2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 何でも隠蔽、放射能の拡散は予測できていた??? | トップページ | 震災から1ヵ月、もうがんばってとは言わない。 »

計画停電なんていらない!?

前回、太陽光発電の生産量などを紹介した。

<計画停電、与謝野案、値上げ反対!!!>
太陽光発電だけで40万kWくらいが3ヵ月で設置が可能である。
また、電気量の値下げによる15%の節電。
(30%の節電を目標にした基本料金の基本使用量の30%削除と値下げ)
ホールや公共施設の節電によって30%の節電が可能だと思われる。

大口のピークを下げることを併用すると、
不足分の1000万kWはクリアーできそうだ。
計画停電は回避できる。政府が無能でなければ!!!

調べていると、
ホールや大学、公共施設などの電気使用量が意外に大きいことだ。
家庭の節電を帳消しにするくらいの電気使用量である。
太陽光発電や自家発電などの設置を併用すれば、問題はない。
後は、その資金を自立国債か、無利子融資などで提供できるかどうかに掛っている。
これだけは、政府しかできない仕事である。

電力の総量規制検討には賛成するが、
・自家発電を設置する企業には免除
・設置する資金を融資する。
この2点はセットでなければ、総量規制による産業界ダメージが心配される。
これも国の政策でクリアーできる問題である。

いずれにしろ、時間との戦いであって、1日の遅れが政策すべての失敗になりかねないので、見切り発車、後日承諾は止もうえない事態であるが・・・・・・私に見るところ、そんな政治的勇断を結構できる政治家は見当たらない。

原子炉をそうだが、技術力と人間力と時間に問題はない。足りないのは決断をする行動力だけである。

東京の電力量
電灯電力合計10,626,835千kWh(1428.3万kW/h)の30%節電 476万kW/h
大口需要
<業務用>  8,019,356千kWh(1077.9万kW/h)の30%ピーク電力の削減 323万kW/h
<産業用>  9,124,493千kWh(1226.4万kW/h)の30%ピーク電力の削減 245万kW/h
計画削減によって、ピーク電力を1044万kW/hも削減可能になる。

不足分1000万kWをこれで補える計算になる。

しかし、
実際には困難が伴う訳であり、確実に実施するには、
ホールのピーク電力の削減 50% 207.5kW/h
(ホールにおける電気使用量 415万kW/日)
公共性が高い大学は、50%節電 67.9万kW/日
(主な大学の電気使用量 135.8万kW/日)
役所等の施設の節電でも数百万kW/日の節約が可能。
など、娯楽性の高い施設や公共性の高い施設のピーク電力の50%削減 または、50%節電の実施が必修事項だが、それで十分な電力が供給されることが判った。

※ 太陽光発電や自家発電がある施設はそれを節電と見なす処置が必要だ。
※ ピーク電力の削減は節電ではなく、ピーク電力を落とす処置であって、経済活動を限りなく阻害しない為の処置である。
※ 大学や役所といった公共施設にはかなりの負担をしいることになるが、全体電力を落とさないと夜間の電力が確保できなくなる。
(世界の生産量は1000万kWを超えているので、理論的には250kWの設置も可能だが・・・)

いずれにしろ、
計画停電などするようなら、政府の無能と東電の横暴によるものだ。

震災から1ヵ月が過ぎた。計画停電を防ぐには自家発電や太陽光発電、ガス発電など施設の設置が不可欠である。その必要なものは財源であり、その保障や一時の貸し出し、補助金の引き上げなどが必要だが、残された時間は少ない。
1ヵ月の躊躇が計画停電の回避を不可能にすると気が付かないのだろうか?

