2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

見えない所で議論は進む!

「政党助成法の一部を改正する法律案」は今までの政党助成金の使用を改正する法律である。
主に解散後に寄付を禁止する法律である。
しかし、「国会議員の選挙に関し、候補者又は候補者の後援団体に対して行われる寄附を除く」と括弧書きが気になる。これこそ骨抜きである。
まったく情けない。

「政治資金規正法及び政党助成法の一部を改正する法律案」も同様である。
政治資金収支報告書の虚偽記載等があった場合、50万円以下の罰金に処することと記述されている。 罰金刑に処せられた代表者については、公民権停止の規定があるので、当然、この法律が通過すると鳩山総理や小沢幹事長もなるかというとそうはならないだろう。
公布の日から起算して20日を経過した日から施行することと書かれているので、これからは駄目だよという意味だろう。
さらに、一番気になった言葉が、『相当の注意を怠ったとき』と記述されていることだ。
相当
相当
相当

実に抽象的な表現をするときは大抵は骨抜きに使用される。

さらにもう1つ、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案」である。
懲りずに今回も出されている。
私も賛成派ではあるが、18歳以下が児童という定義の変更がなされていない。
さらに、アニメや漫画も検討の対象にされていることが実に悲しい。
目的は被害者の救済であり、犯罪の予防である。
被害者のいないアニメや漫画が検討されているのが悲しい。児童に見える映像がアウトと言われるとアニメは滅んでしまうぞ!!!
児童の年齢規定も考えてほしいものだ。

--------------○-------------

議案種類:衆法 2号
議案名:政党助成法の一部を改正する法律案

http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

提出時法律案
 政党助成法の一部を改正する法律案
 政党助成法(平成六年法律第五号)の一部を次のように改正する。
 第十四条第一項中「貸付け」の下に「並びに政党が解散すること又は目的の変更その他により政治団体でなくなることを決定した日後における寄附(同条第三項に規定する寄附のうち、衆議院議員又は参議院議員の選挙に関し、当該選挙の候補者若しくは候補者となろうとする者又はこれらの者に係る公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第百九十九条の五第一項に規定する後援団体に対して行われるもの以外のものをいう。以下この項及び第三項において同じ。)(政党が解散し、又は目的の変更その他により政治団体でなくなる日における寄附を含む。)」を加え、同条第二項中「(昭和二十五年法律第百号)」を削り、同条第三項中「貸付け」の下に「並びに当該支部をその支部とする政党が解散すること又は目的の変更その他により政治団体でなくなることを決定した日後における寄附(当該支部をその支部とする政党が解散し、又は目的の変更その他により政治団体でなくなる日における寄附を含む。)」を加える。
 第二十一条第一項中「事実」の下に「(当該政党が解散し、又は目的の変更その他により政治団体でなくなった場合にあっては、その旨の決定をした年月日を含む。)」を加える。
 第二十七条第六項中「第二十一条及び」を「第二十一条の規定は第一項の規定に該当する政治団体について、」に改める。
   附 則
 (施行期日)
第一条 この法律は、公布の日から施行する。
 (経過措置)
第二条 この法律による改正後の政党助成法(以下「新法」という。)第二十一条第一項(新法第二十七条第六項において準用する場合を含む。)及び新法第二十七条第六項の規定は、この法律の施行後に解散し、又は目的の変更その他により政治団体でなくなった政党(同条第一項の規定に該当する政治団体を含む。以下この条において同じ。)について適用し、この法律の施行前に解散し、又は目的の変更その他により政治団体でなくなった政党については、なお従前の例による。
 (公職選挙法の適用除外)
第三条 この法律の施行の日(以下「施行日」という。)前にされたこの法律による改正前の政党助成法(以下「旧法」という。)第十四条第一項に規定する政党交付金による支出のうち新法第十四条第一項に規定する寄附に該当する寄附又は施行日前にされた旧法第十四条第三項に規定する支部政党交付金による支出のうち新法第十四条第三項に規定する寄附に該当する寄附(以下「解散等決定後の政党交付金等による寄附」という。)を受けた者が、当該解散等決定後の政党交付金等による寄附の金額に相当する金額の全部又は一部を次項の定めるところにより国庫に寄附する場合には、公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第百九十九条の二から第百九十九条の五までの規定は、適用しない。
2 前項の国庫に対する寄附をしようとする者は、総務大臣に対し、総務省令で定めるところにより、当該寄附が解散等決定後の政党交付金等による寄附の金額に相当する金額の全部又は一部に係る寄附である旨を明らかにする書類を提出してしなければならない。

