2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 放射線と人体影響の関係 | トップページ | 無為自然(むいしぜん) »

原発情報 ←(5/3更新)何かあった4/25~4/27!? そして、継続中???

3号機の温度が上昇中です!!!
3号機は再び臨界しているかもしれません。そうでなければ、配管等でトラブルがあったと思われます。臨界なら注水量を増やすなどの方法がありますが、トラブルの場合は問題です。特に発表されないと思いますが、東電等の発表に注目です。
1号機も上がり始めています。臨界と決めつけるには早計かもしれませんが、可能性はあります。要注意です。

放射能拡散情報から4/25~4/27の水棺作業による注水中止の理由が推測されます。
そもそも温度が比較的下がっている状態と言っている1号機の水棺作業を急いだ理由は未だに不明です。私の予想では、公表されていない数値に高温を示す情報があり、作業を急いだと思っております。
しかし、作業の過程で大気中に放射能物質の放出を確認して、作業を中止したと推測されます。
4/18~4/25以前の各地の観測データーから福島の放射能流出が落ち着いているのが読みとれます。

1号機の注水量を増やした結果、
温度の下降が見られたのに注水量を元に戻しています。「酸素が原子炉内に入る可能性がある」と発表されていますが、2号機、3号機の炉内圧力をご覧になって下さい。
2号機(A)-0.020MPaG(B)-0.020MPaG位(5月1日11:00)
3号機(A)-0.068MPaG(C)-0.089MPaG位(5月1日11:00)
2号機、3号機の炉内圧力は常にマイナスになっています。
格納容器より原子炉内の方が気圧が低く、酸素が入る状態になっています。
2号機、3号機の窒素注入を行う必要はないのでしょうか???

1号機の注入を下げた理由は、2号機、3号機の状態の状態と説明に矛盾が生じています。

では、何が起こったのでしょうか?

注水量を上げるとより多くの水蒸気が発生します。
水蒸気が大量に発生すると、原子力内の圧力が上昇するハズでした。
しかし、
原子炉内の圧力は上昇しなかった。

つまり、水蒸気がどこかに逃げている訳です。
(私はここで1号機の原子炉の気密性が壊れていると確信しました。)
注水量が増加したことで、原子炉内の温度が下がり始めています。そのまま安定域に持っていければ、1号機の原子炉内の問題は解決します。後は漏水をどう循環させるかという問題だけになるハズでした。

しかし、残念なことに屋外の放射線量が上がった。
(これは発表されていません。あくまで推測です。)
逃げた水蒸気が屋外で検出されたので、作業を中止し、慌てて注入量を元に戻した。

漏れ出した放射性物質は風にのって飛散され、4/25~4/27の東北地方に放射能物質が検出された。

そう考えるとすべての行動に納得がいきます。

検証
Q:すでに撒き散らされた放射性物質が風で飛散した可能性はないか?
A:その場合、風の強い日のすべてが飛散の対象にならないといけないが、4/25~4/27だけが大量に飛散した理由に値しない。

Q:政府発表の通りに気圧が下がって、酸素が炉内に入る水素爆発の可能性はないのか?
A:ないとは言えない。しかし、その理由なら2号機、3号機の窒素注入を急ぐ必要があるが、なぜ1号機に固執する理由にならない。

Q:漏水が増えたので中止したのではないか?
A:その可能性もある。しかし、漏水が増えることは想定内のことであり、慌てる必要はない。敢えて水素爆発の可能性を示し、作業を急遽中止する東電の慌てようが異常である。

Q:福島内のモニタリングの数値が上がっていないのはなぜか?
A:これは私も謎である。計測方法によって異なってくるとしか言いようがない。

結論:4/25の1号機で行われた水棺作業は、原子力内温度の低下という一定の成果はあった。しかし、1号機も原子炉内の気密性損失という事実を知ることになり、大気中への放射性物質の漏えいによって作業を中止した。
最近の国際世論や国民感情から大気中へ放射能が漏れたことの発表を避け、水素爆発の可能性があるということで作業を中止した。

