2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 上海万博が残すもの | トップページ | 迂闊にのりたくない »

TPPの功罪

環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定(TPP)は関税障壁の撤廃し、自由貿易を促進する協定である。
参加のタイミングは実にすばらしいと評価したいが、参加表明する為の準備が出来ていないので最悪の決断である。

これを1つの料亭で考えるのならば、

準備中の料亭が客が来たからといって、店に客を入れた状態だ。
料理も酒も準備できていない。料理長は「女将が勝手にいれたんだ。女将がなんとかしな‼」とそっぽを向いている状態が今の日本だ。
さて、簡単なアテとお酒で客をなだめて、料理長の出し物を待たなくてはならない。そんなきめ細やかことが菅女将にできるだろうか?

料理長を怒らせて、料理はでなくなり。
客の相手もしない女将に怒って、客も逃げてゆく。
そんな未来が私に見てくる。

環太平洋戦略的経済パートナーシップ協定(TPP)の参加するかしないかは、将来の日本の財政の在り方に大きく関わってくる。
関税による農業・工業の保護を、支援による保護に変換が必要になる。
安い外国製品に対する国内生産の価格をどうするか?
1つは、異常な円レートを解消する。
1つは、国内の食品の安全基準の強化、工業製品の特殊機能の添付を義務づける。
1つは、消費税を30~50%に引き上げて、国内生産の保護に当てる。
いずれかの政策をとらなければ、国内産業の空洞化は防げなくなる。国内の空洞化はそのまま失業者の増加に繋がる。締結するならまごまごしている時間はないが、現政権のそんな緊張感はない。

否、日本の弱体化こそ、民主党政権の真の狙いとか言わないでほしい。

付則でいっておくならば、TPPに加盟する絶対的な必要性はない。円高を容認に、国内産業を特殊化、製品の海外生産主義を徹底し、日本は技術を提供する国家に特化すれば、TPPへの加盟は無意味である。実際、この円高状態で得をするのは海外組であり、日本の産業のダメージは計りしれない。日本企業がタイで生産して、日本に逆輸入するこのが当たり前になる。企業は儲かるが、国内の労働者は疲弊する。そう言ったことを考慮しているとは考えられない。

いずれにしても、TPPへの参加には一定の評価はしている。
しかし、国内の整備が追いつかないと、トンでもない事態になりかねないので要注意である。

« 上海万博が残すもの | トップページ | 迂闊にのりたくない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/37468772

この記事へのトラックバック一覧です: TPPの功罪:

» TPPに打ち勝つ食糧自給自足政策は可能か?について考えよう! [水徒然]
以前、投稿しました「「ビジョン」ある政治主導を期待します。」にて提案していますGDP、食糧自給自足、エネルギーの自給自足に影響すると想われるTPP交渉に係る記事を紹介します。 「・・・「参加すれば、日本の農業は壊滅的な打撃を受ける」−。米国など環太平洋の9カ国が進める自由貿易協定交渉に日本が参加すべきかどうか。各方面の論議が盛んになってきた。  政府は11月初旬の「経済連携協定基本方針」に交渉への参加を盛り込む方向で調整に入ったようだ。だが、政府・与党内でも賛否が分かれる複雑な問題である。  短期間... [続きを読む]

« 上海万博が残すもの | トップページ | 迂闊にのりたくない »