2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 日本縦断キャノンボール開催! | トップページ | NHK,JAPAN「第2回 天皇と憲法」 、非難されるほどではないが中身が薄い。 »

安部晋三 登場! 5月3日たがじんのそこまでいって委員会

5月3日たがじんのそこまでいって委員会
スペシャルゲスト《安部晋三》

憲法スペシャル 安倍元総理と議論

たかじんのそこまで言って委員会 憲法スペシャル1

たかじんのそこまで言って委員会 憲法スペシャル2

たかじんのそこまで言って委員会 憲法スペシャル3

今日のゲストは安部晋三 第90代内閣総理大臣
スタジオも登場から盛り上がります。
温泉も行けるほどのジョークを行って、リラックス!!
もえちゃん、一発目の天然ぶりで爆笑!!(本人はまるで判っていないのがいいですね!)

最初の話題は、『憲法改正国民投票法』(平成22年5月18日から)
安部総理が成し遂げた法律です。
あくまで、憲法を改正できるようにした法律ですが、今後の世界情勢を考えて、憲法改正は必定!
問題はこれから上げられる改正憲法です。
次の政権が最初の憲法改正が待っております。
しかし、憲法審査会は実質的に活動していません。これで憲法改正ができるのでしょうか?
中曽根康弘元総理が『憲法を解釈論であいまいにしてはいけない。国の尊厳性とか、将来まで考えた政治を考えなくてはいけない。』と言っておりますが、まったくその通りであります。
そもそも、憲法改正の為に《自由党と民主党》が合併して自由民主党になったことを考えますと、なんと長い道のりだったのでしょうか?
その原因は、《国民の声を聞かない》という我が国の体質であり、
党利党略の中ですべてが消されていったとしか言えません。
なにせ、一時は『憲法9条』の意義を唱えただけで袋叩きにされた時代もあるくらいです。
社会党が政権を取った自社政権で、議論されなかったことが悔やまれます。
それほど、村山元総理が体たらくな人物であり、戦後最大の戦犯なのではないのでしょうか?
そこで今回のソマリア派遣、二院制の問題などが立ち上がり、俄かに憲法改正の必要性が上がって来ました。
平成22年
まるで合わせたかのような符号です。
憲法改正がなぜ?止まったのか?
新社会党副委員長“原 和美”さんの意見では、
「安部総理がお辞めになったから」
まさにその通りです。
その中で本気で憲法改正をやろうというのは、『3割くらい』(安部元総理の感覚)これでは進まないのは当然です。
と言うことは、日本の将来を考えている政治家も3割くらいということです。
さて、憲法改正は必要なのでしょうか?
勝也氏が「今の憲法がいいと思うなら今の憲法と同じもので、国民投票をやらなくちゃいけなかった。」と言っております。
これはすごくまっとうな意見であり、
「憲法」はこのままでいいのか?
「君が代」のままでいいのか?
「日の丸」でいいのか?
「学校教育で愛国心」を教えるべきか?
その時代に合わせて、その国に住んでいる国民が判断すべきことをすべて、すべて、放棄して、この国は今にいたっています。
国民主権といいながら、国民不在
投票した政治かは、公約と異なる活動を有権者に相談することなく国会で活動。
マスコミは、国民を誘導するかのような編集で事実を捏造し、国民の声などといって、都合のよいデーターを公開します。
私の声は届くことはありません。もちろん、あなたの声もです。

おぉ!!!
山口もえちゃんするどい指摘!
安部元総理、「憲法改正の素案はできています。」
もえ、「その素案で、憲法9条はどうなっていますか?」
もえちゃんと思えないするどい指摘、一同が声が聞こえる。
もちろん、2項の「交戦権を認めない。軍隊を持たない。」という世界に類をみない項目。自衛隊は軍隊じゃないと言っている解釈の根源ですが、自民党案では削除されている。
自衛隊を軍隊と認めるというのが、自民党案である。
9条堅持の場合は、
東アジア軍か、国連軍などの外部の軍隊を設立し、国家としての軍隊を認めない。
などの保険を考えなくてならない。
手を上げて、『我々は戦いません。』といえば、明日にはすべて占領してくれることだろう。
ま、地図の上から日本が消えるだけのことだが、それでもいい。
『我々、日本人は永久に交戦権を放棄する。』と国民投票で多数の日本人が願うのであれば、私も協力する。
ただ、この場合、
中国・ロシア・北朝鮮に韓国、ついでにアメリカと、本当に占領軍を送ってくると覚悟しなくてはならない。
言っておくが、、
『我々、日本人は永久に交戦権を放棄する。』が日米同盟のアメリカ軍はこのままいて下さいなどと、甘えた考えで言ってほしくない。
それこそ、寄生虫根性。属国民の感情である。

ところで、三宅さんを始め、みんなしゃべりすぎ!
安部元総理が話そうとするのをさえぎってどうする。(怒) 安部元総理、レギュラーになって下さい。そうすれば、もう少し話も聞けるし、人気も上がりますよ!

三宅、
中国のITの心臓部の公開要求を指摘!(言ってほしかったことです。)
このITの公開は来年に先送りが決定していますが、要求することがずうずうしい。
中国が未だに近代国家でないことの象徴であります。
(安部元総理もしゃべりたいみたいだが、しゃべれそうもありません。)

いずれにしろ、元気になってよかったです。
最後に、原 和美”さんが「安部総理がお辞めになったから」と言ってもらったのが、うれしかったと言って退場でした。
 
また、来てください。

勝也さん、いい事いうね!
会計検査の証明義務を公務員側にする。(これができると、反対を恐れてまともなものしか作らなくなります。)
決算報告の義務化!(予算の立証説明が必要になり、後付け予算ができなくなります。少なくとも予算の3割は削減できますね!)
これに関しては私も大賛成!!!
今すぐにも改正したい部分です。

いずれにしろ、私は憲法改正は賛成者です。

« 日本縦断キャノンボール開催! | トップページ | NHK,JAPAN「第2回 天皇と憲法」 、非難されるほどではないが中身が薄い。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/29414627

この記事へのトラックバック一覧です: 安部晋三 登場! 5月3日たがじんのそこまでいって委員会:

» 進まぬ国民投票法 [雪村総也の不安]
「国民投票法準備進まず施行まで1年、与野党協議2年中断」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090503-00000445-yom-pol 施行まで1年なのにもかかわらず、中々進まない それもこれも参院が左翼民主党にのっとられているからではないか・・・? 日本の平和憲法を望んでいるもの、それは特定アジア3国のみではないだろうか? 国民投票法の速やかな施行と、憲法9条の改案、自衛体制の強化こそが 今もっとも急がなければいけない懸案事... [続きを読む]

« 日本縦断キャノンボール開催! | トップページ | NHK,JAPAN「第2回 天皇と憲法」 、非難されるほどではないが中身が薄い。 »