     理 由
 政党の解散時における政党交付金の返還を免れる脱法行為を防止するため、政党が解散を決定した日後は、政党交付金による支出又は支部政党交付金による支出として寄附をすることができないこととする必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

政党助成法の一部を改正する法律案要綱

第一 政党が解散等を決定した日後における寄附の制限
  政党又はその支部は、政党が解散等を決定した日後は、政党交付金による支出又は支部政党交付金による支出として寄附(国会議員の選挙に関し、候補者又は候補者の後援団体に対して行われる寄附を除く。)をすることができないものとすること。
*「解散等」とは、(1)政党の解散、(2)政党が目的の変更その他により政治団体でなくなることをいう。
(14条1項及び3項関係)

第二 施行期日等
 1 この法律は、公布の日から施行すること。
(改正法附則1条関係)
 2 その他所要の規定を整備すること。

第三 施行日前に受けた第一の寄附の国庫への返納に係る公職選挙法の適用除外
  施行日前に、政党又はその支部から第一で制限されることとなる寄附を受けた者が、当該寄附の金額に相当する金額の全部又は一部を国庫に寄附する場合には、公職選挙法199条の2から199条の5までの規定(公職の候補者の寄附の禁止等)は、適用しないこと。              (改正法附則3条関係)

議案名:政治資金規正法及び政党助成法の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm
第一七三回

衆第三号

   政治資金規正法及び政党助成法の一部を改正する法律案

 (政治資金規正法の一部改正)

第一条 政治資金規正法(昭和二十三年法律第百九十四号)の一部を次のように改正する。

  第二十五条第二項中「及び」を「又は」に改める。

 (政党助成法の一部改正)

第二条 政党助成法(平成六年法律第五号)の一部を次のように改正する。

  第四十四条第二項中「及び」を「又は」に改める。

   附 則

 この法律は、公布の日から起算して二十日を経過した日から施行する。

     理 由

 政治資金の透明性を確保するため、政治団体の代表者の会計責任者に対する選任・監督責任を強化する必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

政治資金規正法及び政党助成法の一部を改正する法律案要綱

第1 政治資金規正法の一部改正
   政治資金収支報告書の虚偽記載等があった場合において、政治団体の代表者が当該政治団体の会計責任者の「選任」又は「監督」のいずれか一方について相当の注意を怠ったときは、50万円以下の罰金に処すること。(第25条第2項関係)

  ※ 罰金刑に処せられた代表者については、公民権停止の規定がある。

第2 政党助成法の一部改正
   政党等の代表者の会計責任者に対する選任・監督責任についても、第1と同様の改正を行うこと。(第44条第2項関係)

第3 施行期日
   この法律は、公布の日から起算して20日を経過した日から施行すること。(附則関係)

議案名:児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

提出時法律案
第一七三回

衆第五号

   児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案

 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成十一年法律第五十二号)の一部を次のように改正する。

 第三条中「留意しなければならない」を「留意し、児童に対する性的搾取及び性的虐待から児童を保護しその権利を擁護するとの本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあってはならない」に改める。

 第六条の次に次の一条を加える。

 (児童ポルノ所持等の禁止)

第六条の二 何人も、みだりに、児童ポルノを所持し、又は第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録を保管してはならない。

 第七条の見出し中「児童ポルノ」の下に「所持、」を加え、同条第六項中「第四項」を「第五項」に改め、同項を同条第七項とし、同条第五項を同条第六項とし、同条第四項を同条第五項とし、同条第三項中「第一項」を「第二項」に改め、同項を同条第四項とし、同条第二項を同条第三項とし、同条第一項を同条第二項とし、同条に第一項として次の一項を加える。

