2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« セブンイレブンの暴挙は日本の縮図である。支配者と奴隷社会を望むなら別だが・・・ | トップページ | 民主党政権樹立、おめでとう! »

国民審査を受ける最高裁の裁判官、とても重要な判断である。

最高裁の裁判官の国民審査は国民によって選挙と同じくらい非常に重要な行事である。しかし、それを理解している国民は少ない。実に形骸化してる。国民にとって不利な裁判官を不信任にして人材を一掃することこそ、司法の活性化を促し、国民の利益を取り戻す方法の1つである。裁判所の判決がおかしいと嘆くより、おかしい裁判官を1人でも不信任に追い込むことが国民の義務だと思う。
下は私の投票行動とその理由である。

国民審査を受ける最高裁の裁判官

氏名  年齢   出身

×桜井龍子 62 行政官 (「疑わしきは罰せず。」、明らかなおかしい証言の御殿場事件の上告を棄却した。)

×竹内行夫 66 行政官 (裁判官ではなく、行政の手先。イラク戦争に反対した天木直人氏を強烈批判している。国民を軽視し、国家を尊重する。行政のお役人としては、そういう憎まれ役も必要かもしれないが裁判官になるべき人材ではない。)

涌井紀夫 67 裁判官 (可もなく不可もなく。どちらかというと検察よりの判決が多い。川崎通り魔事件では被告が犯人でないとする(可能性は高そうだが断定できない)と可哀相な判決を下している。行政よりなので×でもいいかもしれない?)

×田原睦夫 66 弁護士 (尼崎談合訴訟ではオンブズマンの意見を考慮するなどの良心的面を持っているが、防衛医科大教授は彼の人間性が現れている。一方的に弱者を弁護したいのではないだろうか?行政よりでないのは評価したいが、冷静な判断という点では不安を感じる。)

金築誠志 64  裁判官 (これといった批判がない。また、これといった良判断もない。単に×を付けるだけの理由が見当たらない。)

×那須弘平 67 弁護士 (佐藤優氏の最高裁への上告を7月1日に棄却した一人。防衛医科大教授では良心的な判決をしたのに、「国政捜査」にはノータッチ。行政には逆らいたくないということだろう。)

×竹崎博允 65 裁判官長官 (裁判員制度を積極的に導入した裁判官。行政にとって都合のいい人材なのではないだろうか? 裁判員制度の方向性には賛成者の私だが、現行の裁判員制度は欠陥制度で評価できない。今回、調べていて感じたことだが、裁判員制度の擁護者が非常に少ないことだ。誰が何の利益に基づいて立案したのだろうか?)

×近藤崇晴 65 裁判官 (植草以外の判決は真っ当なものと思える。植草さんの上告を棄却したのは謎としか言いようがない。判決はともかく、裁判を開くだけの価値はあるのではないだろうか? 一方的に検察の言い分を聞く当たりが判断の基準だ。)

×宮川光治 67 弁護士 (日弁連から裁判官になっただけあって独走的な思想な持ち主である。被害者に同情的な判決は評価しにくい。冤罪や立場を変えた発想ができない人物と見た。)

最後に、全体として行政(検察)よりの判決をする人物になってしまっている。そうでない人物は偏見に固まっており、どうして彼らが最高裁の裁判官なのか疑ってします。司法は国民の良心でなければならない機関であるが、司法が崩壊している現在。「日本の夜明けはまだまだ先だな!」と考えてしまった。
金築誠志のみ信任となるが、いい裁判官と思っている訳ではない。全部×にしても問題ないくらいである。(いや、その方が簡単だな!)

しかし、痴漢の冤罪は怖い。加害者と被害者、意見が違うと検察側がほぼ100%通ってしまう。腹いせや人違い、計画的犯行で被害者にされたくないと思ってしまった。裁判官の判定とは関係ない感想だが・・・

ーーーーーーーーーー○ーーーーーーーーーー
(参考)

桜井龍子:×
桜井 龍子(さくらい りゅうこ、櫻井 龍子、旧姓:藤井、1947年1月16日)は、日本の最高裁判所裁判官。福岡県大牟田市出身。
御殿場事件、2009年4月13日、第一小法廷にて桜井龍子裁判長は上告棄却の決定。主犯格とされている甲と乙に懲役1年6ヵ月の実刑判決が確定させた人物。
「疑わしきは罰せず。」、少女の証言には不明な点が多く信憑性に掛けている。レイプされた日が二点三点したことを取っても問題である。2審は明らかに検察にそった判決であり、その2審を指示して棄却した彼女も同罪である。9割が検察よりの判決という現在の状況は、捜査性より検察との馴れ合いを重視する裁判官が多い証拠である。よって、彼女を認めないのが最良である。