東日本大震災への対応~首相官邸災害対策ページ~
http://www.kantei.go.jp/saigai/
■ 平成23年(2011年)福島第一・第二原子力発電所事故(東日本大震災)について
5/01 17:00
http://www.kantei.go.jp/saigai/pdf/201105011700genpatsu.pdf
■ 福島原発原子炉の状態 原子炉の温度
http://atmc.jp/plant/temperature/
■【福島原発】4/21/木★1.東電「クロル38検出は間違えでした」2.海洋汚染 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=hEpLyuU_jPs&feature=related

■前回の原発情報
http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/418-fad3.html
http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-f7cb.html

原発情報

※政府官邸の情報と東電の記者会見をベースにまとめています。
2011年5月1日17:00更新 
《福島第一原子力発電情報》

【福島第一原発の状況】
世界基準:レベル7、深刻な事故
福島第一原発:水蒸気爆発の可能性あり。1~3号機のすべて原子炉破損中
作業員の環境:国的には基準値以内。しかし、現実は把握できなくない。
福島県の状況(政府発表):20~30kmの県内退避中、順次退避中だが、進まず。
      (法律基準):危険地域指定水準(危険地帯)←<法律違反中>

総括:何も解決していないが、汚染水の問題と作業員の被爆量の問題が大きくなっている。時間ロスは高濃度の放射性汚染水を海水に漏水させることになるのだが、案は出されても進んでいるようには思えない。ただし、瓦礫の撤去作業などの準備は進んでおり、現場の人間の努力に感謝したい。しかし、作業員の被爆は進行中であり、いつもで人員を福島に留めておけるかという問題もそろそろ浮上してくるだろう。
現在の作業員は、何がしかの責任感をもって作業を行っていると思われる。
早急に対策を決めないと、実際に行うときに有能な作業員が不足し、人災が起こらないとも限らない。
気険な状態は継続中という訳だ。(前回と同じ)

【原子炉、炉心状況】

【1号機】上昇中 臨界の可能性あり (暴走中)←圧力容器温度142.3℃(2日)
【2号機】臨界停止の可能性あり(暴走中)←圧力容器温度117.9℃(2日)
【3号機】上昇中 臨界の可能性あり(暴走中)←圧力容器温度189.0℃(2日)
【4号機】<ありません>
【5号機】正常(完全停止中)
【6号機】正常(完全停止中)

圧力容器温度には、
A…原子炉給水ノズル温度
B…圧力容器下部温度
A…RPVベローシール
B…HMV戻り
の4つがあり、上記の温度はその中の最高温度を表示している。

《福島原発原子炉の状態 原子炉の温度》

原子炉温度
A…原子炉給水ノズル温度
B…圧力容器下部温度
※原子炉の設計温度(耐久できる最大温度)302度を点線で表しています。

福島原発 1号機 (153.4 ℃)
- 4/12  4/13  4/14  4/15  4/16  4/17  4/18  4/19 4/20 
A 216.2 206.2 203.6 197.0 189.9 180.4 173.9 169.0 164.1
B 119.0 119.0 119.5 119.4 118.3 116.6 115.4 115.1 113.9

4/21  4/22  4/23  4/24  4/25  4/26  4/27  4/28 
153.4 137.4 142.6 134.2 137.7  134.7 132.0 107.3
113.6 113.0 112.6 111.2 111.3  110.9 110.5 98.5 

4/29 4/30 5/01 5/02
114.7 134.9 142.0 142.3
95.0 102.7 105.2 105.8

福島原発 2号機 (136.1 ℃)
- 4/12  4/13  4/14  4/15  4/16  4/17  4/18  4/19 4/20 
A 165.8 170.1 159.7 150.0 142.8 141.1 141.8 136.5 134.7 
B 208.1 183.2 116.3 116.0 115.3 114.8   

4/21  4/22   4/23  4/24  4/25   4/26  4/27  4/28 
136.1 131.2  128.0 125.2 122.9 121.2 120.4 119.9

4/29 4/30  5/01  5/02
119.2 119.1 118.7 117.9

福島原発 3号機 (110.4 ℃) 
- 4/12  4/13 4/14  4/15  4/16  4/17  4/18  4/19 4/20
A 105.4  92.2  90.4  91.2  91.1  90.7 101.5 102.2 100.2 
B 119.3 117.3 122.6 121.5 121.3 121.7 114.3 110.3 109.5 