------------○------------
2010年8月分 電力需要実績 (確報)
http://www.fepc.or.jp/library/data/demand/__icsFiles/afieldfile/2010/09/30/kakuho0930.pdf
8月の電力需要は,10社販売電力量合計で 849 億kWh
東京の電力量
 電  灯  9,257,347千kWh
 従来電灯  6,817,956千kWh
  電  力  1,369,489千kWh
 低 電 圧  1,211,565千kWh
電灯電力合計10,626,835千kWh(3億4280万kW/日、1428.3万kW/h)
特定規模需要17,143,849千kWh(5億5320万kW/日、2304.3万kW/h)
<業務用>  8,019,356千kWh(2億5869万kW/日、1077.9万kW/h)
<産業用>  9,124,493千kWh(2億9433万kW/日、1226.4万kW/h)
販売電力合計27,770,684千kWh(8億9582万kW/日、3732.6万kW/h)
------------○------------
2009年度 ホールにおける電気使用量等調査(パチンコ)
http://www.zennichiyuren.or.jp/assets/files/news/201101/2009_denki_a.pdf
東北電力 562,235,918kWh(154万kW/日)
東京電力1,515,507,729kWh(415万kW/日)
           計 569万kW/日
------------○------------
各国は困惑している -河野太郎-
2011年4月 7日 14:05
東大本郷       22,725,240kWh(73.3万KW)
東京医科歯科大学    5,427,360kWh(17.5万KW)        
東京工業大学           4,564,080kWh(14.7万KW)
電気通信大学      1,837,488kWh( 5.9万KW)
東大駒場        1,770,240kWh( 5.7万KW)
東京農工大学小金井   1,303,628kWh( 4.2万KW)
東京農工大学府中      824,078kWh( 2.7万KW)
東京海洋大学品川      650,191kWh( 2.1万KW)
お茶の水女子大学      649,248kWh( 2.1万KW)
東京学芸大学        616,488kWh( 2.0万KW)
東京芸術大学        612,646kWh( 2.0万KW)
一橋大学          328,899kWh( 1.1万KW)
東京外国語大学       317,208kWh( 1.0万KW)
東京海洋大学越中島     313,605kWh( 1.0万KW)
政策研究大学院大学     165,028kWh( 0.5万KW)
                 計135.8万KW/日
(出展:文部科学省 8月の使用量)
ワット時 1Wh = 1W × 時間:1日の使用量は、1日の使用量に換算しなおすと31日で割る
------------○------------
原発無くても大丈夫
http://www.nuketext.org/mondaiten_setsuden.html
 ちなみに、2001年度の全国の発電所の発電能力の合計は2億3030万kw。この年の最大電力使用量は、1億8240万kw。発電所の中には、この年に定期点検や修理などで使用できないものもあるでしょうが、それにしても、発電設備の「余力」はたっぷりあります。この年の全国の原子力発電所の発電容量合計は4574万kwですから、単純に考えれば、原子力発電所がすべて廃止されても、電気は充分に足りていることになります。

やれば出来た 2003年夏
 現実に、2003年春、前年の秋に発覚した原発事故隠しの影響で、東京電力管内全17原発が点検のため停止されました。17基の合計出力は1730万 8000キロワットとなります。同電力の01年度の年間発電電力量のうちに占める原発の発電量の割合は47パーセントと、2分の1に近いのですが、それがすべて停止する事態が、03年4月15日に起きました。
 それでも、電力不足は起きませんでした。この年の夏、東京電力は7月末までに無理矢理4基の原発の運転再開にこぎ着けましたが、例年なら電力消費がピークを迎えるときでも、残り13基の原発は停まったままでした。が、はやり停電は起こりませんでした。停電を起こさないために東電は企業に対し、一生懸命に節電やピーク時の電力消費をシフトする取り組みを呼びかけたりしたようです。協力した企業も大変だったと思います。しかし、考えてみるとこれは何も、この年かぎりの取り組みにとどまらせることなく、毎年やれば停まったままの原発を再開させなくても、こと足りるはずです。基本的なスタンスとしてこれまで販売電力量拡大一辺倒だった営業方針を、この夏だけ全面的に大転換した電力会社の姿勢が、一番の問題点だったのではないでしょうか。無理矢理一部の原発を再開したのも、もし全部の原発が停まったままで夏を乗り切ることができたら・・・・実際に乗り切ることができたはずですが・・・「原発が停まれば、停電になる」という電力会社のウソがばれてしまうからだといえます。電力会社に求められるのは、売り上げが減ることも覚悟して、本当のエネルギー・資源の節約を経営理念とすることでしょう。
 幸か不幸か、この年の夏は冷夏で、冷房需要がそれほど伸びなくてすみ、その意味でも電力は不足しませんでした。ちなみに、この年の電力需要のピークは9月11日に記録されています。
------------○------------
太陽電池生産量
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/kaiken/AA5/nedopressorder.2010-06-29.4503809734/setsumei.pdf
全世界の生産量は1000万kWを超えている。
------------○-----------
電力不足、成長に足かせ 総量規制検討 産業界ダメージ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000000-fsi-bus_all
3月24日(木)8時15分配信
 政府は23日、東日本大震災に伴う電力不足に対応し、電力消費量が多い工場などを対象に、事業者ごとに電力使用量の上限を設定する「電力総量規制」導入の検討に入った。すべての電力が一時供給されなくなる計画停電に比べ、一定の枠内で電力が使える総量規制は産業界の同意を得やすいとみられている。ただ、総量規制を導入すると、実質国内総生産(GDP)成長率をゼロに押し下げるとの試算もあり、東日本大震災の被害そのものと合わせ、日本経済への打撃は大きい。企業は生産計画など経営戦略の大幅な見直しを迫られそうだ。

