2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« たばこ増税へ 経済無知 | トップページ | 天皇陛下、即位20年おめでとうございます。 »

鳩山不況

鳩山内閣が始動して3ヶ月目に突入した。今国会は試金石として大きな国会である。どれほど鳩山内閣が経済を認識しているかが問われる国会である。

さて、その評価は0点以下である。
記者クラブを廃止できない内閣は既存の政策を行っている。「器かわれど、中身かわらず。」の言葉通り、脱官僚と言葉でいってもそれを支えるのが官僚では何も変わらない。予想通りという所だ。しかし、経済認識はさらに悪化した。現在の緊急事態と考えていないことを露呈したのだ。
火事で喩えるなら、今まさに火事が起きている最中に、「消火の配置計画や人員の刷新によって効率的に鎮火します。」と消防署内で訓示を垂れている署長のようなものである。すぐに現場に出て、バケツリレーでもいいので消火を行わなくてならないのに、まだ出動を掛けていない状態である。
政権のトップ(鳩山、菅、仙石、小沢)4人がそれでは先が持たない。

頭のよい人材には、目先がよく見える為に、全体が見えなくなる傾向が強い。
具体的な経済政策を考慮している内にその被害が拡大してゆくことが判らないのだ。政策的には失敗であっても、とにかく何か対策を打とう。そういった気概がないと中々この経済不況は脱しられない。
今年の不況は『麻生不況』と言っていいだろう。
しかし、来年の不況は『鳩山不況』と呼ぶべきだろう。

今からでも遅くない。すべてを投げ打って経済対策に取り組むべきである。来年の通常国会では遅すぎるのだ。

今のままでは、派遣村ではなく、町ができてしまう。

« たばこ増税へ 経済無知 | トップページ | 天皇陛下、即位20年おめでとうございます。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/32093084

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山不況:

« たばこ増税へ 経済無知 | トップページ | 天皇陛下、即位20年おめでとうございます。 »