  自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。自己の性的好奇心を満たす目的で、第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録を保管した者も、同様とする。

 第九条中「から前条まで」を「、第六条、第七条第二項から第七項まで及び前条」に改める。

 第十条中「第五項」を「第六項」に改める。

 第十一条中「から第七条」を「、第六条又は第七条第二項から第七項」に改める。

 第十二条第一項及び第十三条中「第八条まで」を「第六条まで、第七条及び第八条」に改める。

 第十四条中「児童ポルノの」の下に「所持、」を加え、同条の次に次の一条を加える。

 (インターネットの利用に係る事業者の努力)

第十四条の二 インターネットを利用した不特定の者に対する情報の発信又はその情報の閲覧等のために必要な電気通信役務(電気通信事業法(昭和五十九年法律第八十六号)第二条第三号に規定する電気通信役務をいう。)を提供する事業者は、児童ポルノの所持、提供等の行為による被害がインターネットを通じて容易に拡大し、これによりいったん国内外に児童ポルノが拡散した場合においてはその廃棄、削除等による児童の権利回復は著しく困難になることにかんがみ、捜査機関への協力、当該事業者が有する管理権限に基づき児童ポルノに係る情報の送信を防止する措置その他インターネットを利用したこれらの行為の防止に資するための措置を講ずるよう努めるものとする。

 第十五条第一項中「関係行政機関」を「厚生労働省、法務省、都道府県、都道府県警察、児童相談所、福祉事務所、市町村その他の関係行政機関」に改め、同条第二項中「関係行政機関は、前項」を「前項の関係行政機関は、同項」に改める。

 第十七条中「罪」を「規定」に改める。

   附 則

 (施行期日等)

第一条 この法律は、公布の日から起算して二十日を経過した日から施行する。

2 この法律による改正後の第七条第一項の規定は、この法律の施行の日から一年間は、適用しない。

 (検討)

第二条 政府は、漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、外見上児童の姿態であると認められる児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するもの(次項において「児童ポルノに類する漫画等」という。)と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進するとともに、インターネットを利用した児童ポルノに係る情報の閲覧等を制限するための措置(次項において「インターネットによる閲覧の制限」という。)に関する技術の開発の促進について十分な配慮をするものとする。

2 児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、前項に規定する調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

 (風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部改正)

第三条 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和二十三年法律第百二十二号)の一部を次のように改正する。

  第四条第一項第二号ホ中「第八条まで」を「第六条まで、第七条又は第八条」に改める。

  第三十五条及び第三十五条の二中「第七条」を「第七条第二項から第七項まで」に改める。

 (刑事訴訟法の一部改正)

第四条 刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)の一部を次のように改正する。

  第百五十七条の四第一項第二号及び第二百九十条の二第一項第二号中「第八条まで」を「第六条まで、第七条若しくは第八条」に改める。

 (組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の一部改正)

第五条 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(平成十一年法律第百三十六号)の一部を次のように改正する。

  別表第五十九号中「第七条(児童ポルノ頒布等)」を「第七条第五項(児童ポルノ等の不特定又は多数の者に対する提供等)、第六項(児童ポルノ等の不特定又は多数の者に対する提供等の目的による製造等)若しくは第七項(児童ポルノの不特定又は多数の者に対する提供等の目的による外国への輸入等)」に改める。

 (児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律の一部改正)

第六条 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律(平成十六年法律第百六号)の一部を次のように改正する。

  附則第一条ただし書、第三条及び第四条を削る。

     理 由

 児童ポルノに係る行為の実情、児童の権利の擁護に関する国際的動向等にかんがみ、児童ポルノをみだりに所持すること等を一般的に禁止するとともに、自己の性的好奇心を満たす目的での児童ポルノの所持等を処罰する罰則を設け、あわせて、インターネットの利用に係る事業者について児童ポルノの所持、提供等の行為の防止措置に関する規定を整備する等の必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

[要綱]

