2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 放射線量、除染なしで2年後に4割減 何言ってんだばかやろう! | トップページ | 分際を知る »

民主党代表戦 焼き栗は“野田”、冷めたピザを超えられるか?

猿が、猫をおだてて、いろりのなかのクリを拾わせて、猫が大火傷をしたという、ラ=フォンテーヌの寓話から「火中の栗を拾う」(他人の利益のために危険をおかすこと)という言葉が生まれました。

“火中の栗を拾う”に出てくる猫は大火傷をするのですが、ここに出てくるくる猫は、野田佳彦氏ご本人なのか国民になるのかは判りません。

いずれにしろ、焼け栗“野田佳彦”がどんな政治をするのか注目です。

・復興に税収の足かせを付けるようなら、猫は東北の方々。

・増税の道しるべと円高対策に産業の海外移転を促進すれば、猫は内需産業とその雇用者。

・ドサクサに人権擁護法案が通るようなら、猫は日本国民そのもの。

日本が岐路に立っています。

------------○------------
野田氏が民主新代表!小沢支援の海江田氏嫌われる
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110829/plt1108291437006-n1.htm
2011.08.29

菅直人首相の後継を決める民主党代表選は29日午後、党所属国会議員による投票で、野田佳彦財務相(54)が決選投票の末、海江田万里経済産業相(62)を破り、新代表に決まった。野田氏は30日の衆院本会議で第95代、62人目の首相に指名される。政権交代から2年足らずで3人目の首相となる。

 1回目の投票は海江田氏、野田氏、前原誠司前外相(49)、鹿野道彦農相(69)、馬淵澄夫前国土交通相(51)の順で、いずれも過半数を獲得できず、上位2氏による決選投票が行われた。

 野田氏は直ちに党役員人事に着手、組閣作業を本格化させる。東日本大震災の本格復興に向けた11年度第3次補正予算案の早期成立が喫緊の課題。衆参ねじれ国会の中、野党側の協力を取り付けられるかが鍵となる。

 代表選で海江田氏を支援した小沢一郎元代表側の処遇も焦点。小沢グループも含めた挙党態勢を構築して、民主党政権への信頼を回復できるかが問われる。

 野田氏は衆院当選5回。松下政経塾を経て1993年に日本新党から立候補して初当選。菅内閣で財務相に就任し、消費税率引き上げを柱とする社会保障と税の一体改革の取りまとめにあたった。代表選では財政規律を重視する立場から増税の必要性を訴え、「財務省公認候補」とやゆする声もあった。

■決選投票(有効投票数392票、無効3票)

野田佳彦  215票

海江田万里 177票

■1回目(有効投票数395票)

海江田万里 143票

野田佳彦  102票

前原誠司   74票

鹿野道彦   52票

馬淵澄夫   24票

※開票結果はいずれも敬称略

« 放射線量、除染なしで2年後に4割減 何言ってんだばかやろう! | トップページ | 分際を知る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表戦 焼き栗は“野田”、冷めたピザを超えられるか?:

« 放射線量、除染なしで2年後に4割減 何言ってんだばかやろう! | トップページ | 分際を知る »