2009年(平成21年)4月13日 御殿場事件 えん罪の可能性が指摘されているが、被告の上告を棄却して有罪が確定。
御殿場事件(ごてんばじけん)とは、

静岡県御殿場市の御殿場駅近くで2001年9月に発生したとされる集団強姦未遂事件。被害者の証言に数々の不可解な点があり、犯行がおこなわれた日時が裁判途中で被害者の供述のみにより変更され、検察側により「訴因変更」が行われるなど世間の注目を集めた。被告人側は、強姦事件そのものが存在しない架空の事件であり冤罪であると主張している。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E6%AE%BF%E5%A0%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6

竹内行夫:×
行政官としては優秀ではあるが、国民の命や財産を守る官僚としては失格と思われる人物である。行政に限界があることは当然であり、それを責めるつもりはない。しかし、NGOもすべて自己責任で国家の不介入をいう当たりは人間性に欠けているとしか言えない。少なくともこのような裁判官の下で私は裁判を受けたくない。

竹内 行夫(たけうち ゆきお、1943年7月20日)は、日本の最高裁判所裁判官。元外交官で、外務事務次官などを歴任。奈良県出身。
イラク日本人人質事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6#2004.E5.B9.B44.E6.9C.88.E3.80.81.E6.97.A5.E6.9C.AC.E4.BA.BA3.E5.90.8D
(参考: http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/g_0404.html#8-C
竹内行夫はイラク戦争に反対した天木直人駐レバノン大使を辞任させている。天木によれば、竹内は「君は組織の枠を踏み外してしまったんだよ」と批判したという。
竹内行夫は記者会見でこう言っている。
日本政府、特に外務省としては、外国においても邦人の保護に全力を尽くす責任があるわけです。従って、外務省の我々の同僚は、命を懸けてというと大げさかもしれませんが、治安情報を収集し、それを我々一緒になって分析し、危険情報ということで国民の皆さんに周知しているわけです。人命は地球より重いということを言われますが、まさに人命を大事にするということで、邦人保護のためにこういった危険情報を発出しているわけです。 イラクについて言えば、今年に入って退避勧告のスポット情報を13回出しています。是非これに従って頂きたいというのが我々の立場です。その点は、重要な役割を果たしているNGOについても同様です。もちろん、NGOの役割を我々も重視し、また協力関係もありますが、安全、生命の問題ということになりますと自己責任の原則を自覚して、自らの安全を自らで守ることを改めて考えて頂きたいと思います。また、私は今、長々とこのように話していますが、それは今回の事件もさることながら、同様の事件にまた日本国民が在外において遭遇することがないよう切に願うことから、改めて外務省が発出している渡航情報といったものに注意を払って頂きたいということを訴えたいからです。
被害者家族を叩く
http://blog.skeptic.jp/item/661
竹内氏は「日本の主権が及ばない所では保護にも限界がある。安全、生命の問題であり、自己責任の原則を改めて考えてほしい」と訴えた。

涌井紀夫
涌井 紀夫(わくい のりお、1942年2月11日 - )は、日本の最高裁判所判事(2006年10月16日)。
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/wakui.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%8C%E4%BA%95%E7%B4%80%E5%A4%AB
一部無罪を破棄、差し戻し=9人死傷の居眠り事故-最高裁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200907/2009071600764
川崎通り魔事件 懲役10年確定へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090813-00000624-san-soci
http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/cat7707025/index.html
1)川崎市宮前区の路上で2007年4月5日、当時40歳女性会社員を刺して重傷を負わせたとして、殺人未遂罪に問われた住所不定、無職、27歳男性被告は3日、横浜地裁川崎支部の初公判で「すべて間違いです」と起訴事実を否認した。
2)検察側は被告が事件当日に購入した運動靴から会社員の血液型と一致するDNAが検出されたことを明らかにした。
3)検察側冒頭陳述によると、被告は昨年4月5日夜、川崎市宮前区野川の路上付近を軽乗用車で通行中、買い物帰りの会社員を見かけて襲おうと決意。午後10時25分ごろ、背中を包丁のような刃物で2回突き刺し、3カ月の重傷を負わせた。
4)事件当時、刺されて倒れた被害女性が、体をひねって被告の姿を2回目撃していることなどを明らかにした。この裁判は公判前整理手続きが適用されており、裁判長は、公判の争点が「犯人性」の1点であることを説明、6月9日の論告求刑までの公判計画を明らかにした。
5)神奈川県警などによると、被告はこの約1時間後、左手に切り傷を負って宮前署を訪れ、「(会社員を襲った)男ともみあって取り逃がした」と名乗り出た。
しかし、直後に届け出なかったり、もみ合っている目撃がないなど不自然な点が多く、県警は同20日に被告を殺人未遂容疑で逮捕していた。
検察側は論告で
1)被告の靴に付着した血痕のDNA型が女性と一致
2)女性が至近距離から犯人の顔を見ている。
などと主張。「通りすがりの自分より力の弱い女性を、おもしろおかしく刺し殺そうとしたとしか考えられず、極めて卑劣で危険な発想だ」と指摘した。
「身勝手な欲望を満たそうとした動機には、一片の酌量の余地も見いだせない」と非難した。
これに対し弁護側は
3)女性以外に犯人を見た人がいない
4)DNA鑑定の際に血液以外の異物が混入した可能性がある。
などと反論した。
被告側は、第三者の男が犯人で自分は女性を助けただけだ、と主張しており「この供述がうそとは言い切れない」と述べた。

