影響を与え続ける経路となる
飲食物を通じた放射性物質の摂取は、原子力災害後、長期間にわたり、身体にもっとも深刻な影響を与え続ける経路となるとし、半減期2.06年のセシウム134、半減期30.2年のセシウム137、半減期28.9年ストロンチウム90、半減期2万4,400年プルトニウム239といった、長期間残存する放射性物質に対して、長期的に特に注意を要するとしている。

---------------○---------------
福島の子供たちに心臓病増加の危機!セシウムが影響!バズビー(字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=OmTz_VuFovQ

« 新訳〔風評被害〕  馬鹿げた東電の情報、冷温停止!?<科学的根拠に基づかない発表に意味があるのか? | トップページ | 再び海洋投棄を考えている東電、君達は何を考えているのか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

不安を煽るのもよくないと分かりますが明治は犯罪企業といわれても仕方ないかもしれません。多分確信犯で流通させていたのは日本国内だけのようです。
 また仰るように2次、3次と拡散させているのは確かです。(代表的なものとして東京でのガレキ処理。東電の子会社担当)

明治乳業、中国市場へ回帰 豪産粉ミルクを提供

小丸部長は、「中国市場の供給体制をようやく整えることができた。当社は輸入粉ミルクの生産地を、日本からオーストラリアに切り替えた。新製品の全てをオーストラリア現地の工場で生産し、消費者の不安を解消することができる」と語った。明治乳業は現在、オーストラリアの乳製品工場と技術提携覚書を締結しており、かつ現地の原材料の使用を開始した。生産基準に関しては、中国で2011年4月に発表された、粉ミルクの新国家基準に基づくこととなる。
http://j.people.com.cn/94476/7443529.html


この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治の粉ミルクから微量セシウム 信じられない!?:

» 「エアロゾル」に係る記載を調べました。(その9-2:11-12-14追加 放射能など有害エアロゾルの形状) [水徒然]
11-12-07投稿、追加・更新、強調 既報(9-1)にて放射能など有害エアロゾルの形状を調べてきました。詳しく見るgt;gt; それらは単独かつ元素単体として存在しているのではなく、実際は各種のエアロゾルと共存したり、酸化物などのさまざまな化合物とし...... [続きを読む]

« 新訳〔風評被害〕  馬鹿げた東電の情報、冷温停止!?<科学的根拠に基づかない発表に意味があるのか? | トップページ | 再び海洋投棄を考えている東電、君達は何を考えているのか? »