4/21  4/22   4/23  4/24  4/25  4/26  4/27  4/28 
104.0  93.3  85.9  81.1  74.6  67.9  72.0  86.0
110.4 111.6 109.4 110.6 110.8 110.4 110.7 109.6

4/29  4/30  5/01  5/02
81.3  84.8  93.7 100.8
112.9 113.4 118.4 125.3

福島原発 5号機 (45.5 ℃)
-4/12 4/13 4/14 4/15 4/16 4/17 4/18  4/19 4/20
A 33.1 43.4 33.5 45.1 45.3 44.4 45.5  34  42.4 

4/21  4/22  4/23  4/24  4/25  4/26 4/27  4/28 4/29 4/30 5/01 5/02
42.7  43.6   43.5  46.3 46.8 50.5  38.3 43.9

4/29 4/30 5/01 5/02
47  48.5  45.4 45.7

福島原発 6号機 (22.4 ℃)
- 4/12 4/13 4/14 4/15 4/16 4/17 4/18  4/19 4/20
A 22.7 48.6 24.1 47.1 33.5 33.3 22.4  47.7 30.3 
B _ _ _ _ _ _ _

4/21  4/22  4/23  4/24  4/25  4/26 4/27  4/28
50.3  23.5  49.1  24.4  39.9 26.3  47.9  47.5

4/29 4/30 5/01 5/02
25.3 47.7 30.2 29.1

雰囲気温度(原子炉内の気体温度)
A…RPVベローシール
B…HMV戻り
※原子炉の設計温度(耐久できる最大温度)302度を点線で表しています。

福島原発 1号機
   4/17  4/18  4/19 4/20 4/21  4/22  4/23  4/24 
A  121.4 120.2 119.4 118 117.3  116.8 115.9 114.0
B   97. 5 96.9  96.9 96.3 96.8   96.5  96.7  96.6

4/25  4/26  4/27  4/28 4/29 4/30 5/01 5/02
114.0 113.4 112.6 100.5 95.5 103.3 105.8 106.5
96.5  96.9  97.2  88.3 92.0 94.3 94.8

福島原発 2号機

   4/17 4/18  4/19 4/20 4/21  4/22  4/23  4/24 
B  131  132  128  124  126   122   116   114 

4/25  4/26 4/27 4/28 4/29 4/30 5/01 5/02
113  113  112  111  110  109  109  108

福島原発 3号機
   4/17  4/18  4/19 4/20  4/21  4/22  4/23  4/24 
A  253.2 240.4 226.5 216.6 193.9 138.6 134.2 128.3 
B  103.9  80.1  79.5 78.3 69.4   63.7  56.2  65.2 

4/25   4/26  4/27  4/28 4/29  4/30  5/01  5/02
124.3 117.9 121.7 125.4 128.3 128.8 138.7 189.0
67.8   67.3 101.9 102.1  98.6 101.2 101.7 108.3

総括:福島の炉内上昇も周期的なものなのか? 余震によるものか? 未だ推測の域をでないが、1号機と3号機の温度が上昇中である。気険域にはまだ余裕があるが、何らかのトラブルでないことを祈りたい。

【原子炉・タービン建屋の汚染状態】

【1号機】原子炉圧力容器:機密性あり(漏水状態)
     原子炉格納容器:破損あり、窒素注入中
     原子炉建屋  :水素爆発
     タービン建屋 :放射能汚染水が漏水中
【2号機】原子炉圧力容器:機密性なし(破壊状態)
     原子炉格納容器:破損あり、特に圧力制御室破損による機能不全中
     原子炉建屋  :一部破損
     タービン建屋 :放射能汚染水が漏水中
【3号機】原子炉圧力容器:機密性なし(破壊状態)
     原子炉格納容器:破損あり
     原子炉建屋  :水素爆発
     タービン建屋 :放射能汚染水が漏水中
【4号機】原子炉圧力容器:不使用
     原子炉格納容器:不使用
     原子炉建屋  :水素爆発
     タービン建屋 :地震の被害、及び燃料プールが破損

総括:4号機がかなり危険になっている。たしか5mm程度のステンレスのプールに保管されており、簡単に破損する。そして、すでに破損の疑いがある。注入しても水が堪らない。屋外で原子炉内と同じことがおき始めている。何とか鎮火しないと拙い。(前回と同じ)