   児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案要綱
第一 適用上の注意規定の明確化
  この法律の適用に当たっては、国民の権利を不当に侵害しないように留意し、児童に対する性的搾取及び性的虐待から児童を保護しその権利を擁護するとの本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあってはならないものとすること。(第三条関係)
第二 児童ポルノ所持等の禁止等
 一 児童ポルノ所持等の禁止
   何人も、みだりに、児童ポルノを所持し、又はこれに係る電磁的記録を保管してはならないものとすること。(第六条の二関係)
 二 自己の性的好奇心を満たす目的での児童ポルノ所持等についての罰則
  1 自己の性的好奇心を満たす目的で、児童ポルノを所持した者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処するものとすること。同様の目的で、これに係る電磁的記録を保管した者も、同様とすること。(新第七条第一項関係)
  2 1に係る国民の国外犯は、これを処罰するものとすること。(第十条関係)
第三 インターネットの利用に係る事業者の努力
  インターネットを利用した不特定の者に対する情報の発信又はその閲覧等のために必要な電気通信役務を提供する事業者は、児童ポルノの所持、提供等の行為による被害がインターネットを通じて容易に拡大し、これによりいったん国内外に児童ポルノが拡散した場合においてはその廃棄、削除等による児童の権利回復は著しく困難になることにかんがみ、捜査機関への協力、その管理権限に基づき児童ポルノに係る情報の送信を防止する措置その他インターネットを利用したこれらの行為の防止に資するための措置を講ずるよう努めるものとすること。(第十四条の二関係)
第四 心身に有害な影響を受けた児童の保護のための措置を講ずる主体及び責任の明確化
  心身に有害な影響を受けた児童の保護のための措置を講ずる主体として、厚生労働省、法務省、都道府県、都道府県警察、児童相談所、福祉事務所及び市町村を例示し、措置を講ずる主体及び責任を明確化すること。(第十五条関係)
第五 その他
 一 施行期日等
  1 この法律は、公布の日から起算して二十日を経過した日から施行するものとすること。(附則第一条第一項関係)
  2 第二の二の1(自己の性的好奇心を満たす目的での児童ポルノ所持等についての罰則)は、この法律の施行の日から一年間は、適用しないものとすること。(附則第一条第二項関係)
 二 検討
  1 政府は、児童ポルノに類する漫画等(漫画、アニメ、CG、擬似児童ポルノ等をいう。)と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進するとともに、インターネットによる児童ポルノに係る情報の閲覧の制限に関する技術の開発の促進について十分な配慮をするものとすること。(附則第二条第一項関係)
  2 児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる児童ポルノに係る情報の閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、1の調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとすること。(附則第二条第二項関係)
 三 その他
   その他所要の規定の整備を行うこと。

第174回国会 議案の一覧
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm
議案種類:衆法 1号
議案名:北朝鮮特定貨物の検査等に関する特別措置法案
議案種類:衆法 6号
議案名:障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律案
議案種類:衆法 11号
議案名:地域住民等による安全で安心して暮らせるまちづくりの推進に関する法律案
議案種類:衆法 13号
議案名:国民年金法等の一部を改正する法律案
議案種類:衆法 1号
議案名:PTA・青少年教育団体共済法案

今のままでは民主党はもたない。

私は民主党支持者に言いたい。

これがあなた達が望んだ政治なのかと???

「李下、冠を乱さず」

それこそ民主党が目差していた政治ではなかったのか???

それを何故、誰も言わないのか?

それが不思議である。

私は民主党支持者ではないが、自民党の中の巨悪と戦うときに民主党支持者の支援は心強かった。然るに、今はその清廉潔白な意志はどこに行ってしまったのであろうか?