 大震災や福島第1原子力発電の事故の影響などで、東京電力管内の電力供給量は2009年度末に比べて4割以上減っている。今夏までに確実に見込める電力供給量は、火力発電所の運転再開や西日本の電力会社からの調達などで、4500万キロワット程度とされる。これに対し、今夏の電力需要は5500万~6000万キロワットに膨らむ可能性があるという。大震災に伴う首都圏などでの電力不足は最大で1500万キロワットに上る見通しだ。

 こうした事態に対処するために総量規制が検討されているが、実施された場合のGDPの年間押し下げ額について、数兆~十数兆円の巨額の損失が試算されている。

 第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストは「総量規制で東京電力が供給を年間25%減らせば、日本の実質GDPを1%程度押し下げる。金額ベースなら5兆2000億円程度だ」と算出する。

 ただでさえ震災被害で経済成長が抑えられることが予想される中、総量規制の影響が加われば、「限りなくゼロ成長に近づく」と危惧している。

 大和総研の熊谷亮丸(くまがい・みつまる)チーフエコノミストは「日本全体の供給電力が年間1割程度減れば、鉱工業生産は9%近く減る。この結果、実質GDPが2.8%、15兆円ほど減るだろう」と予測する。

 ニッセイ基礎研究所の櫨(はじ)浩一経済調査部長も「地震被害の影響を加え、2%弱とみていた2011年度の成長率予想はゼロになる」とみており、日本経済の停滞を懸念している。

 現在、実施されている計画停電は1日のうち、一定時間完全に電力の供給が止まる。これに対し、総量規制は電力供給は止めないが、上限を決めて電力を抑制する。どちらにしても産業界にとって厳しい状況には変わりはない。

                   ◇

 ■企業 迫られる二者択一

 自動車業界の関係者は「電力が安定的に使え、生産効率を計算できる総量規制のほうが望ましい」と語る。

 鉄スクラップを主原料に鉄鋼を生産する電炉メーカーでも「生産計画に見通しをつけやすい」と総量規制に一定の評価を示す。電炉を立ち上げるには数時間かかるため、計画停電だと生産量を落とさざるを得ないという。

 また、化学メーカーも「総量規制のほうが、自社の工場群の中で電力が必要な工場に融通したりして生産を維持しやすい」とメリットを強調する。

 ただ、総量規制の上限がどの程度に落ち着くかで、生産効率も大きく変わる。製造業などの場合、電力の削減量が人事や総務などの間接部門の照明やエアコンの停止程度で済めば「影響は軽微」(メーカー幹部)だが、本業である生産工場のラインの電力にまで本格的に手を付ける必要がある場合は、「10%の電力減が3~4割の生産縮小に膨れ上がる可能性は高い」(自動車大手)という。産業界は、未体験の総量規制にとまどいを禁じ得ないでいる。

 「今は産業界全体で痛みを分かち合わないといけない」。ある流通幹部はこう口を開く。地震と津波、原発事故と非常事態が続く中で、「協力できることは協力していく」というスタンスを多くの企業で共有するが、あるメーカー幹部は「本音はどちらもやりたくない。総量規制のほうがまだましなだけ」と吐き捨てた。