【放射能拡散情報】(~4/28)

今回、計測された主な地域である。
(その他は計測されていないので安心して下さい。)

青森県(青森市)
  -     4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素 131  0   0   5.8  45   0
セシウム134  0   0   4.7  38   0
セシウム137   0    0   0   36   0

岩手県(盛岡市)
 -     4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素 131  0   0   30   0  0
セシウム134  0   0   26  43   0
セシウム137  0   0   24   0   0

秋田県(秋田市)
 -      4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素  131  0  0   0  89   0
セシウム 134  0  0   0  76   0
セシウム 137  0  0   0  90   0

山形県(山形市)
 -      4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素  131  0   0  0  0    0
セシウム 134  5.1  17  24  0    0
セシウム 137  6.3  18  28  0    0

福島県

茨城県(ひたちなか市)
 -      4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素  131  0  0   0  0   0
セシウム 134  0  0   0  0   0
セシウム 137  0  8.5  0  0   9.5

栃木県(宇都宮市)
 -    4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素131  0   0  0  0   0
セシウム134 0   0  0  9.7  0
セシウム137 0   0  17  8.8  0
 
群馬県(前橋市)
-      4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素131  0   0  0   0  0
セシウム134 4.4  0  0   0  0
セシウム137 3.2  0  4.0  0  0

埼玉県(さいたま市)
-      4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素131   0  3.3  0   0  0
セシウム134 18  25   6.5 21  5.1
セシウム137 20  29   0  23  6.4

千葉県(市原市)
-      4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素131   0   0   0   0  0
セシウム134  0   3.3  0  27  0
セシウム137  3.8  0   0  26   3.6

東京都(新宿区)
 -    4/24 4/25 4/26 4/27 4/28
ヨウ素131  0   0  0   0  0
セシウム134 5.0  0  5.4  0  0
セシウム137 5.4  5.5 6.6 39  0

総括:まず謝罪。4/18~4/25からの東北地方への飛散は予測していましたが、それまでの数値から不安を煽るだけなので控えました。はっきり言って失敗です。
特に秋田ですが、ヨウ素131が89 Bq/m2(16μSv/日、0.66μSv/h)、セシウム134が76 Bq/m2(28μSv/日、1.166μSv/h)、セシウム137が90 Bq/m2(16μSv/日、0.66μSv/h)であり、合計が60μSv/日、2.49μSv/hであった。
量としてはわずかではあるが、東北地方の4/25 4/26 4/27に飛散したことは間違いない。そして、その期間の福島の測定値は公表されていない。官邸の情報では普段とまったく変化なく、微量に下降を続けている。(福島内の測定方法に問題があるとしかいいようがない)
いずれにしろ、4/25 4/26 4/27の期間で福島原発で何らかの事象があったことが、間接的に証明された訳だ。
1号機で注入を通常に戻した理由は、大気中への飛散を計測した為ではないかと推測される。
もちろん、そんな情報は東電も政府からも発表されていない。
4/28以降の情報はまだアップされていない。しかし、全国放射線量マップの東北地方の放射線量がわずかにアップしていること。1号機、3号機の炉内温度が上昇していることから、1号機、3号機からの大気への流出が続いていると判断できる。現在、関東方面の測定値は緩やかに下降傾向を示しているが、風向きが変われば、再び上昇値に変わるかもしれない。今後も注目する必要がある。

全国放射線量マップ
http://atmc.jp/

《1・2・3・4号機、原子炉の状況》
平成23年4月27日(17:00)現在
原子力災害対策本部より
【1号機】
INES評価 レベル7
炉心燃料健全性           炉心損傷
格納容器健全性            健全
交流電源を要する原子炉冷却機能   機能喪失
交流電源を要しない原子炉冷却機能  機能喪失
建屋健全性             大きく損傷
原子炉圧力容器内水位        (A)-1650mm(B)-1700mm位(5月1日11:00)
原子炉圧力容器内圧力        高圧状態 (A)0.440MPaG(B)1.225MPaG位(5月1日11:00)
原子炉圧力容器内温度        高温中 142.0℃位(5月1日11:00)
格納容器圧力<窒素注入中>     安定 0.130MPaabs位(27日11:00)<破損確定>
炉心への注水            実施中(淡水)
格納容器への注水          実施中(淡水)
格納容器ベント           実施中
使用済み燃料プール内の燃料健全性  水温23℃位(26日)
電源受電完了(3日より仮設ポンプを稼動中)
7日01:31 窒素ガス格納容器内へ注入
14日12:20 1・2号機スクリーン前面及び取水口へのシルトフェンス設置