民主党支持者ではない私としては民主党が解体しようが解党しようがかまわない。むしろ、今はそれが望みである。
しかし、日本経済を犠牲にしてとか、国民が無視される政治が横行するような事態は避けたい。
ゆえに監視をしねければならない。
間違いを正し、指摘してゆかねばならない。

鳩山総理と小沢幹事長の金にまつわる疑惑は諸刃の剣である。
二人がこの問題を利用して、むしろ、国民に好感を得ることもできる可能性があった。今からでも遅くないかもしれない。なにせ、野党はボンクラしかいないのが幸いしている。
1つは、鳩山総理の時限的辞任表明である。さらに、自分への逮捕状への署名である。
もう1つは、政治資金規正法の改正法案の提出である。
政治団体に法人格を与え、同時に他者への委譲には贈与税の倍近い譲渡金を国庫に収める必要とする。さらに、代表者が辞退・死去した際の解体である。つまり、1つの政治団体は一人の政治家のもので残金は国庫に収納することにするのである。そうすれば、政治団体を利用した相続が不可能になる。
このように自分にとって不利なことをあえて行うことで、民主党には自助浄化作用が残っていることを示すことが最後の方法である。

原理原則を基本としていた党が、政権をとった途端に権威欲に目覚めてしまったという喜劇だけは回避してもらいたい。
検察の捜査が行き過ぎと思うが、小沢氏が『地方参政権』を今国会に出すというとそれだけは阻止したいと思ってしまう。いや、情けない話である。

かって石原莞爾が満州事変を起こしたのは私利私欲の為ではなかった。
むしろ、日本帝国を支える為に必要なことであったと私は思っている。中国の真の独立がなくては欧米へ対抗する力はない。その為に満州国であり、日本経済立て直しの切り札であった。実際、莞爾の思惑通りに経済面では成功した。しかし、政治面・軍事面の悪しき慣習が生まれ、結局はそれが国を滅ぼすきっかけとなった。

小沢一郎も然りである。
アメリカからの真の独立を得る為に、中国という近道を選ぼうとしている。
3国によるバランスによって小沢一郎なら真の独立を勝ち取るかもしれない。しかし、彼が勝ち取る代償は決して小さくないと推測する。おそらく、日本という名の国が消滅するほどの副作用が訪れるであろう。
『才』が大きい人間は『徳』ということを軽視しがちである。
『徳』とは日頃の積み重ねであり、貴を照らすものではない。
歴史とは、過去から現代、未来へのタスキリレーのようなものであり、過去を清算し無視するものには勝ち取ることができない。
『才』が大きい人間は過去を否定し、自らの『才』で構築できると誤ってしまう。
ゆえに、私は『地方参政権』に反対し、自らの罪を弁解する二人を弾劾する。
もし、信頼できる人間がいるのならば、二人はその者達に未来を託して、一度政界を去るべきである。
再び、国民の信任を得て戻ってくればよい。

今、辞めることができないのは、未来を託す者がいない証拠である。タスキを託すことができない者に未来を構築できるだろうか?

民可使由之。不可使知之。

『外国人選挙権法案』に反対す。

「民は之を由らしむべし。之を知らしむべからず。」

もし、この意味を知っているならまっすぐに民と向かいあってゆくべきであり、だまし討ちのような提出は控えるべきである。

外国人参政権とは何であろうか?
日本に住む外国人に参政権が必要なことであろうか?

まず、日本を愛して日本に住んでいる外国人は参政権など欲しがらない。もし、政治に参加したいなら帰化するからだ。帰化せずに外国人のままで日本の参政権を欲するのは『日本の国益』とは関係ない者達である。国民の利益に反する行為をまず反対する理由である。
「日本に在住する者の意見を聞くな!」と言っている訳ではない。むしろ、大いに聞くべきである。そして、日本人が日本人として判断するのが正しい姿なのである。

今回の議案はだまし討ち的な提出である。昨年のマニフェストに「外国人参政権の実現をします。」とうたっていない。さらに、参政権は日本国民に有するという日本国憲法に違反してしている。もし、行うのであれば、憲法改正を含めた国民投票が筋であり、今回の提案は国民の主権を侵す行為である。
少なくとは、政府主導の国民意識調査か、国民の意見を聞く投票は行うべきである。
そして、それが私の意見と違うとしても、その結果なら従うつもりである。
いずれにしろ、現与党と現政府は民をないがしろしている。
たとえ、深謀遠慮があり、遠い未来の国益であったしても、その手順を冒してはならない。