 「日本経済は戦後最大の危機にある」(大手証券)とされる中で、復興の鍵を握る電力の確保は日本経済の生命線。産業界の知恵と力の結集が今試されている。
------------○------------
市役所(静岡庁舎・清水庁舎)の電気・ガス使用量の状況
http://www.city.shizuoka.jp/000061900.pdf
------------○------------
市役所(埼玉県八潮市)の電気・ガス使用量の状況
http://www.city.yashio.saitama.jp/www/contents/1183687827004/html/common/other/4695bab6005.pdf
1年間 275万6836kW(1ヵ月平均 22万9736kW、1日当たり平均 766kW)
------------○------------
東京都北区役所の電気使用量
http://www008.upp.so-net.ne.jp/kitakugikai/news/tsn051.html
本庁舎は第一が615kw、第二が147kw、第三が230kw、第四が91kwの契約で年間使用量は約298万kw
1年間 298万kW(1ヵ月平均 25万kW、1日当たり平均 827kW)
------------○------------
東京都豊島区役所の電気使用量
http://www.city.toshima.lg.jp/dbps_data/_material_/localhost/060seisokankyo/005kankyoseisaku/chousei/kankyouhairyo.pdf
本庁舎1年間 220万kW(1ヵ月平均 18万kW、1日当たり平均 612kW)
その他の重点施設合計1228万kW(1ヵ月平均 102万kW、1日当たり平均 3万412kW)
<小中学校は含まず>
------------○------------
東京都練馬区役所の電気使用量
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/keikaku/shisaku/kankyo/plan.files/plan.pdf
すべての合計7072万5364kW(1ヵ月平均 589万kW、1日当たり平均 19万377kW)
------------○------------
横浜市役所の電気使用量
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/etc/jyorei/keikaku/kanri/nenjihoukoku/h16/021.html
市庁舎内の1年間 66万kW(1ヵ月平均 5.5万kW、1日当たり平均 181kW)
------------○------------
東京都
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD
23区・26市・5町・8村
------------○------------
埼玉県
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C
------------○------------
役所の電気使用量の節約、単純計算
東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬、山梨
6県に40の役所があると仮定して、最低の0.6万kWを 50%を節約させるとすると、72万kWは確実である。
各施設(学校を除く)を入れると、約5倍も360万kW/日も可能と考えられる。
各都県市町村の電気量を提出させると判明するだろう。

« 何でも隠蔽、放射能の拡散は予測できていた??? | トップページ | 震災から1ヵ月、もうがんばってとは言わない。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

311 台灣愛 祈福日本ーSBSI運送物資到東北篇

http://www.youtube.com/watch?v=A5Zn5DuJPmY&nofeather=True
(動画)

媚中派や支那人、朝鮮人に支配された反日売国テレビ
局・マスコミは報道しないニュースです。
台湾が被災者へ贈った義捐金100億円以上を支那から
贈られたとする印象操作の偽装報道をしたNHK。 
この国日本を守るために、マスコミが隠蔽する、これらの
情報に関心を持つ事も大切です。

詳細は
【世界の皆が見守る被災地の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/jht/jht0.cgi

ps:
あの菅さんのドッキリ発言、第1号

原発の爆発茶番劇や計画停電は方便だった。
高濃度放射能に汚染された水死体が次々に発見されているから。

原発周辺の8町村 約4割が「所在不明」 福島県が連絡求める

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110410/dst11041015200033-n1.htm

今後の補償やさまざまな支援を受ける際に、所在確認が
重要。  県はフリーダイヤル(0120・006・865)で毎日
午前8時~午後10時に、連絡を受け付けている。
災害避難者は自分の市町村の役場に至急連絡して下さ
い。
詳細情報の収集は
【東北地方太平洋沖地震被災者応援掲示板】
http://www.aixin.jp/ATH17.cgi
4.行政に対する要請ーー>1.全国自治体リンク集(ana版)
をカッチとね。 参考情報としてご活用下さい。

詳細は
【被災者応援情報の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/jht/jht1.cgi

民主党敗北 菅首相不信任は明白だ 国難克服に政権を託せない
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110411/elc11041103570040-n1.htm

今回の選挙で民主党は大敗北となったが、それにもまし
て日本国民が手に入れた大きな収穫は反日売国テレビ
局・マスコミの偽装報道、捏造報道の犯罪行為が露呈し
て信用を失った事である。
多くの国民が反日売国テレビ局の言うことに耳を貸さなく
成った事である。
愛国系議員を応援して売国系議員を排除して行こう。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
韓直人の作戦計画は未だに続いています。
それは、被災地に投入した10万人自衛隊員殺戮の
計画殺人です。放射能による被爆の健康破壊です。

福島第1原発でホース敷設中の男性作業員が体調不良で病院へ

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110410/dst11041017500036-n1.htm

この日の計画被ばく線量5ミリシーベルトを下回ってい
た。   結果はその値が誤っていたことになる。 
計画被爆線量とは正に計画殺人と同じ意味合いである。
せめて許容被爆線量と表現する慎重な配慮が必要。

【天気・地震の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk.cgi
【天気・地震の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

愛信さん、こんにちは!!!

いろいろと情報を頂きありがとうございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電なんていらない!?:

« 何でも隠蔽、放射能の拡散は予測できていた??? | トップページ | 震災から1ヵ月、もうがんばってとは言わない。 »