2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 単一民族という言葉にこだわりたくないのです。 | トップページ | 新年のあいさつ »

森の再生を産業に! 東国原もおかしい、知事、失格!

森を作り、お金を儲けよう。

東国原さんなどが「道路を作らなければ」と信じる方々がいますが、後援会の要望であって、言わざるえないだけです。

今の政治家は、日本の将来よりも、次の選挙を優先する悪漢ばかりです。

本当に地方の事を考えるなら、産業の転換を訴えるべきです。

地方に産業を作ることが大切なことなのです。

発想の転換が必要です。

空気はタダではない。

水は大切な資源

森は日本の財産、管理者に管理費を払うのにそれを叫ばないのはなぜ?

年度末の国会がはじまります。予算を道路に、と叫ぶ地方の知事・行政の方々は「この国のかたち」を考えない愚か者です。
地方活性を訴えて、道路を作ることで何を将来得ように考えているのでしょうか?
道路を作るのは無用な設備を増やす。ふるさと創世事業と同じで、その維持費に将来のお金が費やされることが決定するのです。

地方に必要なものは、地方で生きてゆくことができる産業です。
森を作り、田畑を耕す。
1次産業と呼ばれる産業の復活こそ、将来、望まれる産業ではないのでしょうか?
「この国のかたち」を変えるときなのです。
叫ぶのは、「道路を作れ!」ではなく、「森や田畑に予算を!」ではないのでしょうか?

そして、地方への移動が活発になったときの為に、今ある道路を如何に便利にするか?
まずは、「森や田畑に予算を!」、次に、「道路を作れ!」です。
順序を間違えば、この国はどこかへ迷走するのです。

« 単一民族という言葉にこだわりたくないのです。 | トップページ | 新年のあいさつ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森の再生を産業に! 東国原もおかしい、知事、失格!:

« 単一民族という言葉にこだわりたくないのです。 | トップページ | 新年のあいさつ »