田原睦夫
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/tahara.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%8E%9F%E7%9D%A6%E5%A4%AB
田原 睦夫(たはら むつお、1943年4月23日)は、最高裁判所判事(2006年11月1日)。
平成21年(2009年)4月14日、第三小法廷の裁判長として防衛医科大痴漢事件
懲役1年10ヶ月の実刑とした判決を破棄して、5人中3人の多数意見で最終的に無罪判決を言い渡した。反対意見(田原裁判長と堀籠幸男裁判官の2人は「女子高生の供述には信用性がある」)
防衛医科大教授、痴漢事件で逆転無罪
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col18509.htm
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/tikannennzaiboueiidai.htm
住民側敗訴の2審 破棄、差し戻し 尼崎談合訴訟
http://seisakuhomu.blog19.fc2.com/blog-entry-256.html
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=37555&hanreiKbn=01
母親の交際相手、懲役16年確定へ=秋田園児殺害-最高裁
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200907/2009072900731

金築誠志
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%AF%89%E8%AA%A0%E5%BF%97
金築 誠志(かねつき せいし、1945年4月1日)は、島根県出身の裁判官、大阪高等裁判所長官を経て2009年1月26日より最高裁判所判事。第一小法廷所属
「世の中から遊離した判断しない」最高裁新判事の金築誠志氏
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090126/trl0901262315029-n1.htm
オウム井上被告、上告審弁論11月19日に 最高裁
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/273821/
「塀の上も建物の一部」最高裁が初判断
建物の周囲の塀は建物の一部か。警察署の塀によじ登るなどしたとして、建造物侵入や窃盗などの罪に問われた瓦職人の男(23)の上告審で、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は「塀は建造物の一部」とする初判断を示し、被告の上告を棄却する決定をした
JR車内乱暴、懲役18年確定へ 最高裁、35歳男の上告棄却
http://www.sanyo.oni.co.jp/newsk/2009/06/03/20090603010006881.html
裁判官忌避の特別抗告棄却 足利事件で最高裁
http://www.sanyo.oni.co.jp/newsk/2009/07/18/20090718010005681.html
弁護士費用、3倍で算定-談合損害回復の市に最高裁
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/newspack/09syakai2009042301000973.html

那須弘平
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E9%A0%88%E5%BC%98%E5%B9%B3
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/nasu.html
那須 弘平(なす こうへい、1942年2月11日)は、最高裁判所判事(2006年5月25日)
メイプルソープ事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6
毒物カレー事件
http://mediajam.info/topic/871442
広島市暴走族追放条例事件(多数意見 堀籠幸男 那須弘平 近藤崇晴 )
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B8%82%E6%9A%B4%E8%B5%B0%E6%97%8F%E8%BF%BD%E6%94%BE%E6%9D%A1%E4%BE%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6
防衛医科大教授、痴漢事件で逆転無罪
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col18509.htm
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/tikannennzaiboueiidai.htm
佐藤優被告の有罪確定へ 最高裁が上告棄却
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090701/trl0907011715006-n1.htm
「国策捜査」佐藤優被告、世間に広める
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090701/trl0907012247013-n1.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k7/170404.htm
佐藤優 (外交官)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%84%AA_(%E5%A4%96%E4%BA%A4%E5%AE%98)
佐藤の上司だった当時の外務省欧亜局長東郷和彦は、「外務省が組織として実行しており、佐藤被告が罪に問われることはあり得ない」と証言している。

