2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 平常心と尋常心 | トップページ | 何を考えているのですか? 考える続けることは何もしないのと同じです。 »

かんぽの宿と鳩山大臣

鳩山大臣の突飛な行動はいつものことだ。

これもこの人の売りと思えば、かわいらしいものである。

さて、“李下冠を乱さず”という言葉ある。

おおよそ公的な立場の人間は、疑われるような行為をするべきでないという言葉だ。

日本経済新聞(日経ネット)は、「鳩山総務相は、売却に不正があった場合には『郵政民営化自体に疑問が出てくる』と指摘。譲渡対象になっている埼玉県の『ラフレさいたま』にもふれ、『埼玉県知事によると、開設に300億円程度かかっているはずだという。それがなぜ全施設で100億円強なのか』と譲渡価格への疑問を改めて表明した」と報道しています。

問題なのは、オリックス宮内義彦会長が郵政改革でかんぽの宿の情報を入手できる立場にいたことです。

他の入札者は白紙の条件から査定し、オリックスのみ査定内容を把握していたという疑惑です。

そもそも郵政がすべての情報を開示していれば、問題なかったのですが、オリックスの有利になるように謀られたと考える方が簡単な図式になります。

決まったものを差し戻すというのは反則技といいようがありませんが、鳩山大臣に支持が集まるのはオリックス宮内義彦会長に徳がないからです。

公的な立場に立った方は、自社の利益を忘れて公共の利益を考えてもらいたいものです。

さもなければ、始めから公的な立場にならないことです。

« 平常心と尋常心 | トップページ | 何を考えているのですか? 考える続けることは何もしないのと同じです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/27599952

この記事へのトラックバック一覧です: かんぽの宿と鳩山大臣:

« 平常心と尋常心 | トップページ | 何を考えているのですか? 考える続けることは何もしないのと同じです。 »