【2号機】
INES評価 レベル7
炉心燃料健全性           炉心損傷
格納容器健全性           損傷の疑いあり
交流電源を要する原子炉冷却機能   機能喪失
交流電源を要しない原子炉冷却機能  機能喪失
建屋健全性              損傷
原子炉圧力容器内水位           (A)-1500mm(B)-2100mm位(5月1日11:00)
原子炉圧力容器内圧力        安定 (A)-0.020MPaG(B)-0.020MPaG位(5月1日11:00)
原子炉圧力容器内温度        高温維持 118.5℃位(5月1日11:00)       
格納容器圧力            安定 0.075MPaabs位(5月1日11:00)
圧力制御室             破損状態
炉心への注水            実施中(淡水)
格納容器への注水          実施中(淡水)
格納容器ベント           必要無し(ベント解放の必要なし)
使用済み燃料プール内の燃料健全性  水温49℃(26日)
電源受電完了(3日より仮設ポンプを稼動中)

【3号機】
INES評価 レベル7
炉心燃料健全性           炉心損傷
格納容器健全性           損傷の疑いあり
交流電源を要する原子炉冷却機能   機能喪失
交流電源を要しない原子炉冷却機能  機能喪失
建屋健全性             大きく損傷
原子炉圧力容器内水位        (A)-1800mm(B)-2250mm位(5月1日11:00)
原子炉圧力容器内圧力         安定 (A)-0.068MPaG(C)-0.089MPaG位(5月1日11:00)
原子炉圧力容器内温度        高温維持 90.8℃位(5月1日11:00)        
格納容器圧力            安定 0.1027MPaabs位(5月1日11:00)
炉心への注水            実施中(淡水)
格納容器への注水          実施中(淡水)
格納容器ベント           実施中
使用済み燃料プール内の燃料健全性  水温56℃ サーモ位(26日)
電源受電確認作業中止中
21日20:00 灰色の煙発生
23日16:20 黒煙が発生
29日 原子炉へ淡水を注入 

【4号機】
INES評価 レベル3
炉心燃料健全性           問題なし
格納容器健全性            健全
交流電源を要する原子炉冷却機能   必要とせず
交流電源を要しない原子炉冷却機能  必要とせず
建屋健全性             大きく損傷
原子炉圧力容器内水位        安全状態
原子炉圧力容器内圧力        安全状態
原子炉圧力容器内温度        安全状態
格納容器圧力            安全状態
炉心への注水            必要とせず
格納容器への注水          必要とせず
格納容器ベント           必要とせず
使用済み燃料プール内の燃料健全性  水温81℃ サーモ(24日)
電源復旧作業中

【5号機】
炉心燃料健全性           問題なし
格納容器健全性            健全
交流電源を要する原子炉冷却機能    回復
交流電源を要しない原子炉冷却機能   回復
建屋健全性             問題なし
原子炉圧力容器内水位        安全状態(未発表)
原子炉圧力容器内圧力        安全状態(未発表)
原子炉圧力容器内温度        安全状態(冷却中)
格納容器圧力            安全状態(常圧1気圧)
炉心への注水             回復中
格納容器への注水           回復中
格納容器ベント           問題なし
使用済み燃料プール内の燃料健全性   安定 40.2℃位(1日)
電源復旧済み。外部電源への変更中

【6号機】
炉心燃料健全性           問題なし
格納容器健全性            健全
交流電源を要する原子炉冷却機能    回復
交流電源を要しない原子炉冷却機能   回復
建屋健全性             問題なし
原子炉圧力容器内水位        安全状態(未発表)
原子炉圧力容器内圧力        安全状態(未発表)
原子炉圧力容器内温度        安全状態(冷却中)
格納容器圧力            安全状態(常圧1気圧)
炉心への注水             回復中
格納容器への注水           回復中
格納容器ベント           問題なし
使用済み燃料プール内の燃料健全性   安定 35℃位(1日)
電源復旧済み。外部電源への変更中