竹崎博允
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/takesaki.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%B4%8E%E5%8D%9A%E5%85%81
竹崎 博允(たけさき ひろのぶ 1944年7月8日)は、日本の裁判官。現在の最高裁判所長官(第17代)。
最高裁長官が異例の小法廷参加 DVD業者の有罪確定へ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090309/trl0903091821011-n1.htm
裁判員制「最善尽くす」 竹崎最高裁長官が会見
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/feature/2009/saibanin/kiji/kyushu/20090507/20090507_0001.shtml
政教分離訴訟で大法廷回付=市有地の神社無償使用-憲法判断の可能性・最高裁
http://ameblo.jp/town-watch/entry-10243465573.html
裁判員制度
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%93%A1

近藤崇晴
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/kondou.html
http://www.weblio.jp/content/%E8%BF%91%E8%97%A4%E5%B4%87%E6%99%B4
近藤 崇晴(こんどう たかはる 1944年3月24日)は、日本の裁判官。2007年5月23日から最高裁判所判事。
メイプルソープ事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%97%E4%BA%8B%E4%BB%B6
年金受給で在日韓国・朝鮮人女性の敗訴が確定
http://www.j-cast.com/2009/02/04035350.html
広島市暴走族追放条例事件(多数意見 堀籠幸男 那須弘平 近藤崇晴 )
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B8%82%E6%9A%B4%E8%B5%B0%E6%97%8F%E8%BF%BD%E6%94%BE%E6%9D%A1%E4%BE%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6
胸元つかんだ行為は「体罰に当たらず」-最高裁
http://www.ansin-jp.com/info/news_detail.php?page=2132
http://www.futoko.org/news/page0518-472.html
命の値段の男女差は差別-東京高裁が初判断
http://www.jil.go.jp/mm/hanrei/20010822b.html
http://www6.plala.or.jp/fynet/2news170.html
植草被告の実刑確定へ 懲役4月の実刑
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090627/crm0906271040005-n1.htm

宮川光治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B7%9D%E5%85%89%E6%B2%BB
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/miyakawa.html
http://miso.txt-nifty.com/shinsa/miyakawa.html
宮川光治(みやかわ こうじ、1942年2月28日 )は日本の弁護士、判事。2008年9月3日より、最高裁判所判事となった。愛知県出身
西武線痴漢事件“指が動かないのに”控訴棄却
http://blog.iwajilow.com/?day=20080117
千葉の強盗殺人裁判で無期懲役が確定へ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090611/trl0906111926012-n1.htm
暴行で正当防衛認め逆転無罪 最高裁判決
(男性突き倒しに逆転無罪=正当防衛認める-最高裁)

http://nishidasaburou.iza.ne.jp/blog/entry/1134310/
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090716/trl0907161116004-n1.htm

ーーーーーーーーーー○ーーーーーーーーーー
(同じく国民審査を取り上げたブログ 参考)

忘れられた一票 2009   ★  最高裁判所 裁判官 国民審査 判断資料
http://miso.txt-nifty.com/shinsa/
細かく分析しているので関心。参考になります。とはいえ裁判官プロフィールは簡単な紹介だけなので後は自分で調べましょう。

クロフネ
http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/blog-entry-841.html
「主権を持つ国民や国会を無視した裁判官による恣意的な法創造で憲法を解釈改憲し、国籍法を改悪へと追いこんだ涌井紀夫・田原睦夫・那須弘平・近藤崇晴の4氏を罷免させるべきだと考え、投票用紙に×をつけようと思う。それにしても国籍法改悪に賛成した残りの最高裁判事、今井功・中川了滋両氏を今回国民が審査できないのは納得いかない。」と言っています。
私も現行の制度には強い不満を持っています。裁判官は法律家としては優秀ですが、人間として優秀とは言えません。裁判官に自覚がないのが不毛です。

最高裁判所の裁判官
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/index.html
あまり参考になりませんが、公式ページです。判決分を読めるのがメリットですが、判決分だけでは何を言っているのかさっぱりです。

« セブンイレブンの暴挙は日本の縮図である。支配者と奴隷社会を望むなら別だが・・・ | トップページ | 民主党政権樹立、おめでとう! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/31068652

この記事へのトラックバック一覧です: 国民審査を受ける最高裁の裁判官、とても重要な判断である。:

« セブンイレブンの暴挙は日本の縮図である。支配者と奴隷社会を望むなら別だが・・・ | トップページ | 民主党政権樹立、おめでとう! »