2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« TPP交渉は離脱困難!!  外交が判っていない。 | トップページ | 国民を騙し続ける政府、福島周辺の不幸はそこにある。放射能をまき散らすマスコミも同罪である。 »

放射能汚染 牛乳が危ない!! 群馬・新潟・宮城で検出。すべての検査の実施を望む

群馬・新潟・宮城の酪農から納品された牛乳から放射能が相次いで検出されている。

おそらく、福島・茨城・栃木・千葉・埼玉・岩手も要注意だ。

すべての牛乳に放射能の検査を行なってほしいと願い、その公表をお願いしたい。

《微量の放射性物質検出》

放射能の検出は6~25㏃と微量であるが、決して安全というレベルではない。

今後、これが常態化するとなると、子供の健康に害する恐れがある量である。

牛乳は身長を伸ばした子供らが1日に1ℓも飲むこともあり、毎日25㏃って洒落にならないほど危険な量になる。

あくまで私の直感であるが、体重20kg程度の子供で1日当たり5㏃までが限界と思っている。

これは大部分が100日で体外に放出されると仮定した話で、体内の蓄積量が500㏃(1kg当たり25㏃)を越えないように配慮した量である。

ドイツの放射線防護教会の基準では、乳児、子ども、青少年に対しては1kg当たり4ベクレル以上、成人は8ベクレル以上のセシウム137を与えないことと言っているので参考にするといいだろう。

1kgあたり20ベクレル低い線量の慢性内部被曝でも、甲状腺、心臓、腎臓、肝臓などへの蓄積が見られる。

今回の牛乳は、あくまで微量の放射性物質検出である。

毎日の食事で、連続して放射能を取り入れるない場合以外は大した問題にならない。

チェックできる環境作りが大切ということだ。

今回の汚染は、汚染された稲わらではなく。放射能を吸って成長した牧草からと思われる。今後、ゆっくりではあるが全国へ拡大してゆくと思われる。監視体制の強化が急がれる。

Musashi

Miyagioosaki1018_2

.Kg_2





--------------○-------------
給食の牛乳、提供を中止 武蔵野市の8小学校 微量の放射性物質検出で
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20111028/CK2011102802000019.html
2011年10月28日

 武蔵野市の小学校全十二校のうち八校で、給食に出される予定だった低温殺菌牛乳から微量の放射性物質が検出されたため、献立から外していたことが二十七日分かった。同市教育委員会は「食品の暫定規制値を大きく下回っているが、保護者の不安を勘案して提供をやめた」としている。

 同市教委によると、提供を取りやめたのは、都指定の牛乳とは別に、市が独自に仕入れて月一回給食に出している群馬県産の低温殺菌牛乳。二十六日の献立に含まれていたが、二十日の検査で一キログラム当たり七・〇ベクレルの放射性セシウムが検出されたという結果が二十六日午前に判明した。当日プリントを配り、保護者に周知したという。

 同市教委は牛乳本来の味わいを児童に知ってほしいとの狙いで、低温殺菌牛乳を出している。八月に同じ牛乳を検査したが、不検出だった。

 同市教委は給食の食材の放射性物質検査を月二回行っているが、牛乳から検出されたのは初めて。これまでに、肉や野菜から微量の放射性セシウムが検出され、食材を切り替えたことがあったという。

【食品】東京都武蔵野市の小中学校給食検査で群馬県産の牛乳から7ベクレル/kg検出し提供差し止め
http://savechild.net/archives/11086.html
2011.10.27

東京都武蔵野市が市立小中学校の学校給食で出している牛乳(群馬県産)を放射性物質検査した所、1キロあたり7ベクレルの放射性セシウムが検出されました。そして、武蔵野市教育委員会は急遽この牛乳の提供を差し止めました。

http://yfrog.com/z/nxo6bbj

東京都武蔵野市の小中学校給食検査で群馬県産の牛乳から7ベクレル/kg検出
http://www.city.musashino.lg.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/007/073/17159-7.pdf

--------------○-------------
宮城県大崎市、学校・保育所の給食の放射能検査の結果で牛乳(メグミルク)からセシウム25ベクレル/kg検出
http://savechild.net/archives/10971.html
2011.10.25
宮城県大崎市が10月18日に行なった学校及び保育所等給食食材の放射能検査の結果、宮城県産(県北地域)の牛乳から放射性セシウムが合計で1キロあたり25ベクレル検出されました。

大崎市在住の方からの報告では、大崎市岩出山で製造しているメグミルクの牛乳とのことで、岩出山で製造のメグミルク牛乳は宮城県のスーパーでも販売しているとのことです。

学校や保育園の給食には放射性物質が入っていない食材を使用してくださいよ

10月18日給食食材の放射能検査結果【PDF/54KB】
http://www.city.osaki.miyagi.jp/20110311jisin/download/20111018kyushoku_kekka.pdf
--------------○-------------
【食品】新潟県内で流通する宮城県産の牛乳から放射性セシウム22.3ベクレル/kg検出(10月16日厚労省発表)
http://savechild.net/archives/10499.html
2011.10.17
10月16日厚生労働省発表の新潟県が検査した新潟県内で流通する宮城県内製造の牛乳から22.3ベクレル/kgの放射性セシウムが検出されました。9月28日報道発表でも宮城県の牛乳から放射性セシウムが1キロあたり19.1ベクレル検出されていました。9月12日は9.2ベクレルだったので、最近は徐々に増えているような印象で嫌な感じすね。
--------------○-------------
【食品】新潟県の検査で宮城県産の販売されていた牛乳から放射性セシウム19.1ベクレル/kg検出(9月28日発表)
http://savechild.net/archives/9400.html
2011.9.29 |
9月28日報道発表の新潟県の乳・乳製品の放射性物質の検査結果で宮城県産の販売されていた牛乳から放射性セシウムが1キロあたり19.1ベクレル検出されました。新潟県の検査で宮城県産の牛乳や乳飲料・ヨーグルトなどから放射性セシウムが検出されるのは、9月に入ってからで4度目になります。

農産物・畜産物・水産物の放射性物質の検査結果について
http://www.fureaikan.net/syokuinfo/topics/t110322.html#%E4%B9%B3

--------------○-------------
食品】東京都町田市の学校給食用牛乳からセシウム合計6ベクレル/kg検出
http://savechild.net/archives/8851.html
2011.9.16

町田市議会議員の吉田つとむさんが東京都町田市の小学校で出されている学校給食用の牛乳の検査を実施した結果、6月に行った一度目の検査ではヨウ素・セシウムとも一切検出されず「とてもきれいな牛乳でした」という結果でしたが、9月6日に行われた二度目の検査ではセシウム合計で1キロあたり6ベクレルが検出という結果が検査されました。

町田市議会議員の吉田つとむさん
http://j-expert.jp/

« TPP交渉は離脱困難!!  外交が判っていない。 | トップページ | 国民を騙し続ける政府、福島周辺の不幸はそこにある。放射能をまき散らすマスコミも同罪である。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

白米中のカリウム40の放射線濃度は30Bq/kgですけど大丈夫ですか?
直感の5Bqってなんですか?
もう一度聞きます。お体大丈夫ですか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« TPP交渉は離脱困難!!  外交が判っていない。 | トップページ | 国民を騙し続ける政府、福島周辺の不幸はそこにある。放射能をまき散らすマスコミも同罪である。 »