それが、『民可使由之。不可使知之。』である。

『民可使由之。不可使知之。』には、間違った解釈がある。「由らしむな」と読み、“民は信頼・尊敬させてはいけない、誤魔化せばよい”(民を利口にさせないで、騙してゆくのがいいんだよ)というものである。
まさに、現政権はそうなっていないだろうか?
因みに、この言葉を言ったのは、古代3大聖人と考えている“孔子”のお言葉である。
あの有名な孔子が、「民は騙してゆきなさい!」などと言うだろうか?
『否』、言う訳がない。
『民可使由之。不可使知之。』の正しい読み方は、“「民に知ってもらうことはとても難しいことだ。しかし、あの人がすることだから従ってゆこう。」という人になりなさい。”と読むのが正しい読み方である。徳をもって国を治めるとはそういうことなのである。
可能な限り民に語り掛け、尊敬と信頼を勝ち得てこそ。真の改革ができるのである。

果たして、その信頼が今の政府にあるだろうか?
まずは、国民に向かって語り掛けることから始めてもらいたいものである。

免許の更新に行ってきました。

1月10日の日曜ということもあり、すごい数でした。
道路改正によって僅かに値上げしたり、検挙数を上げたりした結果。違反講習者の数が多くなった気がします。
という私も違反講習者です。

[違反講習者]という言われ方は実に心外です。私が金と暇も持余す者であれば、無罪を勝ち取るまで戦いところなのですが、ザンネンながら私は貧乏人です。

私の罪は、信号無視と一時停止違反です。
(何度も言っておきますが、信号無視などやった記憶はありません。)
交差点の右折中に右折の矢印がに消え、私は丁度ペダルを踏み外すというミスをやったしましました。そして、再びペダルを踏んだ瞬間です。警察が笛を吹いて近づいてきたというドジな話です。
おそらく、交差点中にもたついた時には矢印が消えていたのでしょう。それを見た警官が決め付ける。他にも数人いるのですが、「今のは違反とは言えません。おかしいですよ」と助け舟を出す同僚はいないようです。
もう一つは徐行中に一時停止線を跨いだことです。こちらは違反は違反ですが、普通取り締まるか???
警察署まで行って、3時間くらい粘りましたが一歩も引きません。取り締まった警察官も私が徐行していたことを認めていますが、同時に停止していないと一点張り。
本来、こんなことを言っていけないのですが、「正直者は馬鹿をみる。」ということを実践してしまいました。
警察とは、「法の番人であって、市民・国民を守る者ではない。」ということを実感しました。
ですから、「徐行時に停止した。」と嘘の供述を行っていれば、年配者の警官の言い回しでは無罪ということらしいです。(年配者の時代では、これを取り締まる者はいないと、こっそりと言われたのですが!)
という訳で、年配の警察官のアドバイスは、

“自分に不利なことは言わない。嘘も方便。”

というニュアンスでした。
警察というのは道徳というものが通じない。法を遵守する集団ということなのです。

(自分の馬鹿さ加減に落ち込んだものです。)

また、
商業上で車を駐車する場合、10分間の駐車が認められています。
最近、緑の服をきた交通取締りががんばっていますが、商業車も10分も待たずにどんどん取り締まっています。
このことを質問すると、
「民間がやっていることですから・・・気をつけて下さい。」
これもおかしな回答でした。
警察の委託で行っている業務を民間という言葉ですり替えています。“おかしい”と思わない思考の停止が起こっていました。
実に悲しいことです。
幸い私は1度も駐車違反で切符を切られたことはありませんが、業者には泣いている人が多くいます。
また、私も外で仕事をしておりますから、そういう場面をよく目にします。

シートベルトや酒帯びを含めて交通法は厳しくなっています。
しかし、これらの不服を申し立てると多くの時間が引き裂かれます。
彼ら公務員は引き裂かれても給与は支給されますが、我々は自腹です。
この苦しいご時勢に自腹でしかも、仕事を休んで時間を引き裂くことがどれほど難しいかは多くの人が御承知でしょう。
この国のシステムは根本的にどこかおかしいのです。
厳罰化は大いに賛成の私ですが、今のままではいけません。