共有プール 27℃(30日)

総括:4号機のプール温度が気になる。24日の水温81℃以降が気になる

《周辺地域の放射能問題》

福島県内 放射能測定値(暫定)
(単位μSV/h) 福島  郡山 白河 会津若 南会津 南相馬 いわき
14日  4:00  0.050 0.060 0.080 0.060  0.060 
16日 15:10 19.100 2.910 3.900 0.570  0.100  3.700 1.950
17日 16:30 11.900 2.930 3.000 0.500  0.100  3.060 1.180
18日 15:00 11.200 2.400 2.600 0.420  0.090  3.380 0.980
19日 16:00  9.700 2.080 2.400 0.390  0.090  2.820 0.880 
20日 16:00  8.350 2.390 1.900 0.340  0.090  2.380 0.830
21日 11:00  7.540 1.980 1.600 0.300  0.100  2.390 6.000
21日 16:00  7.260 1.880 1.600 0.330  0.110  2.000 2.450
22日  9:00  6.500 1.720 1.500 0.530  0.100  1.860 2.150
22日 16:00  6.080 1.780 1.500 0.490  0.100  1.780 2.160
23日 16:00  5.130 1.600 1.400 0.410  0.090  1.560 1.600
24日 14:00  4.760 1.380 1.100 0.390  0.090  1.780 1.470
25日 16:00  4.210 3.520 1.100 0.330  0.090  1.400 1.080
26日 16:00  3.840 3.370 0.960 0.280  0.080  1.120 1.090
27日 16:00  3.540 3.070 0.950 0.360  0.080  1.090 0.980←2~3μSv
28日 16:00  3.020 2.690 0.890 0.290  0.080  1.060 0.900
29日 16:00  3.020 2.030 0.820 0.270  0.080  1.000 0.730
30日 16:00  2.810 2.480 0.780 0.240  0.080  0.910 0.650
31日 16:00  2.490 2.280 0.690 0.230  0.080  0.980 0.660
1日 16:00  2.340 2.200 0.690 0.240  0.080  0.930 0.540
2日 16:00  2.550 2.230 0.680 0.230  0.080  0.880 0.530
3日 16:00  2.450 2.140 0.680 0.230  0.080  0.850 0.510
4日 16:00  2.020 2.060 0.700 0.220  0.080  0.800 0.480
5日 16:00  2.010 2.020 0.670 0.200  0.070  0.760 0.450
6日 16:00  1.94  2.02  0.69  0.20   0.07   0.74  0.43
7日 16:00  2.01  1.96  0.75  0.19   0.08   0.74  0.37
8日 16:00  1.89  1.84  0.68  0.21   0.08   0.73  0.38
注).風向きも関係なく、下がる下がる。どこまで下がっていくのだろう。
この結果なら福島の問題は終わっているな!?
全国平均が0.99mSv/年で、0.114μSv/hだから、いわき市はその4倍くらい。
でも、26日の一般者の測定値は2~3μSvだったりする。(不自然に低い数値だ)
<測定場所がビルの屋上に変わったという噂もある>

各県 放射能測定値(暫定)
(単位μSV/h)    岩手 宮城 茨城  栃木  群馬
13日 9:00~17:00 0.052        0.038 0.019
15日 9:00~17:00 0.047        0.701 0.191 
16日 0:00~01:00 0.041  0.194 0.214 0.281 0.501 
17日 0:00~01:00 0.147  0.194 0.232 0.208 0.108
18日 0:00~01:00 0.030      0.203 0.182 0.092
19日 0:00~01:00 0.028      0.183 0.162 0.084
20日 0:00~01:00 0.026      0.166 0.145 0.074
21日 0:00~01:00 0.036      0.170 0.146 0.074
22日 0:00~01:00 0.035      0.322 0.152 0.114
23日 0:00~01:00 0.033      0.321 0.150 0.109
24日 0:00~01:00 0.032      0.317 0.138 0.095
25日 0:00~01:00 0.030      0.292 0.128 0.087
26日 0:00~01:00 0.030      0.269 0.123 0.079
27日 0:00~01:00 0.028      0.252 0.113 0.070
28日 0:00~01:00 0.028      0.238 0.107 0.065
29日 0:00~01:00 0.027  0.105 0.225 0.102 0.061
30日 0:00~01:00 0.027  0.067 0.214 0.098 0.057
31日 0:00~01:00 0.027  0.088 0.201 0.104 0.057
1日 0:00~01:00 0.027  0.083 0.192 0.092 0.054
2日 0:00~01:00 0.027  0.081 0.186 0.089 0.054
3日 0:00~01:00 0.027  0.078 0.176 0.089 0.049
4日 0:00~01:00 0.025  0.075 0.173 0.083 0.048
5日 0:00~01:00 0.025  0.071 0.167 0.081 0.046
6日 0:00~01:00 0.025  0.075 0.163 0.079 0.046
7日 0:00~01:00 0.025  0.075 0.158 0.078 0.045
8日 0:00~01:00 0.024  0.078 0.154 0.077 0.045

