2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アカシックレコードに対する意見 | トップページ | お疲れ福田総理 »

武士道(1)

サムライと言葉にはいくつもの意味がある。

現代においてはほとんど死語のようなものであるが、私も本質的にはサムライでありたいと思っている。英国の騎士道と近いものかもしれない。

仁・儀・礼・智・信、厳・勇

この言葉は、中国の拳法にも通ずるものであるが、日本の武道とも重なるものであると考えている。

人を慈しみ、

義理を欠くことなく、

礼節をおもんじ、

正しいことろ見抜く力をやしない、

人を信じ、信じられる人を目差し、

自ら厳しく、

勇気を持って行動する。

もちろん私は武士ではなく、商人である。

しかし、千利休のように、茶人でありながら武士であったように、商人でありながら武士でありたいと考えている。

つまり、こころ構えのことである。

私はよくこの言葉を使う。

正義のない力は暴力だ。

力のない正義は無力だ。

正義と力を持たなくては人としてあるべき姿を持てない。

正義はあまたに存在し、それを受け入れなければ、その正義は正義でなくなる。

それを知る知恵を持たなければ、人は人としての存在を失う。

人を動物、獣として生きるならそれもよし。

されど私は人なのだ。

欲望を正義と語る人があまたに存在する世の中です。

武士道とは、人が人らしくある1つの考え方と私は考えています。

自らを律して、勇気を持って戦う。

簡単そうで難しいことです。

次回は、武士の成立を話してみたいと思います。

« アカシックレコードに対する意見 | トップページ | お疲れ福田総理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465045/8385452

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道(1):

« アカシックレコードに対する意見 | トップページ | お疲れ福田総理 »