警察は犯罪を予防するという目的であり、取り締まることが目的ではありません。
然るに、現実は取り締まることが目的になっています。
国民を守るという重大な任務をないがしろして、法を厳守することが固執しています。
本当に何が大切で、何を守る必要があるかを考え直してもらいたいです。

ところで、
5年もすると、少し行進費用が上がっていました。
仮に200年の値上げとしても、
運転免許保有者数(平成13年末7,555万711人、半数がゴールドとして、3年更新と5年更新で日に5万人は更新者いる訳です。200円の値上げは1000万円/日(年間35億6000万円)の増収となります。年収1000万円の天下りが356人も下れる計算になります。75歳以上の講習会など次々と天下り先を増やしています。このこと自身は反対派ではないのですが、国民には規制緩和と言って厳しい現実を突きつける一方で、自分達は焼け太りしてゆく。これが不条理だと言っているのです。
そこから脱却、全体(国)として計画的に日本のかたちを考えてもらいたいものです。

平成13年中の駐車違反取締り件数は181万6,870件であり、42万9,809台をレッカー移動
平成13年度の活動内容
・累積点数通知件数…約123万件
・無事故・無違反証明等の証明書の発行件数…約460万件
・交通事故証明書の発行件数…約404万件
・安全運転研修の受講人数…約5万7,000人(延べ)

これから平成20年や平成21年の資料を探していこうと考えています。そこから実態がさらに判るかもしれません。

2010年 おめでとうございます!

新年 あけまして おめでとうございます。
旧年は政治・経済が慌しく、何かと忙しい日々が続きました。その割には実の薄い商いであり、元気な方は少ないように思える1年でした。しかし、本年は少しでも良い年になるように頑張っていきたいものです。
今年の日本の政治や経済はどうなることでしょうか?
とても予測などできませんが、よくなると楽観的に考えるほど気楽な性格ではございません。

さて、今年の初書初めは『神武』と決めました。

神武(じんむ)とは初代天皇の称号であり、ご存知の方も多いかもしれませんが“物事をおさめる”という意味の言葉です。

「 武 」という文字は、戈(ほこ)を止めると書きます。つまり、“戦いを終えること”が武という文字の真の意味です。

かの宮本武蔵が剣の道で辿りついたのが刀を持たない。戦わないことだと言っております。まさに達人の域のみできる境地であります。
この「武」という文字には、相手を殺さずに許すという意味がこめられており、武将や武器といった言葉を作った者の粋のよさに感動を覚えてしまいます。
日本においては、武士道といった言葉が生まれのは国の誉れであります。
武士道とは殺さずの教えであり、もし、殺士道などと名付けられておれば、殺す為の手段に落ち果て、口にするのもおこがましい言葉になっていたに違いありません。
この武士道と名付けた方に強い敬意を持たずにはいられません。

そう考えると、織田信長の『天下布武』もまた粋な言葉であることに気づかされます。
気の利いた木下藤吉郎などが「殿、天下の乱をおさめるということですね!」などと言ったのでないだろうかと目の前に映ってくる思いです。
つまり、『天下布武』とは「天下におこる乱のすべてを鎮めることを布告する。」という意味あり、“この俺、信長さまが日の本から乱を無くしてみせる。”と宣言しているのです。
なんと気の利いた宣言ではないのでしょうか。
神武天皇においては、大和を平定した天皇という意味で『神武』(乱を治めた者)の称号があてられたと考えられます。

神武という文字は、神の前で戈(ほこ)を止める。争いごとなどを治めるという意味なのです。
この誇らしい言葉を今年最初の言葉としようと考えています。

因みに、尚武も神武と同じで“治めることを尊ぶ”という意味です。
しかし、「神武」・「尚武」を辞書で開くと
神武:この上なく優れた武徳。
尚武:武道・武勇を重んじること。
としか書かれていません。
文字とは奥深いものです。真の意味を理解すれば、その言葉を贈った者。また、歴史の本流の中で偉人達が発した思いもひときわ輝いてくるように思えます。
まだまだ日々精進しなければなりません。

今、“こころ”を新たにして、新年を迎えております。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »