2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 森田健作、違法献金発覚 どうなることやら? | トップページ | 大和の心を考える »

麻生総理ずばり! ドイツ首相のメルケル女史、ニコラス・サルコジ大統領もなんのその!

こういう記事を見ると、さすが麻生さんと言いたくなります。
ドイツ首相のメルケル女史、ニコラス・サルコジ大統領を相手にはっきりと違う政策を発言できるのは彼の強みだ。
中川氏の事件がなければ、信用が増しただろうに、それが残念だ。
日本の官僚も国益を考えて動いてくれよ!
麻生総理はうまく使えば、優秀な総理なのだから!

Aso lays bare G20 split on downturn
麻生 不況に関するG20の亀裂を明らかに

http://www.ft.com/cms/s/0/137b240e-1e23-11de-830b-00144feabdc0.html?nclick_check=1
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/5717e008c50ff98d947d1928a00c9887
By Mure Dickie in Tokyo

Published: March 31 2009 23:40 | Last updated: March 31 2009 23:40

Taro Aso has dismissed Angela Merkel’s warnings about the risks of excessive public spending in the global downturn, saying Germany has failed to understand why strong fiscal action is vital for recovery.
The Japanese prime minister’s remarks – made in an interview with the Financial Times – underline the wide differences among world leaders as they head to London for Thursday’s G20 meeting on the global slump.
EDITOR’S CHOICE
Transcript: FT interview with Taro Aso - Mar-31Japan ready to take lead on stimulus - Mar-31Lex: Debt in Japan - Mar-31In depth: G20 - Mar-05Japan unemployment hits three-year high - Mar-31OECD predicts 10% jobless rate for 2010 - Mar-30Ms Merkel, German chancellor, said last week that spending more public money as part of a co-ordinated stimulus risked creating an unsustainable recovery.
However, Mr Aso said that what his country went through after its asset price bubble burst in the early 1990s made clear that fiscal stimulus played a critical role in restoring growth.
“Because of the experience of the past 15 years, we know what is necessary, whilst countries like the US and European countries may be facing this sort of situation for the first time,” Mr Aso said. “I think there are countries that understand the importance of fiscal mobilisation and there are some other countries that do not – which is why, I believe, Germany has come up with their views.”
In a further sign of tensions ahead of Thursday’s summit, Nicolas Sarkozy, France’s president, has threatened to walk away from the negotiating table if his demands are not met.
Mr Sarkozy reportedly told cabinet colleagues on Monday that there would be “an empty chair” – a reference to Charles de Gaulle’s seven-month boycott of the European Economic Community in 1965 – if he was not satisfied, although diplomats in Paris later downplayed his comments.
Ms Merkel has cited Germany’s heavy public debt as a reason for caution on spending, but Japan – which, along with Germany and China, has been accused of contributing to global economic imbalances by running structural trade surpluses – has record government liabilities equivalent to more than 170 per cent of GDP.
Mr Aso said a Japanese stimulus package outlined on Tuesday would “mobilise all available means” to prevent the world’s second largest economy’s “floor” from “falling out”. The prime minister, whose government is already implementing stimulus spending measures worth about Y12,000bn ($120bn), said it was too early to talk about the likely scale of the new package. However, ruling party politicians have suggested it include fiscal spending of about Y20,000bn.
Saying Japan was ready to “take the lead” in global efforts to address the slump, Mr Aso said Tokyo would provide more than $22bn in additional trade financing assistance and give global coverage to a trade insurance network it announced for the Asia-Pacific region last year.
Japan would also offer Y500bn over the next three years in new overseas development aid for Asian countries suffering from the global downturn and stand by its pledge to double such aid for Africa by 2012, Mr Aso said.
Mr Aso said he would push for stronger funding of the International Monetary Fund through an increase in its New Arrangements to Borrow, while also calling for the proceeds of sales of IMF gold to be used for assistance to the poorest countries and for a fresh allocation of Special Drawing Rights.
麻生太郎は回復にとって断固たる財政対策は重要不可欠である、ということをドイツは理解していないとして、アンゲラ・メルケルの世界的景気後退局面での過剰な公共支出のリスクに関する警告を一蹴にした。
FT紙とのインタビューの中で出された、このような日本国総理大臣のコメントは、木曜日に世界的不況に関して開かれるロンドンG20サミットに向かう、世界各国の首脳陣の間にある大きな隔たりを強調している。
ドイツ首相のメルケル女史は先週、強調刺激策の一環として財政出動を増やすことは、持続不可能な回復を生み出す危険を冒すことになると述べた。
しかし麻生氏は、1990年代初頭の資産バブルが弾けた後に日本が経験したことは、財政刺激策が経済成長回復に重大な役割を演じたことを明らかにしていると語った。
「この15年間の経験から、我々は何が必要なのかわかっている。翻って、米国や欧州諸国のような国は、初めてこのような状況に直面しているのかもしれない」と麻生氏は言った。
「財政出動の重要性を理解する国もあれば、しない国もあると思う。だからこそ、ドイツは独自の見解に至ったのだろう」。
「この15年間の経験から、我々は何が必要なのかわかっている。翻って、米国や欧州諸国のような国は、初めてこのような状況に直面しているのかもしれない」と麻生氏は言った。
「財政出動の重要性を理解する国もあれば、しない国もあると思う。だからこそ、ドイツは独自の見解に至ったのだろう」。
サミットを木曜日に控えて緊張感が高まっているという更なる兆の中、ニコラス・サルコジ大統領は自分の要求が受け容れられなければ交渉の場から退席する、と脅した。
フランス政府の外交官等はその後彼のコメントを軽く扱おうとしたが、サルコジ氏は月曜日、1965年にシャルル・ド・ゴールがEECを7ヶ月間もボイコットしたことに言及して、自分が満足しなければ「空席」が出来るだろうと閣僚等に伝えたと言われている。
メルケル女史は、ドイツが支出に慎重なのは巨額の公共負債のせいだ、としているが、
ドイツと中国と共に構造的貿易黒字を蓄積して世界経済の不均衡を助長した、と批判されている日本はGDP比170%以上に相当する、記録的な政府債務を抱えている。
麻生氏は、火曜日に概説された日本の経済刺激策は、世界第二位の経済大国の「底」が「抜けない」よう「使える手段を全て使う」と述べた。
既に約12兆円(1,200億ドル)相当の経済刺激策を実施させている総理大臣は、新しい対策の見込み規模について語るのは時期尚早だとした。
しかし与党の政治家は、約20兆円の財政支出を含むと仄めかしている。
日本は世界的な不況対策努力で「リードをとる」覚悟だとして、日本政府は220億ドル以上の追加貿易金融支援を行い、昨年アジア太平洋地域向けに発表した日本貿易保険ネットワークも世界的引受を行う、と麻生氏は語った。
更に日本は、今後3年間に5,000億円の新規ODAを世界的不況に苦しむアジア諸国に対して提供し、2012年までにアフリカに対するこのような支援を倍増させる、という約束も守る、と麻生氏は述べた。
麻生氏は、NAB(新規借入取決め)の拡大を通じて、IMFへの資金供与も強化するとし、またその一方で、貧困国支援のためにIMFが保有する金を売却すること、そしてSDRの拡大を呼びかけた

« 森田健作、違法献金発覚 どうなることやら? | トップページ | 大和の心を考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/28911988

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生総理ずばり! ドイツ首相のメルケル女史、ニコラス・サルコジ大統領もなんのその!:

« 森田健作、違法献金発覚 どうなることやら? | トップページ | 大和の心を考える »