(注).μSV/hを42日浴びると1008倍のmSVに放射線量になる。
コンクリート構造物の場合、放射能の遮蔽率は0.2以下(仮に0.1とします)
外部活動を6時間と屋内18時間としても、128日後には1000倍を超えます。
1μSV/hでの屋内退避のリミットと4カ月と推定されます。
また、1mSV/年を1時間に換算すると、0.117μSV/hとなります。
実効線量Sv(シーベル)とは、放射線感受性の相対値で加重してすべてを加算したもの。

総括:個人の放射能測定がYouTubeに投稿されている。福島市やいわき市などの投稿があり、水たまりや排水菅付近では100μSvの高い数値は検出されている。一部では放射能除染も始まっているが、もっと大々的にやらなければ、効果は薄い。対応の遅さだけが目についてしまう。
こういった測定値は政府は信用しないだろう。
しかし、私は政府の測定方法にこそ信用ができない。
10m以上、1.5m、0.5m、地表、地下50cm、1mと様々な測定データーこそ必要だと私は思う。
私達がほしいのは、偽りの安全ではなく。
確かな安全がほしいのである。

<9日以降のデーターは、下の官邸情報をあけて確認してください。あまり、確かな情報とは言えませんが・・・>

ドンちゃんの他事総論【福島原発記事】

>2011年4月22日 (金)
放射能拡散情報(4/22) 今度は北海道!? いやいや新潟方面でしょう??
http://donnat.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/422-b750.html

« 放射線と人体影響の関係 | トップページ | 無為自然(むいしぜん) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

※ 動画 → 12月4日 京都児童公園を無断で校庭として使う朝鮮学校から奪還

※ 動画 → 朝鮮総連と癒着して市民デモを危険に晒す京都府警

※ 動画 → 発砲した警察官(奈良県警)を守れ!署名・デモ行進

※ 動画 → 法を破るシナ人商店は片っ端から営業停止だ!

※ 動画 → 【維新政党・新風】弁士、韓国人に襲われる

皆さんの怒りの拳が大きな力となります!御賛同下さい。

【検索:朝鮮進駐軍】

偽装した在日右翼の車が街中を疾り
日教組が反日教育を促し、なぜ朝日新聞、毎日新聞
TBS、朝日、フジ、NHKをはじめとするTV局が日本を貶める
偏向報道をするのか?

口蹄疫(こうていえき)の発生源が未だ特定されず
駅前の一等地に焼肉店やパチンコ屋が占拠し
なぜ異常な韓流ブームは終わらないのか?

年間1万人を日本に送り込む、人口侵略を開始した
地球最悪のガン細胞(シナ)中国人!

【検索:オランダの悲劇】

日本を確実に破壊させる
民主・公明が推し進める外国人参政権が迫っている!

【検索:民主党の正体】

犠牲になった人々(バージニア工科大学)の冥福と
醜悪な支那人、朝鮮人の絶滅祈りつつ・・・

日本人の血税を貪り食らい
毎月一人あたり20万円もの生活保護を受け
【納税・教育・交通・保険・医療・他、】を優遇され
凶悪犯罪を行っても通名(偽名)で報道され、本名を公表されない
異常な【在日特権】を知らない日本人が多すぎる。

⇒ 「在日特権を許さない市民の会」 会員募集中!

【検索:参照サイト】

「韓国は『なぜ』反日か?」

「歴史捏造国家 韓国」

「国民が知らない反日の実態」

「厳選 韓国情報」

せと弘幸Blog 『日本よ何処へ』

「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」

「在日による性犯罪」

【関連書籍】

宝島社「嫌韓流の真実!ザ・在日特権 」

晋遊舎「マンガ嫌韓流」~4(絶賛発売中!)

晋遊舎「TBS報道テロ 全記録」

検索:YouTube ニコニコ動画 (在日 韓国 朝鮮 反日 売国 創価学会 統一教会)

【推奨:保守番組】 CSスカパー 「日本文化チャンネル桜」

【共闘団体】

主権回復を目指す会
NPO法人外国人犯罪追放運動
外国人参政権に反対する会
日本を護る市民の会

【近年の犯罪者リスト】

●麻原彰晃 →オウム真理教教祖。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺。海外新聞がkoreanと表記。週刊現代がスクープ事件前の対談で自ら語っている。
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害15人が重傷。朝鮮人部落出身。
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人。
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人。
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 実家パチンコ店の帰化人、英国人ルーシーブラックマン、日本人、豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人。
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す。
●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人。
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。日本人老夫婦を刃物で殺傷。
●木原武士 →元暴力団の鍵業者 在日帰化人 フリールポライター染谷悟さん殺害、東京湾に沈める。
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦。
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦。
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡。
●李正遠 →在日韓国人 浜松市内の住宅に侵入し15歳の少女を強姦、06年6月頃から強姦事件が20件ほど起きており、手口が似ていることなどから余罪について追及。
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ。
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦。
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ。
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し女子小学生14人をレイプ。
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦。
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦。
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり。
●金平和 →98~06年大阪・神戸 女性宅に侵入スタンガンで脅し強姦監禁。現金を奪う。キャリーバッグに入れて自宅に監禁。100件以上の被害「カネと性欲を満たしたかった」語る。
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦。
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か。
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見。
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず。
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中。
●崔鳳海 →韓国人の暴力団 03年より市を「なめているのか俺に対立する人間は消えていくんだ」恫喝し生活費1940万を受取る。さらに嘘の保険金約2200万円を受取り、高級車ブランド品を購入。
●崔基浩 →韓国籍 美容外科医池田優子さんの長女果菜子さんを身代金目的で誘拐。逮捕後に殺害するつもりだったと供述。
●永田保(金保) →韓国籍「聖神中央教会」代表。12歳少女に性的暴行で逮捕、被害者は30人以上。
●松岡寿明(金寿明) →暴力団を装い大阪府内で12歳から24歳の女性17人を次々に脅して強姦。
●趙龍翼 →(主犯格ほか)プラスチック会社社長、上野さん夫婦宅に侵入。現金を奪い口や鼻を布で塞いで窒息死させる。共犯の韓国人2人は逃亡中。
●西澤(徐康次)→韓国籍 岐阜市六条江東、強盗強姦。10代女性にカッターナイフ突き付け現金奪い暴行、08年から似た手口の強姦容疑事件が発生していることから余罪があるとみて捜査。
●安田亨(安承哲)→09年1月 大阪 タクシー連続首斬り強盗殺人・コンビニ連続強盗。刃物で運転手「後藤利晴」さんの首を切り殺害。毎月12万円の生活保護をパチンコに使いサラ金に280万の借金、コンビニで奪った金をパチンコで全額を消費。
●李仙吉 →韓国籍 10年1月 兵庫県姫路市で18歳の女性をカッターナイフで脅し強姦、さらにホテルに連れ込み陵辱を続けた。他に同様の犯行で数十件の余罪あり。

ほか、

在日朝鮮学校のことは私も書いたことがありますが、酷いです。

学校法人になりたいのなら、教育カリキュラムを変更するべきです。
専門学校とするなら、他の高校と同等の権利を主張するのは間違いです。

権利だけくれ!!!

ちょっと横暴です。

念の為に言っておきますが、在日の方々のすべてがそんなことを言っている訳ではありません。

在日=韓国=北朝鮮

この図式は成立しません。


よって、在日に対して怒りを持っていませんが、この北朝鮮の学校などには激しい怒りを持っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発情報 ←(5/3更新)何かあった4/25~4/27!? そして、継続中???:

« 放射線と人体影響の関係 | トップページ | 無為自然(むいしぜん) »